このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
甘辛炒めの味付けは比率を覚えれば簡単にできる!おすすめの食材は?

甘辛炒めの味付けは比率を覚えれば簡単にできる!おすすめの食材は?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年8月23日

炒め物を作るときに味付けに悩んだことはないだろうか。最近では炒め物用の調味料もいろいろ売っている。昔から人気なのは、やはり甘辛炒めだろう。食欲をそそる香り、そしてごはんと相性バツグンの味付けは飽きを感じさせない。ここでは基本に立ち返って甘辛炒めの特徴や甘辛炒めにおすすめの食材などを紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 甘辛炒めとは?

甘辛炒めはその名の通り、甘さと辛さの2つを味わうことができる炒め物だ。ただし辛さについては2通りの捉え方があり、それによって味のイメージは変化する。まず和食で辛いというと塩気があることを指す。甘辛炒めの場合は塩ではなく醤油を使い塩味を出す。醤油を使うことで旨みとともに加熱したときに香ばしさも生まれる。砂糖の甘みと醤油の塩味の組み合わせは和食の定番で、甘辛炒め以外でも頻繁に使われる。砂糖と醤油だけでなく酒やみりんを加えることで甘辛炒めに風味やコクが加わるため、甘辛炒めを作る場合は砂糖と醤油、酒、みりんの4つの調味料を揃えておこう。

もう1つの辛いは刺激を指し、この場合の甘辛炒めではコチュジャンやトウバンジャンなど辛みのある調味料が使われることが多い。とはいってもコチュジャンやトウバンジャンで味付けしただけでは味気ないので、ベースとして砂糖と醤油で味付けをしていることが多い。甘辛炒めといったらどちらかの味付けであることが多いのだが、このほかにオイスターソースで味付けしたものも甘辛炒めと呼ばれることがある。甘辛炒めといっても実はいろいろな味付けの仕方があり、一概にどのような味付けであるかを説明するのは難しい。しかし、この多様性こそが甘辛炒めが日本人に愛されてきた証拠でもあるといえる。

2. 甘辛炒めに合う食材

炒め物は煮物や揚げ物と比べて短い時間で簡単に作ることができ、切り方を工夫すれば硬い野菜でも炒め物にすることができる。炒め物自体は食材を選ばないため、肉や魚、卵、豆腐、野菜などほぼすべての食材を使うことができる。ただ甘辛炒めとなると肉と野菜との相性がよい。

甘辛炒めを肉と野菜で作るとメイン料理になるほどのボリュームがあるだけでなく、一度にいろいろな食材をとることができるためバランスを考慮して野菜中心の副菜を多く作る必要がなくなる。忙しいときの夕食やゆっくりしたい休日の昼食にも最適だ。よく使われる肉類として牛と豚、鶏が多いのだが、もっともおすすめなのは豚肉だ。薄切りの豚肉を使えば火の通りが早くサッと炒めることができる。鶏肉は厚みがあるため、下処理を工夫する必要がある。薄切りの牛肉で作ってもよいのだが、コストを考えると豚肉のほうが作りやすいだろう。野菜は玉ねぎやキャベツを使えば、火を通してもシャキシャキ感を楽しむことができる。また、キノコを入れてボリュームを出すのもよいだろう。甘辛炒めに合わない野菜はないため、冷蔵庫に残っている野菜を入れて作っても美味しく作ることができる。

3. 甘辛炒めを美味しく作るコツ

甘辛炒めに使う調味料はシンプルであるため、入れる量のバランスを間違えてしまうと修正が難しくなってしまう。そのため、甘辛炒めを作る場合はあらかじめ調味料をきちんと配合させる必要がある。とはいっても細かい数字を覚えるのは難しく、料理のたびにレシピの数字を思い出して作るのは面倒だろう。そこでおすすめしたいのが調味料の比率を覚えるということだ。

比率を覚えてしまえば食材の分量が変わっても難しい計算が必要なくなる。甘辛炒めの基本の調味料の比率は覚えやすく、醤油:酒:砂糖(みりん)を1:1:1だ。ただこれは、あくまで基本の比率であるため、好みで微調整して構わない。また、コチュジャンやトウバンジャンなどの辛み調味料を入れる場合も、上記の比率で味付けしたあとに入れれば味付けがぶれることがなく美味しく作ることができる。また、醤油と酒、みりんは液体調味料であるため調味料を入れてすぐに盛り付けてしまうと水っぽい炒め物になってしまう。これを防ぐためにも調味料を加えたあとは調味料の汁気がなくなるまでしっかりと炒めよう。

結論

甘辛炒めは醤油と砂糖(みりん)、酒で味付けして作るだけでなく、コチュジャンなどの辛み調味料を入れたりオイスターソースを入れたりといろいろな味付けの仕方がある。肉と野菜との相性がよくボリュームたっぷりに作ることができるため甘辛炒めをメイン料理にするのもおすすめだ。面倒に感じる味付けも1:1:1の比率で作れば失敗なく美味しい甘辛炒めを作ることができる。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ