このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
デザートも充実のくら寿司!高低カロリーランキングTOP5を紹介!

デザートも充実のくら寿司!高低カロリーランキングTOP5を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2020年10月21日

くら寿司といえば、無添加にこだわっていることでも知られる人気回転寿司チェーン店。昨今のコロナ禍で持ち帰りやデリバリーのシステムをさらに充実させるなど、進化を遂げている。今回は、そんなくら寿司のなかでもデザートに着目。高低カロリーランキングをTOP5形式でお届けしていこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. くら寿司とは

くら寿司は、日本のみならず、海外にも展開を広げる人気の回転寿司チェーン店である。本格的な味わいをリーズナブルな価格で楽しませてくれることに定評があり、さらに四大添加物不使用の安全性がうり。店で提供されるメニューは、すべて化学調味料、人工甘味料、合成着色料、人工保存料不使用。古きよき日本の食文化を掘り起こし、未来に繋げるような理念を掲げている。

ランチも充実

このたび、GOTOくらキャンペーンの一環でワンコインランチが登場。ワンコインで人気の握り、海鮮丼、天丼やミックスフライ丼を楽しむことができるお得な企画。茶碗蒸しか味噌汁がついてこの価格は、嬉しい限り。平日17時までと時間が長いところもありがたい。さらにうどんやラーメンなどをプラスしたボリュームのあるメニューもあり。店舗によっては実施していない場所もあるので、確認してから訪れるといいだろう。

ニューノーマルに対応

コロナ禍で人々の生活様式は、確実に変化をしている。まだまだ人との接触には不安があることもあり、外食もままならないという人も多いことであろう。くら寿司では、予約から来店、注文、会計までを店員などと非接触で行うことができる店舗の開発に着手。また持ち帰りやデリバリーもより使いやすいようにどんどん進化している。

2. くら寿司の高カロリーデザートTOP5

公式サイトに掲載されている2020年9月11日現在のアレルゲン・カロリー情報を基準にランキングを作成。そのため、公式サイトの掲載とは異なる場合がある。

TOP5〜3

第5位は、夢のふわ雪宇治抹茶ホイップで231kcal。口の中でとろけるふわふわ氷を使ったかき氷のなかでも大人好みの宇治抹茶。ホイップクリームにあずきと白玉がのっているので、味変をしながら楽しむことができる。第4位は233kcalのゼリーサイダーフロート。SNS映え確実のドリンクは、色とりどりの5色ゼリーが魅力。そこにサイダーを注ぎ、バニラアイスをトッピングしてフロートに。第3位は竹姫チョコマカロンパフェで、273kcal。こちらは竹を切ったような容器に入ったシリーズで、食後にちょうどいい量。サクサクマカロンが美味しい。

TOP2

第2位は281kcalのミルクレープ。練乳入りのリッチなクリームが美味しい一皿。くら寿司公式ECサイトで購入することもできるので、自宅でも楽しめる。

TOP1

第1位はたっぷりシャインマスカットパフェ288kcal。くら寿司が展開するリッチなデザートライン「KURA ROYAL」のひとつ。まるで本格スイーツ店が作ったような完成度の高さがうり。贅沢に使ったシャインマスカットに合わせたのは、マスカルポーネムースとブルーベリーソース。パフェ専門店で食べるような味わいを楽しむことができる。見た目も華やかなのでSNS映えも確実。

3. くら寿司の低カロリーデザートTOP5

TOP5〜3

第5位は北海道みるくシューアイスで102kcal。コクがありながら、さっぱりとしたみるくアイスが美味しい。第4位は竹姫抹茶ティラミスで95kcal。竹姫のデザートは、小さめながら本格派。食後にちょうどいい大きさで人気が高い。第3位は完熟アップルマンゴーで87kcal。アップルマンゴーが半分食べられる豪華なデザート。濃厚な甘さと香りが特徴で、食後にもぴったり。

TOP2

第2位はシンプルなチーズケーキで84kcal。ちょうどいい甘さは、大人好みといえそうだ。コーヒーに合わせるのもあり。

TOP1

第1位は巨峰シャーベットで58kcal。さっぱりとした口当たりが人気の秘訣だ。甘いものが苦手な人にも好まれそう。

結論

くら寿司は、豊富なメニューも人気の秘訣。デザートにおいても一切の抜かりなし。本格的なメニューが勢揃いしている。寿司のあとに食すデザートであれば、カロリーはしっかりとチェックして選びたいものだ。もし、高カロリーメニューがお目当てなら、そのほかの食事を軽くするなど、工夫して楽しみたい。
※カロリーは記事執筆時点のものです。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ