このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
手作りモンブランは市販品を上手に活用!本格的にする方法も!

手作りモンブランは市販品を上手に活用!本格的にする方法も!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年8月10日

栗といえば秋のイメージだが、モンブランは季節問わずいつでも食べたくなるスイーツだ。ケーキ屋で売られているかわいらしいモンブランを食べるのも楽しいが、時間があれば自分でモンブランを作ってみよう。ここでは簡単にできる手作りモンブランを紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 簡単手作りモンブランに必要な材料

モンブランを作るためには土台部分とマロンクリームの2つを作らなければならない。また、マロンクリームを細長く線状に絞り出すスキルも必要になる。スイーツ作りが趣味の人にとっては何ともない作業であっても作り慣れていない人にはモンブラン作りは難しく感じるだろう。しかしモンブランを手作りするからといって必ずしも一からすべてを作る必要はない。

モンブランの土台部分はいろいろあり、卵白を泡立てて作ったメレンゲを焼いたものを土台にすることが多い。しかし卵白は扱いが難しいうえに泡立てるとなると大変な作業になる。そこで同様の食感を楽しめる市販のタルト生地やクッキーを使用すれば、メレンゲを作らずに済む。土台部分をスポンジケーキにしたい場合でも、市販のスポンジケーキやカップケーキを使うとよいだろう。もしスポンジケーキを手作りしたいなら、ホットケーキミックスを使えば面倒な計量を減らすことができるうえ、混ぜ合わせるだけでよいため手軽に済ませることができる。

また肝心のマロンクリームだが、栗を煮てマッシュするとなると、それだけで時間と手間がかかってしまうのだがマロンペーストを使用すればマッシュする手間が必要なくなる。ただし、マロンペーストだけでは硬くて絞りだせないため一緒に生クリームも用意しよう。生クリームはマロンペーストに混ぜ合わせるだけでなく単体でも使うため多めに購入しておくのがおすすめだ。また、風味づけにラム酒も用意しておくとよいだろう。

2. 簡単手作りモンブランの作り方

市販されているタルト生地やスポンジケーキを使えば土台部分はまったく作る必要がない。しかしモンブランには欠かせないマロンクリームは手作りする必要がある。まず用意した生クリームを2つのボウルに分ける。1つはマロンクリームと混ぜる用、もう1つはそのまま生クリームだけで使う。生クリームだけで使うものは9分立て(ツノが立つくらい)に泡立てて、丸口金をつけた絞り袋に入れる。

マロンペーストと混ぜ合わせる生クリームは、まったく泡立てずに使う場合と6分立て(トローっとした状態)にしてから使う場合の2パターンがある。どちらの状態で混ぜ合わせるかは好みになるが、なるべく手間をかけずに作りたい場合は泡立てずに混ぜ合わせよう。あくまでこの生クリームはマロンペーストを伸ばすために使うので、マロンクリームを絞り出せるくらいの硬さにできればよい。ラム酒も混ぜ合わせたらマロンクリームの完成だ。マロンクリームができたら小さめの丸口金や星形の口金をつけた絞り袋に入れよう。

クリームが準備できたら盛り付けていこう。まずは土台部分となる生地の真ん中に泡立てた生クリームを丸く絞り出す。生クリームを大きく絞り出したほうがその上にマロンクリームをたっぷりとトッピングすることができる。次にマロンクリームが入った絞り袋に持ち替えて生クリームを隠すようにマロンクリームを絞り出していく。これで手作りモンブランの完成だ。

3. 手作りモンブランを本格的にしたい場合は?

市販のタルト生地やスポンジ生地を使えば手軽にモンブランの土台部分ができるのだが、手作り感は少し薄れてしまう。本格的な手作りモンブランに挑戦したい場合はぜひ土台部分を手作りしてみよう。ここではダックワーズと呼ばれるメレンゲを使った生地の作り方を紹介する。

まず用意するのは卵白と粉糖、アーモンドパウダーの3つだ。どれもスーパーなどで購入することができるため簡単に手に入る。作り方は泡立てた卵白に粉糖とアーモンドパウダーを入れるだけなのだが、意外にも卵白の扱いが難しく失敗してしまうこともある。卵白は余計なものが入ってしまうとまったく泡立たなくなってしまうため、ボウルや泡立て器には水分がついていてはいけない。使う前にきれいな布巾でしっかりと拭き取っておこう。ちなみに卵白がしっかりと泡立つまでには時間がかかるため、体力に不安がある場合は電動ミキサーを使うのがおすすめだ。また、粉糖とアーモンドパウダーを入れるタイミングも重要だ。最初から入れてしまうとまったく泡立たないので、ある程度泡立ってきたタイミングで2~3回に分けて入れていく必要がある。メレンゲができたら絞り袋に入れて、天板に敷いたクッキングシートに絞り出していく。予熱しておいたオーブンでサックリと焼けばダックワーズ生地の完成だ。

結論

手作りモンブランはハードルが高そうだが、市販のタルト生地やスポンジ生地を上手に活用すればマロンクリームを作るだけで済む。マロンクリームも市販のマロンペーストと生クリーム、ラム酒を混ぜ合わせれば作ることができる。本格的にモンブランを手作りしたいときは、メレンゲで作るダックワーズ生地に挑戦してみよう。小麦粉を使用していないため、より軽いサックリとした食感を楽しむことができる。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ