このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
よだれ鶏とはどんな料理?簡単でヘルシーな中華料理を紹介!

よだれ鶏とはどんな料理?簡単でヘルシーな中華料理を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2020年10月23日

よだれ鶏とは、茹でた鶏肉に辛いたれをかけて食べる中華料理だ。とにかくその美味しさはよだれが出てしまうほどだ、ということからこの名前が付けられた。今回は、そんなお箸が止まらないと評判のよだれ鶏について紹介しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. よだれ鶏とは?茹でた鶏肉に辛いたれをかけて食べる冷菜

よだれ鶏とは、中国の四川省でよく食べられている中華料理で、油を使うことが多い中華料理の中でもヘルシーでカロリーが控えめな料理としても人気だ。その理由は、茹でた鶏肉に辛いたれをかけて食べる料理だからだ。風味豊かな辛みのあるたれは食欲をそそり、さっぱりと味わえるうえについつい箸が止まらない美味しさが魅力だ。前菜としてだけではなく、酒のつまみとしてもおすすめだ。

よだれ鶏がヘルシーだといわれる理由

よだれ鶏がヘルシーだといわれる理由は、油を多く使う中華料理の中でも鶏肉を茹でているので、油の使用量が少ないことが挙げられる。さらに使う鶏肉の部位もヘルシーだと評判の鶏の胸肉だ。しかし注意したいのは、よだれ鶏に使う辛みのあるたれだ。たれの使う量によってカロリーは変わってくることを覚えておきたい。

2. よだれ鶏とは?おすすめしたい茹で鶏に合うピリ辛たれ

よだれ鶏の味の決め手といえば、茹でた鶏肉にかけるピリ辛のたれだ。よだれ鶏にピッタリのピリ辛たれの作り方をチェックしてみよう。基本の作り方やアレンジしたたれも紹介するので、自分好みのピリ辛たれを楽しんでみるのもおすすめだ。

作り方

よだれ鶏に使うピリ辛のたれは材料を混ぜるだけで完成する。使うのは、鶏肉の茹で汁、醤油、酢、オイスターソース、砂糖、ラー油、ごま油、生姜とにんにくのすりおろし、いりごまだ。それらの材料を混ぜて茹でた鶏肉にかけるだけで完成する。あとは、仕上げに小ねぎや香菜を散らすといいだろう。

ほかにもおすすめの調味料

よだれ鶏に合わせるピリ辛のたれは各家庭によって使う調味料が異なってくる。ほかにも花椒を加えたり、黒酢を加えるのもいいだろう。いろいろな調味料を合わせて自分好みのたれを作ってみるのもおすすめだ。

変わり種たれを紹介

基本のピリ辛たれのほかにもよだれ鶏に合うたれを紹介しよう。まずさっぱりと味わいたいときは、醤油や黒酢に柚子胡椒を加えたたれもおすすめだ。柚子胡椒がアクセントとなり食欲をそそる味わいだ。ほかにもスーパーなどで手軽に購入できる、食べるラー油をかけて食べるのもおすすめだ。食べるラー油はサクサクとした食感も楽しめるので、それだけでよだれ鶏のたれとして使用することができる。

3. よだれ鶏とは?レンジで鶏肉をしっとり柔らかく仕上げるコツは?

よだれ鶏に使う鶏肉は、茹でて使用することが多いが、電子レンジを使って作ることもできる。電子レンジを使って作る場合は、しっとり柔らかく仕上げるのがポイントだ。そんな美味しく仕上げるコツについて紹介しよう。

鶏肉に味をしみ込ませておく

鶏胸肉をしっとり仕上げるためには、レンジで加熱する前に酒や砂糖、塩を全体にもみ込んでしばらく置いておくのがおすすめだ。この工程をするだけで、鶏胸肉がしっとり柔らかい仕上がりになる。

フォークで穴をあける

レンジで加熱する前に、鶏胸肉にフォークで穴をあけておくと味がしみ込みやすくなるうえに、加熱した際に鶏胸肉が破裂してしまう心配がなくなる。

鶏肉は途中で裏返す

レンジで加熱する場合、なかなか全体に火が通らず困ってしまうこともあるが、途中で鶏胸肉を裏返して再度加熱することで、均等に火が通りやすくなるので、余計な加熱をせずに柔らかい仕上がりになる。

結論

よだれ鶏の作り方はとても簡単で、レンジを使っても作れるので忙しい日の一品にもピッタリだ。さらによだれ鶏の味の決め手となるピリ辛たれも調味料を合わせるだけで簡単に作れるのも魅力だ。さまざまな調味料を合わせて自分好みのピリ辛たれを作ることで、美味しくて思わずよだれが出てしまう、そんなよだれ鶏をぜひ自宅で楽しむことができるだろう。これを機に本格的中華料理である、よだれ鶏を手作りしてみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ