このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
刺身こんにゃくと相性のいいタレ!デザートで食べても美味しい?

刺身こんにゃくと相性のいいタレ!デザートで食べても美味しい?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年8月23日

今回紹介するのは、ツルリとした食感の刺身こんにゃくにつけるタレの種類や作り方だ。とくに暑い時期になると刺身やそうめんのように冷たい食べ物が食卓のテーブルに登場する機会が増えるという人もいるだろう。刺身こんにゃくはこんにゃく芋の精粉から作られており、アクが少なめで刺身のように味わえるのが特徴だ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 刺身こんにゃくの特徴と相性のいいタレの種類

最初にツルリとした食感の刺身こんにゃくの特徴と相性のいいタレの種類を紹介しよう。刺身こんにゃくとは、こんにゃく芋の精粉から作られるアクが少なめの食べ物だ。茨城県の北部地域の郷土料理でもあり、昔は新年を迎えるとこんにゃく芋を保存していた室(むろ)から取り出し刺身こんにゃくを手作りしていたという。また正月や祭りのようなハレの日の行事をはじめ、客人にお茶請けとしてもてなす際にふるまわれていたようだ。食べるときは薄くスライスし、わさび・しょうが・柚子・青ねぎのような薬味を添え、出汁割り醤油をつけ、こんにゃくの食感と合わせて楽しむという。
市販の刺身こんにゃくには、タレとしてからし酢みそがセットになって販売されているものがある。また刺身こんにゃくを販売する農園の公式サイトで紹介されているものは、大豆・とうがらし・砂糖・ハチミツなどを使用した濃厚な甘みが特徴のタレだ。さらに同じ材料を使用しピリッとした辛さを加えた刺身こんにゃく用のピリ辛なタレも販売されている。
ほかの食品メーカーの公式サイトに掲載されている刺身こんにゃくのタレは、チリペッパーが使用されているものや、からしの代わりにかぼすを使用したかぼす酢みそもある。一般的にからし酢みそが刺身こんにゃくの定番と思われがちだが、いろいろな味で楽しむのもありだろう。

2. 刺身こんにゃくのタレのカロリーや栄養

次に刺身こんにゃくのタレのカロリーや栄養について紹介しよう。あるメーカーで販売されている刺身こんにゃくのタレはからし酢みそで、18gあたりのカロリーは36kcal、含まれる栄養素はたんぱく質0.6g、脂質0.4 g、炭水化物7.4g、食塩相当量0.9gだ。別のメーカーで販売されている刺身こんにゃくのタレは先述したメーカーと同じくからし酢みそで、20gあたりのカロリーは39kcal、含まれる栄養素はたんぱく質1.1g、脂質0.4 g、炭水化物7.7g、食塩相当量1.0gである。共通して使用されている材料は味噌・砂糖・水あめ・からし・醸造酢などだ。
先述したように刺身こんにゃくはからし酢みそつきで販売されているものが多いが、一般的なこんにゃくより水分が多く、やわらかくとろけるような食感で、わさび醤油や和え物、サラダ、マリネで食べても美味しい。ちなみにみなさんはからしやわさびで鼻がツーンと痛くなる理由をご存知だろうか。答えは揮発性の強い辛み成分が影響しているからだ。からしやわさびの辛みの主成分であるアリルイソチオシアネートは辛みと揮発性が強いため、食べるときに目と鼻を刺激するという。

3. 刺身こんにゃくのタレの作り方とアレンジレシピ

次に刺身こんにゃくのタレの作り方とアレンジレシピを紹介しよう。刺身こんにゃくのタレに使用する材料は酢・砂糖・味噌・練りからしでOK。ボウルに材料をすべて入れ、砂糖がしっかり溶けるまで混ぜれば完成だ。ほかに大根おろし・醤油・七味とうがらしを混ぜ、カイワレ大根とミニトマトを添えた刺身こんにゃくにかけて食べても美味しい。
また梅干し・みりん・酢・出汁を混ぜてタレを作り、刺身こんにゃくと皮をむき1cm角にカットした山芋にかけて混ぜて和え物にしても美味だ。さらに刺身こんにゃくをデザートで食べる方法もある。たとえば刺身こんにゃくをわらびもち風にして味わうなら、鍋に黒糖と水を入れ中火にかける。黒糖が溶けたら刺身こんにゃくを加え5分ほど煮込み、粗熱がとれたら器に盛り付ける。あとは混ぜておいたきなこと砂糖をかければOK。

結論

刺身こんにゃくのタレの種類や含まれる栄養、作り方を紹介した。刺身こんにゃくは表面がツルンとしたものが多いが、中には表面が波を打ったようにデコボコしたものや、青のり入り、しょうが入りといった種類がある。ぜひいろいろな味のタレと組み合わせて味わってもらいたい。
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ