このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
焼き芋は炊飯器で作ればメリットたくさん!おすすめの炊飯モードは?

焼き芋は炊飯器で作ればメリットたくさん!おすすめの炊飯モードは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年9月15日

炊飯器といえばごはんを炊く調理機器だが、性能があがったことでさまざまな料理を作ることができるようになった。焼き芋もその1つだ。焼き芋は炊飯器以外の調理機器でも作ることができるのだが、炊飯器で作ることのメリットがさまざまある。ここでは炊飯器を使うメリットや焼き芋の作り方を紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 焼き芋を炊飯器で作るメリットとは?

焼き芋の加熱は非常に難しい。サツマイモは硬いため、火加減を注意しないと中まで火が通っていないのに周りは焦げてしまうということがある。また、加熱の仕方によって焼き芋の甘さが異なってくるのも難しい点だ。焼き芋の甘さには蜜の含有量も関係しているが、何よりも70℃という温度が重要になってくる。サツマイモにはでんぷんが多く含まれており、このでんぷんが酵素によって糖へ分解されることでサツマイモが甘くなる。しかし、でんぷんを糖に変える酵素は70℃前後でないと活性化しない。つまりこの温度帯をキープして加熱することが美味しい焼き芋を作るうえでもっとも重要なのだ。
加熱温度を一定に保つことは難しいが、炊飯器はこの難点を解決してくれる。炊飯器はスイッチを入れるだけで70℃前後の温度をキープしつつサツマイモを加熱してくれる。また、直接サツマイモが熱源に触れることがないため焦げるという心配もない。つまり、炊飯器にサツマイモを入れてスイッチを押せばあとは放っておいて構わないのだ。手軽に美味しい焼き芋を作りたいという人には炊飯器はおすすめだ。

2. 炊飯器で焼き芋を作ってみる

炊飯器には普通炊きや早炊き、玄米炊きなどさまざまな炊飯モードがあるが、もしあれば玄米モードを使うのがおすすめだ。玄米は白米よりも硬いため、じっくりと加熱する必要がある。そのため玄米モードは普通炊きよりも炊飯時間が長い傾向にあり、焼き芋のようにじっくりと火を通す必要があるものと相性がよいのだ。玄米モードがない場合は普通炊きでも構わない。
作り方は非常に簡単で、炊飯釜に入る大きさにカットしたサツマイモと水を入れて炊飯スイッチを押すだけだ。水の量は、サツマイモ400gに対して水100㏄が目安だ。水を加えないと乾燥してしまうため、必ず水は入れるようにしよう。炊飯器で作る場合、見ためは焼き芋というよりふかし芋に近い。そのため、より焼き芋らしくしたい場合はトースターで表面をこんがりと焼こう。香ばしい焼き芋の香りを楽しみつつ、焼き芋の甘みをたっぷりと堪能できる。炊飯モードを変えることで焼き芋の食感が変わるため、いろいろと試してみるのも面白い。

3. ほかの調理機器と比較してみる

炊飯器で作るメリットや作り方を紹介してきたが、ほかの調理機器と比較してみないと炊飯器のよさは分かりにくいだろう。ここでは焼き芋を作るときに使われることが多い電子レンジやトースターと比較してみよう。
まず加熱時間だが電子レンジがもっとも短い。電子レンジで焼き芋を作る場合は出力を変えて2回加熱する必要があるのだが、それでも計10~15分ほどで作ることができる。トースターで作る場合は、片面を20分ずつ焼くため40分ほどかかる。これは炊飯器で作る場合と同じくらいの時間だ。調理時間だけを見ると、電子レンジ調理も魅力的だ。しかし、焼き芋の甘さはでんぷんを分解する酵素を活性化させることで得られる。その点、同じサツマイモを使っても、時間をかけて調理する炊飯器やトースターのほうが甘みがより感じられるかもしれない。
また、電子レンジやトースターで焼き芋を作る場合は下準備が必要だ。炊飯器で作る場合はそのまま洗ったサツマイモを入れるだけでよいが、電子レンジやトースターで作る場合はそのままでは乾燥してしまうため、サツマイモを包まなければならない。電子レンジで作る場合は濡らしたキッチンペーパーで包んだあとに、さらにラップでサツマイモ全体を覆う。トースターの場合も同様に濡らしたキッチンペーパーで包んだあと、こちらはアルミホイルで覆う。包む作業は1本ずつ行なうため、焼き芋をたくさん作る場合はすべてのサツマイモに同様の作業を行わなければならない。
炊飯器、電子レンジ、トースターそれぞれ焼き芋を作るには適しているのだが、手軽さと甘さを考えれば、最も適しているのは炊飯器だろう。初めて家で焼き芋を作るならばぜひ炊飯器で作ってみよう。

結論

炊飯器はじっくりと加熱するため、甘い焼き芋を作るのに適している。また、洗ったサツマイモと水を入れてスイッチを押すだけでできる手軽さも魅力的だ。初めて作る場合は玄米モードで作るのがおすすめだが、炊飯モードを変えることで焼き芋の食感を変えることができる。もし玄米モードで作った焼き芋が好みの食感でなかったならば炊飯モードを変えて再挑戦してほしい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ