このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
モンブランを分解して発見!美味しいといわれる理由を探ってみた!

モンブランを分解して発見!美味しいといわれる理由を探ってみた!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年9月11日

ケーキ屋に行くと必ずといってよいほど並んでいるモンブラン。ほかのケーキと形が違うためついつい目を引かれてしまう人もいるのではないだろうか。素朴な美味しさからファンの多いモンブランファンの魅力を分解し、その美味しさの秘密に迫ってみよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. モンブランが美味しい理由1.土台部分

モンブランといえばどうしてもクリームに目がいってしまうが、土台部分にも注目してほしい。土台のほとんどはクリームに隠されてしまうため印象は薄いかもしれない。しかし、土台は店によって異なるためモンブランの個性が出てくる部分でもあるのだ。土台部分はサクサク感が特徴的なダックワーズ系やタルト生地系とふわふわ食感のスポンジ系がある。店によって土台部分の生地の配合や食感、味わいなど異なるため、モンブランを食べ比べるときは土台部分の違いにも着目して美味しさを堪能してほしい。

ダックワーズは、しっかりと泡立てた卵白に粉糖とアーモンドプードルを加えて作ったもの。小麦粉などの穀類をまったく使わずに作っているため、非常に軽い食感が持ち味だ。食べごたえのあるタルト生地とはまた違う食感が楽しめる。

ふわふわ食感のスポンジ系モンブランもまたひと味違った魅力を放つ。甘いクリームとふわふわのスポンジ生地の組み合わせはまさにケーキならではの美味しさだ。ダックワーズの土台と比べてスポンジ生地はしっかりとしているため、がっつりとしたモンブランを食べたい人におすすめだ。

2. モンブランが美味しい理由2.クリーム

モンブランに欠かせない存在、それがクリームだ。モンブランの代名詞ともいえる細長く線状に絞り出されたマロンクリームは、見ているだけで栗の味わいを思い起こすことができる。そのため、マロンクリームだけをたっぷり食べたいと思った人は多いのではないだろうか。じつはマロンクリームは家でも簡単に作ることができるため、その願いをかなえることができる。簡単にマロンクリームを作るのに必要なのがマロンペーストだ。すでにペースト状になっているため栗を潰す作業を省くことができる。ただし、そのままではクリームにはならないため生クリームと混ぜ合わせてクリーム状にする。またラム酒はマロンクリームを濃厚な味わいにしてくれる。

生クリームはマロンクリームを作るときだけではなく、単体でも欠かすことができない。マロンクリームに覆われているため存在感は薄いが、モンブランのクリームの中心には生クリームが使われており、マロンクリームと一緒に食べることで口溶けのよい食感が生み出されている。生クリームの周りにマロンクリームを絞っていくので、手作りする場合はツノが立つまでしっかりと泡立てよう。

3. モンブランが美味しい理由3.トッピングの栗

必ずしもあるわけではないが、あると嬉しいのがトッピングの栗だ。マロンクリームで栗の風味はたっぷりと味わえるのだが、やはり栗がトッピングしてあると嬉しい。トッピングに使う栗には、マロンクリームに近い茶色の栗とツヤツヤした黄色の栗の2つがある。じつは作り方の違いも考慮するとトッピングの栗は渋皮煮、甘露煮、グラッセの3種類に分けることができる。どれも甘く栗を味付けしてあるのだが、見ため以外の違いを詳しく見ていこう。

まず渋皮煮はその名の通り、栗の渋皮(茶色い薄皮)をそのまま残して甘く煮ている。見ためは栗らしい茶色が特徴的だ。渋皮がついたままの栗はそのままだと渋いため、アク抜きが必要となる。アク抜きをしっかりと行なった渋皮煮は渋みを感じず、栗の甘さを堪能できる。

甘露煮は皮をすべてむいて黄色く仕上げている。皮をむいただけでもきれいな黄色が出てくるのだが、クチナシを使うとより色鮮やかな黄色になる。渋皮煮のようにアク抜きをする必要がないため家でも作りやすく、ホクホクとした栗の味わいを楽しめる。

マロングラッセは甘露煮と同様に皮をすべてむいているため黄色なのだが、甘露煮が砂糖で煮て作られるのに対し、グラッセは漬けて砂糖をコーティングして作る。しっかりとコーティングするには一晩ごとに砂糖を追加して何日も漬けなければいけないため意外と手間がかかる。砂糖と一緒にバニラを加えて作られることもあるため、マロングラッセだけをスイーツとして食べることができる。

結論

モンブランを分解すると土台部分、クリーム、トッピングの栗の3つに分けることができる。それぞれの組み合わせによって見ためも味わいも異なり、モンブランの魅力はどんどん広がる。いろいろ食べていく中で自分が美味しいと思うモンブランの組み合わせを見つけていくのもモンブランの楽しみ方としておすすめだ。
この記事もCheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ