このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
無意味にあるわけではない!肉まんの下の紙の重要な役割とは?

無意味にあるわけではない!肉まんの下の紙の重要な役割とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年10月24日

寒い冬になると食べたくなるもののひとつにホカホカの肉まんがある。その肉まんには、必ず下に紙がついている。肉まんを食べるときに下の紙がうまく剥がせずイライラした経験をお持ちの方は、少なからずいらっしゃることだろう。肉まんの下の紙は、無意味についているわけではないし、食べる人をイライラさせるためについているわけではもちろんない。この件についてこれから詳しく見ていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. まずは肉まんの下の紙の正体を知ろう

肉まんの下の紙が何のために敷かれているのか?その理由を探る前に、まずは、肉まんの下の紙の正体を知っていただきたい。
肉まんの下の紙は、中華まん敷き紙で、肉まんやあんまんなど、中華まんの下に敷くことを目的として製造されている。中華まん敷き紙は、グラシン紙と呼ばれる種類の紙を使って製造されている。製造メーカーによって、呼び名は、食品用セパレート紙、せいろ敷き紙である場合もあるが、素材がグラシン紙であることに変わりはないようだ。
グラシン紙は、半透明で、光沢があり、つるつるしているという特徴を持っている。紙風船や本の日焼けを防止するカバー、ケーキの型紙やカップなどの素材としても用いられている紙だ。
通常の紙は、パルプ繊維間に空隙があり、そこに光が乱反射するために白く不透明だ。しかし、グラシン紙は、透明度をあげるために、「叩解(こうかい)」と呼ばれる作業工程を丁寧に行い、パルプ繊維間の空隙を極力少なくしたうえで、スーパーカレンダーと呼ばれる特殊な処理が行われている。
上記のような透明度をあげる技術によって、グラシン紙は優れた耐油性、耐湿性などの性質も持つことになる。そしてこのグラシン紙の性質こそが、肉まんの下の紙に使われる最大の理由になっている。さらに詳しく見ていこう。

2. 肉まんの下の紙には重要な役割があった

肉まんの下の紙として、グラシン紙でできた敷き紙が使われているのは、肉まんの製造過程で、肉まんを蒸すときに、蒸し器と肉まんの皮がくっつかないようにするためのようだ。
グラシン紙の持つ、つるつるとした光沢や、優れた耐油性や耐湿性は、蒸している間に紙がふやけてだめになるのを防いだり、蒸し器に肉まんの皮がくっつかないようにしたりするのに大いに役立つ。
また、肉まんの下の紙は、蒸し器と肉まんの皮がくっつかないようにするという最も重要な役割のほかに、そこに文字やイラストを印刷し見た目を楽しくするという役割もあるようだ。ただ、通常、グラシン紙は表面がつるつるしているので筆記には向いていない。そのため文字やイラストを印刷できるような工夫が施されている。
このように肉まんの下の紙は、肉まんにとって、なくてはならない紙ということになるだろう。
しかし、なくてはならない肉まんの下の紙だが、食べる際に、下の紙を剥がすと、皮がくっついて、うまく剥がせずイライラして、「いっそ最初からこんな紙なければいいのに」と思ってしまうこともあるだろう。このイライラを解決するための画期的な方法をこれからお伝えしよう。

3. こうすれば肉まんの下の紙はきれいに剥がせる

肉まんの下の紙と、皮がくっついて剥がしにくくなるのは、肉まんに含まれている水分がしみ出して、下の紙と皮の間にその水分がたまることが大いに関係している。そのたまった水分が、ちょうど接着剤のような役割を果たし、下の紙と皮を強力にくっつけてしまうようだ。
これは、熱々の状態の時に起こりやすく、冷めると起こりにくくなる。そのため、「冷やす」という方法は、くっつきにくくするために効果的であるようだ。たとえば、氷で下の紙をなでるという方法を試してみてはいかがだろう。
あるいは、すでに冷めた肉まんを温める場合は、いったん下の紙を剥がし再度くっつけてから温めるとよいようだ。いったん剥がすことで紙と肉まんの間にすき間ができるので、温めたあとでも剥がしやすくなるということだ。
ただし、これらの方法は、あくまでも一案であって、これらの方法を試しても思うように剥がせない場合もあるようなので、その点は、ご留意いただきたい。

結論

肉まんの下の紙の正体や、肉まんの下の紙がいかに重要な役割を果たしているかについては、納得していただけただろうか?今度、肉まんを食べる際は、その重要な役割に思いをはせ、意外と見過ごされがちな下の紙に印字されているイラストやメッセージにも目を向けてみよう。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ