このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
牛肉の薄切りは使い勝手バツグン!簡単に作れるおかずレシピを紹介

牛肉の薄切りは使い勝手バツグン!簡単に作れるおかずレシピを紹介

投稿者:ライター 管理栄養士 戸田綾子(とだあやこ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年10月28日

牛肉の薄切りはさまざまな食材と合い、火の通りも早いことから使い勝手がよいといえるだろう。実際にどのような料理に活用できるのか、牛肉の薄切り肉を使ったおかずレシピ3選を紹介していくので参考にしてもらいたい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 牛肉の薄切りとピーマンたっぷり!チンジャオロース

中華料理の定番「チンジャオロース」の作り方を紹介していく。子どもから大人まで人気の一品で、家族全員分を作って大皿に盛り付けるのが定番のメニューとなっていることであろう。

チンジャオロースとは

チンジャオロースの発祥の地は、中国とされている。もともとは牛肉ではなく豚肉を使って作られる一品であるが、近年では牛肉を使われることも多くなってきている。ここでは、牛肉を使って作る「チンジャオロース」を紹介していく。

チンジャオロースの作り方

●牛肉の薄切りに下味を付ける
まず最初の行程は、牛肉の薄切りに下味を付けることである。ボウルorバットorタッパーなどに牛肉を入れて、醤油と酒をもみ込んでおく。裏技というかズボラ技として、ビニール袋を使って下味を付けると、洗い物が減りかつ手を汚さずに作業ができるので、おすすめである。調味料の味をもみ込んだら、最後に片栗粉を絡めておく。
●ピーマンをカット
ピーマンはヘタを切り落とし種とワタを取り除き、細切りにする。
●タケノコもおすすめ
チンジャオロースには、タケノコもおすすめしたい。独特な食感がよいアクセントになるので、ぜひ牛肉とピーマンと一緒に調理してもらいたい。水煮タケノコを購入すると、湯通しするだけでよいので手軽に使いやすい。カットする際は、ピーマンと同じくらいのサイズになるように心掛けるとよいだろう。
●合わせ調味料を用意しておく
あとから使う合わせ調味料は、火を使う前に用意しておくようにする。具体的には、醤油、酒、砂糖、みりん、オイスターソースなどを混ぜ合わせておく。
●炒めて完成
フライパンにゴマ油をひいて、牛肉の薄切りとピーマンとタケノコを炒める。作っておいた合わせ調味料を入れて、絡めたら完成。

中華料理の特徴

中華料理は下準備をしっかりとしておき、火を使い始めたら一瞬で完成させるのが美味しく作るコツである。今回でいえば下準備は、牛肉の下味を付ける、ピーマンとタケノコのカットする、合わせ調味料を作るという工程になる。

2. お弁当のおかずにも!牛肉の薄切り使用エリンギの肉巻き

牛肉の薄切りで作る、エリンギの肉巻きを紹介していく。お弁当にもおすすめなので、ぜひ活用してもらいたい。

エリンギとは

エリンギはきのこ類の一種で、通年で市場に出回り価格変動が少ないので、節約を意識しながらも比較的購入しやすい食材といえる。コシがある食感で食べごたえがあるので、満腹感を得やすいという特徴がある。

さらに味にクセがないので、合わせる食材を問わず食卓がにぎやかになる。栄養価としては、ビタミンB1、ビタミンB2、食物繊維が豊富であることから、腸内環境を整えてくれるので便秘解消に繋がる。

エリンギの肉巻きの作り方

●エリンギをカットする
エリンギは縦に4等分程度に切っておく。
●牛肉の薄切りに下味を付ける
牛肉には軽く塩コショウをふり、下味を付けておく。
●エリンギを巻く
下味を付けた牛肉を広げて、上にエリンギをのせてしっかりめに巻いていき肉巻きを作る。その後、片栗粉をまぶしておく。
●合わせ調味料を作る
醤油、みりん、砂糖などを合わせておく。
●肉巻きを焼く
フライパンにサラダ油をひいて、肉巻きの両面を焼く。酒を少々入れて、ふたをして数分蒸らす。合わせ調味料を加えて、煮切りながら絡めたら完成。

お弁当に最適

しっかりと煮切ることで、お弁当にも入れやすい一品となる。味かしっかりとしているので、冷めても美味しくいただける。

3. 牛肉の薄切りとキャベツのトマト煮込み

牛肉の薄切りとキャベツを使った、トマト煮込みについて紹介していく。トマト缶を使用する場合と、フレッシュトマトを使用した場合と、両方紹介する。

牛肉の薄切りとキャベツのトマト煮込み(トマト缶使用)

●トマト缶はカットトマト缶がおすすめ
トマト缶にはカットタイプとホールタイプがある。牛肉とキャベツとの絡みを考えると、カットタイプのトマト缶のほうが適している。もしホールタイプしかなかった場合は、さいの目切りにすることがおすすめである。

作り方

最初に、キャベツを一口大に切っておく。鍋にオリーブオイルをひき、牛肉とキャベツを炒める。水を加え沸騰したら、トマト缶とコンソメを入れて煮込み、塩コショウで味を調えたら完成。好みでソースやケチャップやバターなどを隠し味程度に入れると、さらに美味しく仕上がる。

牛肉の薄切りとキャベツのトマト煮込み(フレッシュトマト使用)

●フレッシュトマトは湯むきがおすすめ
トマトはカットしてそのまま使用することもできるが、湯むきをして皮をむいたほうが口当たりが断然なめらかになる。少し手間がかかるが、このひと手間が美味しさのポイントである。

作り方

上記のトマト缶使用の場合とほぼ同じである。最初に、湯むきトマトとキャベツを一口大に切っておく。鍋にオリーブオイルをひき、牛肉とキャベツを炒める。水を加え沸騰したら、トマトとトマトジュース少量とコンソメを入れて煮込み、塩コショウで味を調えたら完成。好みでソースやケチャップやバターなどを隠し味程度に入れると、さらに美味しく仕上がる。

結論

牛肉の薄切り肉を使って作る、簡単レシピを紹介してきた。どれも手軽に作れるので、ぜひ試してもらいたい。牛肉の薄切り肉が安く売られていたらまとめて購入して、小分けにしてから冷凍保存しておくととても便利である。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ