このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
シーフードミックスで海鮮チャーハンを作ってみよう!作り方を紹介

シーフードミックスで海鮮チャーハンを作ってみよう!作り方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2020年10月23日

シーフードミックスにはエビやイカなどさまざまな魚介類が入っており、入れるだけで普段の料理をワンランクアップすることができる。ここでは中華料理の代表格であるチャーハンをシーフードミックスでランクアップさせる、魚介の旨みたっぷりの海鮮チャーハンの作り方や簡単アレンジを紹介していく。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. シーフードミックスで!海鮮チャーハン

シーフードミックスは簡単に料理に使うことができるため、常備しているという人もいるだろう。ここでは基本の海鮮チャーハンの作り方を紹介する。

シーフードミックスは解凍してから使う

シーフードミックスは冷凍で売られていることが多いが、使用する場合は解凍せずにそのまま料理に使うのが一般的だ。しかし、海鮮チャーハンを作る場合は必ず解凍しよう。解凍せずにそのまま炒めてしまうと火が通るのに時間がかかってしまうからだ。また、解凍する際に出た水分をごはんが吸ってしまい、パラパラとしたチャーハンにするのが難しくなってしまう。ただし、解凍の際に出た水分にはシーフードミックスの旨みが含まれているため、全部捨てるのではなく食材を炒めたり、ごはんを炒めるときに少し含ませるようにしよう。そうすることでより魚介風味を強く楽しむことができる。

海鮮チャーハンの作り方

海鮮チャーハンに必須の具材はごはんとシーフードミックス、卵だ。シーフードミックスを入れるためボリュームは十分だが、好みで長ねぎなどを入れてもよい。フライパンに油を入れて熱したら炒り卵を作る。最後にごはんと混ぜ合わせる際に再び火を入れるため、半熟状態で一度取り出す。フライパンをキレイにして油を熱したらシーフードミックスを炒める。火が通ったらごはんを加えてよく混ぜ合わせながら炒める。もしシーフードミックスから水分が出ていたら水分をしっかり飛ばすようにしよう。最後に炒り卵を加えて混ぜ合わせ、塩とこしょうで味を調えたら海鮮チャーハンの完成だ。

2. シーフードミックスでとろ~りあんかけチャーハン

シーフードミックスから出る水分のせいで思うようにパラパラのチャーハンが作れないこともある。そんなときは発想を変えて、あんかけチャーハンにしてみよう。あんの中に魚介の旨みがたっぷりと含まれるので濃厚な味わいが楽しめる。

シーフードミックスは凍ったままでもOK

あんかけチャーハンにする場合はシーフードミックスを解凍する必要はない。凍った状態のシーフードミックスを煮て味付けすれば、そのままあんとして使うことができるからだ。ただし、シーフードミックスをそのまま使うと独特の臭みが出てしまう場合がある。気になるようであれば解凍して余分な水分を取り除く、または一度下茹でするのがおすすめだ。

シーフード入りあんかけチャーハンの作り方

あんかけチャーハンではチャーハンとあんの2種類を作る。チャーハンは炒り卵とごはんを混ぜ合わせ、醤油で少し味付けする。肝心のあんだが、シーフードミックス以外の具材はお任せだ。白菜や人参、椎茸などいろいろな具材を入れたほうがボリュームが出て彩りもよくなる。野菜を軽く炒めたらシーフードミックスと水、鶏がらスープの素、醤油を入れて煮る。野菜に火が通ったら沸騰した状態で水溶き片栗粉を加えてトロミをつける。一気に水溶き片栗粉を入れてしまうとダマになってしまうため注意しよう。チャーハンを皿に盛り付け、その上にあんをかければシーフード入りあんかけチャーハンの完成だ。

3. ナンプラー香る!シーフードミックスチャーハン

いつもの味付けに飽きてしまったという人におすすめしたいのが、ナンプラーを使ったエスニック風のチャーハンだ。ナンプラーはクセがあるため苦手な人も多い。しかし、ナンプラーは魚介から作られる調味料であるためシーフードミックスとの相性がバツグンで、魚介の旨みを引き出してくれる。

ナンプラー入りシーフードチャーハンの材料

ナンプラーを入れる場合でも、基本の作り方は変わらないが材料が少々異なる。用意する材料はごはんとシーフードミックス、玉ねぎだ。チャーハンで玉ねぎを入れることは珍しいが、エスニック風に仕上げるなら玉ねぎは欠かせない。玉ねぎの甘みが加わることでナンプラーのクセのある味わいが和らぐというメリットもある。一方でチャーハンには必ずといってよいほど入る卵はエスニック風にするときは入れないことが多い。卵を入れても問題ないが、目玉焼きにして最後にトッピングするとエスニック感が出る。

ナンプラー入りシーフードチャーハンの作り方

玉ねぎはスライスまたは粗めのみじん切りにしておく。フライパンに油を入れ熱したら玉ねぎ、シーフードミックス、ごはんの順に加えていき混ぜ合わせながら炒める。最後に味付けすれば完成だが、ピリ辛にしたいかマイルドな味わいにしたいかで使う調味料が変わる。ピリ辛に仕上げたい場合はナンプラーとチリソース、ケチャップ、塩、こしょうを混ぜ合わせよう。マイルドな味にしたい場合はナンプラーとレモン果汁、砂糖、塩、こしょうを混ぜ合わせよう。どちらもナンプラーの香りが印象的だが味わいがまったく異なるため気分に合わせて味付けを変えてみるのも面白い。

結論

シーフードチャーハンを作る場合は必ずシーフードミックスを解凍してから使うようにしよう。解凍することで余計な臭みが取れるとともにパラパラとしたチャーハンに仕上げやすくなる。どうしてもパラパラにならない場合はあんかけチャーハンにしてみよう。あんの中にシーフードミックスから出た魚介の旨みが凝縮されるため、濃厚な味わいを楽しむことができる。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ