このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
豆乳を使ったかぼちゃスープの作り方!やさしい甘さがたまらない!

豆乳を使ったかぼちゃスープの作り方!やさしい甘さがたまらない!

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年10月26日

かぼちゃスープは、かぼちゃの甘みを存分に楽しむことができ、身体の芯から温まることができる人気のスープだ。通常のかぼちゃスープはかぼちゃと牛乳を合わせて作ることが多いが、牛乳を豆乳に変えることで牛乳よりもあっさりとした仕上がりにできるのだ。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. かぼちゃスープを豆乳で作ると牛乳よりもあっさり仕上がる

豆乳で作るかぼちゃスープは、牛乳で作るよりもあっさりとした味わいになり飲みやすい。さらに身体によいとされている豆乳を使っているので、ヘルシーで大豆の栄養を存分に摂取できるのも嬉しいスープだ。

材料

豆乳で作るかぼちゃスープに必要な材料は、かぼちゃ、調整豆乳(無糖)、玉ねぎ、刻みパセリ、水、コンソメ、塩、有塩バターだ。

作り方

かぼちゃの種とワタを取り除き、一口大に切ったら皮をむいておき、玉ねぎは薄切りにしておく。鍋にバターを入れて玉ねぎを入れて炒め、透明になったらかぼちゃを加えてさらに炒める。そこに水とコンソメを加えてかぼちゃが柔らかくなるまで煮込んだら、粗熱を取っておく。あとは、ミキサーに入れて口あたりがなめらかになるようにし、鍋に戻して豆乳と塩を加えて弱火で温めたら完成だ。

2. かぼちゃスープを豆乳で作る!ミキサーなしでも大丈夫

かぼちゃスープを作るとき、かぼちゃをよりなめらかにするためによく使われるのがミキサーだ。しかしミキサーがなくても美味しいかぼちゃスープを作ることができる。

作り方

かぼちゃを切って茹でたら、ザルにあげて包丁で皮をむく。かぼちゃは茹でてからのほうが皮がむきやすいのだ。あとは豆乳を入れた鍋にかぼちゃを加えてマッシャーなどで潰しながら煮込んでいき、コンソメと塩、こしょうで味を調えたら完成だ。

ミキサーなしでも上手に作るポイント

ミキサーを使わず、豆乳を入れたかぼちゃスープを作る場合は、最初にかぼちゃを小さめに切っておくのがポイントだ。小さく切っておくことで火も通りやすく、よりなめらかに潰すことができるからだ。

3. かぼちゃスープを豆乳で作る!プロの仕上がりにするコツは?

豆乳を使ってかぼちゃスープを作る際は、どのようにしたらプロのような仕上がりになるのだろうか。ちょっとしたコツをおさえて絶品の豆乳かぼちゃスープを自宅で作ってみよう。

ポイント1

かぼちゃスープに一緒に加えることが多い玉ねぎは、トロトロになるまでじっくり炒めるのがポイントだ。玉ねぎをトロトロにすることで旨みが増すので、かぼちゃスープにコクをプラスしてくれる。豆乳かぼちゃスープに玉ねぎを加える場合は、しっかりと炒めることがポイントとなる。

ポイント2

豆乳かぼちゃスープを作る際は、かぼちゃのなめらかさも大切だ。自分好みのなめらかさに仕上げることでより美味しいプロの味を再現できるだろう。ミキサーやフードプロセッサーを使うことで簡単になめらかな仕上がりにすることができる。

ポイント3

かぼちゃの甘みが足りない場合は、はちみつを加えて甘みをプラスするといいだろう。かぼちゃスープは濃厚な甘みも魅力なので、かぼちゃの種類によっては甘みが足りないと感じることもあるだろう。そんなときは隠し味として、はちみつを加えるのがおすすめだ。

4. かぼちゃスープを豆乳で作る!コンソメなしバターなしでも大丈夫

豆乳かぼちゃスープを作るとき、コンソメやバターを加えるレシピが多いが、実際はコンソメやバターなしでも美味しいスープを作ることができる。とくに乳製品アレルギーなどの人は豆乳とオリーブオイルで作れば、乳製品なしの美味しい豆乳かぼちゃスープを作ることができる。さらにかぼちゃ本来の旨みだけでスープを仕上げたい場合は、みじん切りにした人参やセロリを加えれば、コンソメなしでも濃厚で美味しいスープを作ることができるのだ。

結論

かぼちゃスープに豆乳を使うことで、あっさりとした味わいになりヘルシーな仕上がりになる。豆乳かぼちゃスープを美味しく作るポイントは、かぼちゃをなめらかに潰すことと、隠し味としてコンソメ、バターを加えることだ。しかし、コンソメやバターを加えなくても美味しい豆乳かぼちゃスープは作れるので、自分好みの隠し味を加えて作ってみるのがおすすめだ。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ