このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【管理栄養士監修】胡麻団子のカロリーや糖質は高い?|栄養図鑑

【管理栄養士監修】胡麻団子のカロリーや糖質は高い?|栄養図鑑

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年8月 8日

スイーツというとカロリーが高いイメージがあるが、団子はケーキなどの洋菓子と比べると低カロリーというイメージをもつのではないだろうか。では胡麻団子はどうだろうか。ここでは胡麻をたっぷりとまぶした胡麻団子のカロリーについて深掘りしていく。おそらく、胡麻団子のカロリーの高さに驚くに違いない。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 胡麻団子はカロリーが高い

胡麻団子は団子の表面に胡麻がたっぷりまぶされている。じつは胡麻はカロリーが高い食品であり、少量でも侮れないのだ。また、胡麻団子は団子でありながら揚げられているため油のカロリーも含まれる。胡麻団子に使われる材料や分量はさまざまで一概にはいえないが、ここでは以下の材料と分量で胡麻団子を作った場合のカロリーを紹介する。
  • 白玉粉  18g
  • 砂糖   5g
  • 水    15ml
  • こしあん 20g
  • いり胡麻 5g
以上の分量で作った場合、胡麻団子1個のカロリーは147kcalとなる。いり胡麻の分量は、実際に表面にまぶしたときの付き具合によって多少前後する。ちなみに、いり胡麻5gとこしあん20gのカロリーはそれぞれ約30kcalで、いかに胡麻のカロリーが高いかが分かるだろう。また、実際には揚げ油のカロリーも加わるのだが、胡麻団子がどのくらい油を吸収するかは定かではない。しかし油は1gあたり9kcalであるため、油のカロリーも加えると優に150kcalは超える。100gのごはんが168kcalであることを考えるとほぼ同等のカロリーが取れることになる。ちなみに、これはあくまで胡麻団子1個あたりのカロリーであることに注意してほしい。1個分のカロリーを考えながら、食べ過ぎないように注意しなくてはならない。

2. 胡麻団子は脂質と糖質が多く含まれている

スイーツで気になるのはカロリーだけではない。一般的にスイーツには脂質と糖質が多く含まれている。和菓子であれば脂質が少ない場合もあるのだが、胡麻団子は残念ながら脂質も多く含まれている。なぜなら胡麻団子は揚げて作られているからだ。また、脂質が多く含まれる胡麻を表面にまぶしていることも要因のひとつだ。ちなみにいり胡麻5gに含まれる脂質の量は2.7gで、いり胡麻の半分を占めることになる。そのため、脂質の摂取量を減らしたいときは胡麻の量を減らすなど工夫が必要だ。

次に糖質だが、胡麻団子には糖質の多い食品が多く使われている、そのひとつが白玉粉である。白玉粉の原材料はもち米、つまり穀類であるため糖質が多く含まれている。また、こしあんに使われる砂糖や小豆も糖質の多い食品である。白玉粉、砂糖、こしあんと糖質が多く含まれている食品を組み合わせて作られる胡麻団子は当然ながら糖質量が多い。そのため、糖質制限中は避けたほうがよいスイーツである。

3. 胡麻団子をカロリーオフする方法

胡麻団子のカロリーが高いことが分かってもどうしても食べたいときがあるだろう。そんなときは手作りしてカロリーオフしよう。市販されている胡麻団子をカロリーオフするのは難しいが手作りであれば低糖質の砂糖を使ったり揚げずに作ったりといった工夫をしてカロリーオフすることができる。

ここでおすすめするのは揚げずに作る胡麻団子だ。まずは白玉粉に砂糖と水を加えて耳たぶくらいの硬さに調整する。水は少しずつ入れたほうが硬さの調節がしやすい。団子の生地ができたら等分して丸めておく。同じように等分して丸めておいたこしあんに伸ばした団子の生地を覆いかぶせて包んでいく。できるだけ団子の厚さが均一になるようにしよう。ここからがカロリーオフのポイントだ。通常は胡麻をまぶして揚げるのだが、代わりに熱湯で茹でる。胡麻をつけてから茹でてしまうと胡麻がはがれてしまうため、胡麻をつける前に茹でよう。熱湯に入れて団子が浮きあがってきたら冷水に取る。熱が取れたら水気を拭きとり、表面に胡麻をまぶして完成だ。このままでも美味しく食べられるのだが、胡麻の香ばしさが欲しい場合はトースターで軽く表面を焼いてもよいだろう。
揚げなくても胡麻の風味を堪能することができるため満足感は変わらない。また、胡麻団子を作るときのハードルになっていた揚げ作業を省くことができるため、胡麻団子を作りやすくなるというメリットもある。

結論

胡麻団子は胡麻を使っていること、揚げていることからカロリーが高くなりがちなスイーツだ。また、脂質も多いが白玉粉やこしあんを使っているため糖質も多く含まれる。そのため、カロリーを抑えたいときだけでなく糖質を抑えたいときにも食べるのは控えたほうがよい。どうしても食べたいときは手作りしてみよう。低糖質の材料を使ったり茹でて作ったりすればカロリーを抑えることができる。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ