このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【刺身こんにゃく】の食べ方は刺身だけじゃない!おすすめの食べ方は?

【刺身こんにゃく】の食べ方は刺身だけじゃない!おすすめの食べ方は?

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年10月 5日

刺身こんにゃくを食べるとき、わさび醤油をつけて食べるだけではもったいない。刺身こんにゃくはヘルシーでそのまま食べられることから人気の食材だが、さまざまな食べ方をして楽しむこともできる。今回は、刺身こんにゃくの新しい食べ方の数々を見ていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 刺身こんにゃくの食べ方は1つだけじゃない

刺身こんにゃくは簡単に食べられ、ヘルシーなのでちょっと一品ほしいときやつまみにも最適な食べ物だ。そんな刺身こんにゃくの食べ方といえば、その名の通り刺身として食べるのが一般的だが、じつはタレを変えたり、使い方を変えたりするだけでさまざまな食べ方が楽しめる。今回はヘルシーで食べごたえのあるさまざまな刺身こんにゃくのいろいろな食べ方を紹介しよう。

2. 刺身こんにゃくをタレで楽しむ食べ方

刺身こんにゃくは、わさび醤油などで食べるのが一般的だが、さまざまなタレで刺身こんにゃくを味わうことも多い。たとえば、刺身こんにゃくにわさび醤油ではなく、七味唐辛子を加えた醤油をかけて食べるのも美味しい。七味唐辛子のピリッとした辛みが刺身こんにゃくのアクセントになるのだ。ほかにも酢、味噌、辛子などを混ぜた辛子酢味噌をつけて食べるのもいいだろう。さらにポン酢などをつけて食べるのも美味しい。刺身こんにゃく自体はシンプルな味わいなので、つけるタレを変えるだけでも味の変化を楽しむことができるだろう。

3. 刺身こんにゃくをサラダにして食べよう

■刺身こんにゃくのカルパッチョ風サラダ

刺身こんにゃくはオシャレにカルパッチョ風サラダにすることもできる。作り方は、刺身こんにゃくを水洗いして水気を拭き取っておき、新玉ねぎ、ミニトマトは薄切りにする。器に刺身こんにゃくと新玉ねぎ、ミニトマト、生ハムを盛り付けて市販のフレンチドレッシングと好みで岩塩やこしょうをふりかけて完成だ。見ためにも清々しい刺身こんにゃくのツルっとした食感がクセになるヘルシーカルパッチョだ。

■オクラこんにゃくサラダ

ヘルシーな材料でツルっとした食感が楽しめるこんにゃくサラダにしてみるのもいいだろう。作り方は、食べやすい大きさにカットしたオクラと刺身こんにゃくをボウルに入れ、オクラに粘りがでるまで混ぜる。そこに水きりしてサイコロ状に切った木綿豆腐、塩麴を加えて和えれば完成だ。塩麴の量を調整することで味が決まり、カロリーも抑えられて体重制限中にもおすすめのさっぱりサラダだ。

■ワカメの刺身こんにゃくのゴマ酢和え

刺身こんにゃくとワカメを使って和え物にするのもおすすめだ。作り方は水で戻したワカメを食べやすくカットして水洗いし、水気を拭き取った刺身こんにゃくを用意する。ボウルに醤油と酢、砂糖、白いりごま、生姜のみじん切りを加えたゴマ酢を作り、そこにワカメと刺身こんにゃく、千切りした大葉を加えて混ぜ合わせたら完成だ。ゴマの香ばしさが香るツルツル食感が楽しい和え物になるのだ。

4. 刺身こんにゃくは炒め物にも使える

■刺身こんにゃくの中華炒め

刺身こんにゃくは炒め物に使うことで、こんにゃくの歯ごたえのある食感を肉の代用として使うことができ、ヘルシーな炒め物にすることができる。作り方は、白菜や人参を食べやすい大きさにカットしておき、水気をきった刺身こんにゃくと一緒にごま油をひいたフライパンで炒めていく。野菜に火が通ったら豆板醤、中華風出汁、七味唐辛子、醤油を加えて味を調えたら完成だ。

■刺身こんにゃくとニラのキムチ炒め

刺身こんにゃくを使ってキムチ炒めにすることで、ヘルシーかつごはんのおかずやつまみにピッタリの副菜になる。作り方は、水洗いした刺身こんにゃくを食べやすい大きさにカットしておく。フライパンでこんにゃくをから炒りしてニラを加える。そこにキムチを加えて炒めたら醤油と酒で味を調えて完成だ。

結論

刺身こんにゃくはさまざまなタレをつけて刺身風に食べるのもいいが、サラダや和え物にして、刺身こんにゃくのツルっとした食感を楽しんでみるのもおすすめだ。さらに刺身こんにゃくを炒め物にすることで、肉の代用品としてヘルシーに味わうこともできる。体重制限中におすすめの食材でもあるので、いろいろな料理に活用してみてもらいたい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ