このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
モンブランは絞り方で見違える出来に!お店の見栄えを再現しよう!

モンブランは絞り方で見違える出来に!お店の見栄えを再現しよう!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年8月24日

モンブランといえば、きれいに絞り出されたマロンクリームに目が引かれるだろう。絞り出すだけなら簡単にできると思いがちだが、実際にやってみると太さが均一にならなかったり、マロンクリームを満遍なくトッピングすることができなかったりと難しい。ここでは上手に絞るのに適した口金やコツを紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. モンブランに最適の口金は?

店で売っているようなモンブランにしたいと思ったときに悩むのが、マロンクリームの太さだ。一般的なケーキのデコレーションに使う穴の大きい口金でそのまま絞り出して手作り感を演出してもよいのだが、少し野暮ったい仕上がりになってしまう。店のような仕上がりにしたいならば、モンブラン専用の口金を購入しよう。製菓専門店だけでなくネット通販でも購入することができる。モンブラン専用の口金自体の大きさはほかの口金と変わらないが、先端にたくさんの穴が開いている。絞り出すとそれぞれの穴からクリームが出てくるため、店のモンブランのように細長く絞り出すことができる。また、一度に数本のクリームを絞り出すことができるのも嬉しい点だ。

モンブラン用の口金が手元にない場合は、できるだけ穴の小さい丸口金を使おう。丸口金はほかのスイーツや料理でも使うことができるため汎用性が高く、持っていると便利だ。モンブラン用の口金と比べると少し太くなってしまうが、穴が小さければ細長く絞り出すことができる。ただし、モンブラン全体を覆うためには何往復もしなくてはいけないためたくさん穴が開いているモンブラン用の口金を使うよりも手間も時間もかかってしまう。

2. モンブランのクリームの硬さにも注目

マロンクリームを上手に絞り出すためにはクリームの硬さにも注意しなければならない。クリームが硬すぎると絞るのに力がいるうえに絞っている最中にクリームがブツブツと切れてしまう可能性がある。逆にクリームが緩いと口金から流れてしまったり絞り出せても形が崩れたりする可能性がある。そのため、適度な硬さを見極める必要がある。

モンブランに使うマロンクリームがそのまま売られていることはあまりなく、自分で作る必要がある。栗を煮てマッシュ状にする方法もあるのだが、ここでは市販のマロンペーストと生クリームを混ぜ合わせてマロンクリームを作るとしよう。マロンペースト単体では絞り出せるほど柔らかくないため、生クリームを加えて絞り出しやすいクリーム状にしていく。つまり混ぜ合わせる過程でクリームの硬さを調整できるのだ。スイーツ作りでは生クリームは泡立てて使うことが多いのだが、マロンペーストと混ぜる場合は泡立てずにそのまま使う。ふんわりとしたマロンクリームにしたい場合は生クリームを泡立ててもよいが、それでも6分立て(クリームがトローっと流れるくらいの硬さ)にとどめるようにしよう。混ぜ合わせているうちにクリームが滑らかになっていくので、好みの硬さになったら絞り袋に入れる。硬さの感覚がつかめない場合は試しに絞り出して調整するようにしよう。

3. モンブランをきれいに演出する絞り方とは?

モンブランの口金と適度な硬さのクリームが用意できたら、いよいよ実際に絞り出してみよう。モンブランは土台となる生地の上に丸く生クリームを絞り、その周りにマロンクリームを絞り出して作られる。つまりマロンクリームは生クリームを覆い隠すように絞り出さなくてはならない。よく見るモンブランは渦巻き状にマロンクリームが絞り出されているが、間隔が空いてしまったり全体がアンバランスになったりするため、渦巻き状に絞り出すのは難しい。

モンブランをきれいに作りたい場合は渦巻き状に絞ることにこだわらないほうがよい。とはいっても、線状のクリームのよさは活かしたい。そこでおすすめの絞り方が、一方向に絞る方法だ。一方向とは縦または横に絞る絞り方を指す。直線的な動きで済むこと、失敗しても同じ方向にクリームを再び絞り出すだけでカバーできることから、初めてでもきれいに仕上げやすい。皿に盛り付けてからマロンクリームを絞り、あえてはみ出させることでオシャレ感を演出することもできる。また、直線の動きを少し応用して中心から放射状にクリームを絞り出すのもおすすめだ。放射状にクリームを埋めるのは難しいのだが、渦巻き状にするよりは簡単でモンブランの立体感をしっかりと演出することができる。

結論

モンブランをきれいに仕上げるには絞り方が重要となってくる。口金はモンブラン用の口金を使うと細長いきれいなクリームを絞り出すことができるが、穴の小さい丸口金でも代用できる。マロンクリームを絞るときは渦巻き状に挑戦したくなるが、最初は簡単にできる一方向(縦または横)で飾り付けよう。直線的に絞ることで失敗せずにきれいに絞ることができるだろう。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ