このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
とんかつの衣を簡単に美味しく作る方法は?意外なアレンジも紹介!

とんかつの衣を簡単に美味しく作る方法は?意外なアレンジも紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年8月 5日

とんかつを家で作るときに意外と面倒なのが衣を付ける作業だ。用意する材料が多く、手間がかかるにもかかわらず肉と衣が上手にくっつかず、はがれてしまったときにはショックも大きい。ここでは衣付けが簡単になる方法、衣をはがれにくくする方法、さらには意外な衣アレンジも紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. とんかつの衣付けを簡単にする方法

とんかつの衣付けに必要な材料は小麦粉、卵、パン粉の3種類だ。豚肉の表面に均一に小麦粉をまぶしたら溶き卵にくぐらせ、最後にパン粉をしっかりと付ける。この工程の多さが面倒に感じられ、とんかつの手作りが敬遠されているのだろう。しかし、ある工夫をすることでとんかつの衣付けの工程を減らすことができる。

その工夫というのが小麦粉と卵、そして水を混ぜ合わせた「バッター液」を作るというものだ。つまり、小麦粉をつけてから卵にくぐらせるまでの工程を1つにまとめてしまうのだ。小麦粉と卵の2つだけを混ぜ合わせるとダマっぽくなってしまうため、水を加えてサラサラ状にするのがポイントだ。バッター液に豚肉をくぐらせたら、あとはパン粉をつけるだけで衣付けは終わる。小麦粉を均一につけないとできあがったときに粉っぽさが残ってしまうことがあるのだが、バッター液を使えばそういった失敗のおそれもない。

また、小麦粉と卵を使わずにマヨネーズを塗るという方法もある。豚肉の表面にマヨネーズを均一に塗りパン粉をつけるだけなので、用意する材料も少なく済む。ただし、小麦粉と卵を使って作るときよりも衣の厚みが薄くなってしまうというデメリットはある。

2. とんかつの衣をはがれにくくする方法

苦労して衣を付けたのに、揚げている最中に衣がはがれる、または食べているときにはがれるということがある。せっかく美味しい衣を作ることができても豚肉からはがれてしまっては意味がない。しかし、衣がはがれる原因と対処法を知っておけば肉から衣がはがれるのを防ぐことができる。

衣をはがれにくくするためには、肉の下処理が1つのポイントとなってくる。豚肉は加熱すると縮まり、衣と隙間ができてはがれやすくなってしまうのだ。つまり、豚肉を縮まりにくくする必要がある。そのために必要な作業が筋切りと肉叩きだ。赤身と脂身の境目に対して垂直に包丁で切り込みを入れるとともに、麺棒などで肉を厚さが均一になるように叩く。こうすることで肉の収縮を抑えることができ、衣との隙間ができにくくなる。

もう1つのポイントが衣の付け方だ。豚肉とパン粉のつなぎ役となっている小麦粉と卵の付け方が悪いと衣ははがれやすくなってしまう。ここでいう衣の悪い付け方とは、小麦粉や卵の付ける量が多すぎるということだ。とくに小麦粉の量が多いと豚肉とパン粉がうまく接着しないためはがれやすくなる。薄く小麦粉をつけるためには一度付けた小麦粉を最後に払う、または手に小麦粉をつけて薄くつけるようにするといった方法がある。小麦粉はほんのりと付いているぐらいで大丈夫なので、くれぐれもたっぷりと付けないようにしよう。

3. 意外な食材でとんかつの衣をアレンジ

とんかつの衣といえばパン粉が鉄板だが、パン粉以外の食材に変えることでいつものとんかつが大変身する。アレンジしたいときはもちろん、パン粉がないときの代用品としてもおすすめの食材をいくつか紹介する。

まず紹介するのは高野豆腐や麩といった乾物だ。ポイントはどちらも水で戻さずに砕いて使うことだ。袋に入れて麺棒などで叩いて砕くとよい。高野豆腐や麩は買ったものの使う機会があまりなくて余ってしまうことも多い食材なので。残っている高野豆腐や麩を使いきりたいときにもおすすめだ。また、高野豆腐は大豆から作られているため、パン粉でとんかつを作るよりもカロリーを抑えることができる。そのためとんかつをヘルシーにしたいときにも最適だ。ちなみに、高野豆腐を砕くのが面倒な場合はおからパウダーや大豆粉をパン粉の代わりに使うとヘルシーにすることができる。

次におすすめしたいのがコーンフレークだ。パン粉で作ったとんかつよりもザクザクとした粗めの食感を楽しむことができる。コーンフレークを使うときも袋に入れて少し砕いてから使ったほうが豚肉に付けやすい。コーンフレークはできるだけ甘みの少ないものを選ぶようにしよう。コーンフレークの種類を変えることで違った食感を楽しめるため、食べ比べてみるのも面白いだろう。

結論

とんかつの衣付けは小麦粉、卵、パン粉の3種類を順に豚肉に付けていかなければいけないため面倒だ。しかし小麦粉と卵、水を混ぜ合わせたバッター液を使えばバッター液とパン粉を付けるだけで衣付けが終わる。また、パン粉の代わりに高野豆腐やコーンフレークなどの食材を使えばいろいろな食感の衣を楽しむことができる。とんかつのアレンジをしたいときやパン粉がない時にはぜひ挑戦してみよう。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ