このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ピカタの献立は何と組み合わせる?鶏肉と豚肉と魚で献立は違う?

ピカタの献立は何と組み合わせる?鶏肉と豚肉と魚で献立は違う?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年10月19日

肉や魚を使ったピカタを作ったら、どんな献立を組み合わせたらいいのだろうか。気になる食材別のピカタにおすすめの人気献立を紹介する。栄養バランスも考えた彩りのよい食卓を目指して、さまざまな献立にチャレンジしてみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. ピカタのおすすめ人気献立!鶏肉のピカタに合わせるなら

鶏胸肉やささみなどヘルシーな鶏肉を使ってピカタを作った場合の献立には何を合わせたらいいのだろうか。合わせる献立によってバランスのよい食卓になるので、気になる人気献立をチェックしてみよう。

なすのアボカドソース和え

鶏肉を使ったピカタは比較的さっぱりとしているので、副菜にはちょっと濃厚なアボカドを使った一品を作ってみてはいかがだろうか。なすと合わせることで、栄養バランスもよくなるのが魅力だ。作り方は、一口大に切っておいたなすにオリーブオイルをかけて耐熱容器に並べ、ラップをしてレンジで加熱しておく。皮をむいて種を取ったアボカドをボウルに入れ、フォークなどを使ってつぶし、牛乳とマヨネーズ、練り辛子、塩を合わせておいたものを加えてよく混ぜる。そこへ加熱しておいたなすを和えたら完成だ。まったりとしたマヨネーズソースに練り辛子がアクセントになった一品だ。

オニオンスープ

洋風のピカタには、玉ねぎをたっぷり使ったオニオンスープを合わせるのもおすすめだ。とろとろのオニオンの甘さと、とろみを楽しめるのが特徴だ。作り方は、薄切りした玉ねぎをバターを入れたフライパンであめ色になるまで炒めたら、鍋に入れて水とコンソメを加えて煮込み、最後に塩こしょうで味を調えたら完成だ。

2. ピカタのおすすめ人気献立!豚肉のピカタに合わせるなら

旨みがたっぷりで食べごたえのある豚肉を使ったピカタには、どんな献立がいいのだろうか。足りない野菜を補える美味しい副菜を紹介しよう。

ポテトサラダ

大人も子どもも大好きなポテトサラダを組み合わせるのもおすすめだ。ミックスベジタブルとミックスビーンズを使うことで、彩りもよく栄養バランスのいい献立になるだろう。作り方は、じゃがいもの皮をむき一口大に切って茹でたら、茹であがる前にミックスベジタブルとミックスビーンズを加え、一緒にさっと茹でてザルにあげ冷ましておく。そこにマヨネーズと塩こしょうを加えて味を調えたら完成だ。

人参と大根の和風スープ

しっかりとした味わいの豚肉のピカタとポテトサラダには、さっぱりとした和風スープを組み合わせてみてはいかがだろうか。作り方は、人参と大根の皮をむき千切りにしたら、水を入れた鍋に加えて煮込み、白出汁と薄口醤油を加えて味を調えたら完成だ。

3. ピカタのおすすめ人気献立!魚のピカタに合わせるなら

ふんわりと柔らかな食感がたまらない鮭やタラなどの魚を使ったピカタにおすすめの人気献立を見てみよう。普段はなかなか魚を食べない人もピカタにすることで、食べやすくなるのも嬉しい。魚ピカタをより美味しく味わうための副菜をチェックしよう。

れんこんとにんじんのツナきんぴら

いつものきんぴらとひと味違う、ツナを使ったきんぴらを魚のピカタに合わせてみてはいかがだろうか。ツナを使うことで、旨みとボリュームがプラスされて子どもでも大好きな味わいだ。作り方は皮をむいて薄切りし、下茹でしたれんこんを、いちょう切りしたにんじん、しらたきとともにフライパンで炒める。火が通ったらツナを加えて砂糖と醤油、ごまを加えて味を付けたら完成だ。噛むほどに口の中に広がる美味しさを楽しんでみてもらいたい。

もずくスープ

魚のピカタにはヘルシーなもずくスープを合わせるのがおすすめだ。作り方もとても簡単で、もずくをよく洗ったら、出汁を入れた鍋に加えて醤油とみりん、塩で味を調えたら完成だ。最後に万能ねぎをトッピングするといいだろう。

結論

肉や魚などどんな食材でも美味しくしてくれるピカタ。そんなピカタを作った際には、おすすめの献立を組み合わせて華やかな食卓にしてみてはいかがだろうか。それぞれのピカタの味わいに合わせた副菜やスープを組み合わせることで、飽きずに肉や魚のピカタを楽しめることだろう。シンプルな味わいのピカタだからこそ、さまざまな副菜を一緒に味わうのがおすすめだ。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ