このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
【ヒラマサ】は夏の魚?旬の季節を徹底的に堪能する方法とは

【ヒラマサ】は夏の魚?旬の季節を徹底的に堪能する方法とは

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年10月 9日

ヒラマサという魚は耳なじみがない人も多いかもしれないが、たまにスーパーの鮮魚コーナーで見かけることがある。一体どんな魚なのかと気になっている人もいるかもしれない。ブリ科のヒラマサは身がブリよりもしまっていて美味しい。しかし、旬の季節などを知らないと食べ逃してしまうので気を付けよう。こちらではヒラマサの美味しい季節やおすすめの調理法などを紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ヒラマサの旬の時期はいつ?

ヒラマサはブリに似ている魚だが、ブリと同じ季節に食べることができるのだろうか。旬の美味しい季節に食べる魚は格別であり、ごちそうだ。酒のつまみとしても最適なので、ぜひヒラマサの食べごろを知っておこう。

ヒラマサは初夏から秋が旬!

ヒラマサの見ためはブリによく似ている。しかしブリよりも出回る量が少ないため、希少価値が高くなり高級だとされている魚なのだ。これはブリが群れで動くのに対し、ヒラマサは一匹ずつ行動するから。同じ回遊魚ではあるがこの違いがヒラマサの珍しさを助長しているのである。
肝心の価格だがやはり量が少ないだけに、比較的高額で販売されていることが多い。また、ブリは産卵期が春なので旬の季節は冬。しかしヒラマサは5月頃の春に旬を迎え、9月までピークが続く。旬の季節が長いため、ヒラマサを堪能したい人には嬉しいところである。夏場には冬より魚の味が落ちるため、ヒラマサは魚好きの人たちから重宝されているのだ。ブリは傷みやすく変色しやすいが、ヒラマサは寝かせると美味しくなるとプロの間でも有名だ。血合いの部分も少なく身がしまっていて美味しくいただける。

2. 旬のヒラマサの選び方を知ろう!見るポイントは?

旬のヒラマサは刺身で販売をしている場所が多い。しかし一匹でヒラマサを購入できれば、より新鮮な味わいを楽しむことができるだろう。ただそれには、新鮮なヒラマサを見分ける知識も必要だ。こちらでは旬のヒラマサを選ぶ際に、どんなポイントに気を付ければよいのかを考えていこう。

目利きポイントは大きさ

ヒラマサを選ぶときに重要なのが大きさである。ヒラマサは大小さまざまな個体があるが、2~5kgほどのヒラマサが美味しい。大きければ大きいほど味がよいと思いがちだが、実はあまりに大きいと刺身にしても味を楽しめない可能性があるので注意しよう。

色と艶もしっかり確認

旬のヒラマサを買うときは、表面の色艶がよくまだヌメリがあるものが好ましい。ブリと見間違うことがある体の側面にあるイエローラインが鮮やかな個体を選ぼう。

エラの色にも注目

ヒラマサの新鮮度がエラでもわかる。エラの中が赤いものをチョイスする。変色をしているものは鮮度が落ちているので注意しよう。

目も忘れずに見よう

ヒラマサの鮮度は目でもわかる。目に水分があるものが好ましく、乾燥しているものはおすすめできない。

3. 旬のヒラマサは刺身以外も旨い!人気の食べ方は?

ヒラマサは刺身で食べると格別で、旬を待っているファンも多い。しかし実は美味しいのが刺身だけではないのだ。せっかく旬のヒラマサを食べるのなら、できるだけいろいろな調理方法を試したい。こちらではおすすめのヒラマサのレシピを紹介していこう。

握り

刺身でヒラマサだけを堪能するのではなく、寿司ネタとしても美味しい。酢飯とよくあうヒラマサは身がしまっていて食べごたえバツグン。一度食べるとやみつきになること間違いなしだ。

中華風カルパッチョ

刺身の状態に味をしっかりつけて楽しめるのがカルパッチョだ。淡泊なのにコリコリとした食感があるヒラマサは、カルパッチョとしても美味しい。醤油、ごま油やネギなどで味付けをして中華風にするのも酒によくあうだろう。

塩焼き

旬の魚の食べ方として定番なのが塩焼き。ブリよりも脂肪分が少ないが、献立にしやすいのでおすすめである。

煮物

もちろんヒラマサは煮物にしても美味しい。少し淡泊なので、鶏肉などを入れても美味しいかもしれない。

結論

こちらではヒラマサの旬の季節や、新鮮なヒラマサの見分け方、そして刺身以外におすすめの食べ方などを紹介してきた。ヒラマサは身がコリコリとしていて歯ごたえがあるので、火を通しても通さなくても美味しいのが嬉しい。ぜひ好みの酒と合わせて、つまみとしても楽しんでほしい。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ