このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
子供でも食べられる麻婆豆腐の作り方を紹介!取り分けて作ってもOK

子供でも食べられる麻婆豆腐の作り方を紹介!取り分けて作ってもOK

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年11月16日

今回紹介するのは子供が喜ぶ辛くない麻婆豆腐の作り方だ。中華料理の定番である麻婆豆腐。ピリッと辛い豆板醤がきいたクセになる味を好んで食べているという人も多いだろう。しかし子供にとって、大人用は辛過ぎたり味付けが濃過ぎたりして、同じものを食べさせるのに躊躇しがちだ。そこで子供でも美味しく味わえる、辛くない麻婆豆腐の作り方を紹介する。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 子供が好きな味!辛くない給食の麻婆豆腐

最初に子供が大好きな給食の味を再現した、麻婆豆腐の作り方を紹介しよう。用意するのは、木綿豆腐・豚ひき肉・長ねぎ・おろしにんにく・おろししょうが・ケチャップ・オイスターソース・砂糖・鶏がらスープの素・水溶き片栗粉・ごま油・小ねぎだ。まず小ねぎは小口切りにし、長ねぎはみじん切りにする。
豆腐は2cm角に切り、湯を沸かした鍋で2分くらい茹でて湯切りする。次にごま油をひいたフライパンに長ねぎ・おろしにんにく・おろししょうがを入れて中火で炒める。香りが立ったら豚ひき肉を加えて炒め、火が通ったらケチャップを入れてさらに炒める。水分が飛んだらオイスターソース・砂糖・鶏がらスープの素・水・豆腐を入れて10分くらい煮込む。
豆腐に味がなじんだら弱火にして水溶き片栗粉を加え、よく混ぜ合わせて中火にする。とろみが付いたら、ごま油を回し入れ火からおろす。あとは器に盛り付け、小ねぎを散らせば子供向けの麻婆豆腐の完成だ。子供が好きなケチャップを使用して作る麻婆豆腐なので、食べやすい味に仕上がる。豆腐は煮崩れしにくくするために一度茹でてから使うこと。

2. 甜麺醤を使って!本格味なのに子供も食べられる麻婆豆腐

次に甜麺醤を使った子供も食べられる麻婆豆腐の作り方を紹介しよう。甜麺醤は甘味噌とも呼ばれることからもわかる通り、使用すると辛さが軽減され、子供でも美味しく味わえる麻婆豆腐に仕上がる。ここでは電子レンジで加熱して作る方法を紹介しよう。用意するのは、豚ひき肉・木綿豆腐・長ねぎ・にんにく・しょうが・しょうゆ・酒・砂糖・豆板醤・甜麺醤・鶏がらスープの素・片栗粉・ごま油だ。
長ねぎ・にんにく・しょうがは、あらかじめみじん切りにしておく。ボウルに豚ひき肉・長ねぎ・にんにく・しょうが・しょうゆ・酒・砂糖・豆板醤・甜麺醤・鶏がらスープの素・片栗粉・ごま油を入れて箸でさっくりと混ぜる。底面積が広めの耐熱容器に豆腐を入れ、ボウルで混ぜたものを均等になるよう広げてのせる。
耐熱容器にふんわりとラップをかけ、電子レンジで3分ほど加熱し一度取り出す。豆腐がくずれないように木べらでさっくり混ぜ、再びラップをかけなおし電子レンジで2分ほど加熱する。あとは混ぜて挽肉に火が通っていればOK。器に盛り付ければ子供も食べられる麻婆豆腐の完成だ。豆腐は絹ごし豆腐を使用しても構わない。

3. ねぎが苦手な子供にも!玉ねぎで作る甘口麻婆豆腐

ねぎはにおい消しにも使われるように、独特の香りがある。そのため苦手な子供も一定数いる。そのような子供におすすめの、玉ねぎを使った麻婆豆腐の作り方を紹介しよう。用意するのは、木綿豆腐・豚ひき肉・玉ねぎ・にんじん・出汁・酒・砂糖・しょうゆ・味噌・片栗粉・小ねぎ・ごま油だ。豆腐はさいの目に切って水切りする。玉ねぎとにんじんはみじん切りにし、小ねぎは小口切りにする。
小さめの器に酒・砂糖・しょうゆ・味噌を入れて合わせておく。フライパンにごま油をひき、豚ひき肉を入れて炒め、火が通ったら玉ねぎとにんじんを加えさらに炒める。次に豆腐を入れてから出汁を加えて煮込む。合わせておいた調味料を加え、水溶き片栗粉を入れてとろみを付ける。
最後に小ねぎを入れてひと煮立ちさせ、器に盛り付ければ子供におすすめの麻婆豆腐の完成だ。ごはんとの相性がよく、お箸が止まらない美味しさ。市販の麻婆豆腐の素を使用すると簡単に作れるが、お子さんが美味しく食べてくれることを想像しながら作ると楽しい時間を過ごせるだろう。

4. 子供も大人も大満足な麻婆豆腐の取り分け方法

最後に子供も大人も満足できる麻婆豆腐を取り分けて作る方法を紹介しよう。用意するのは、木綿豆腐・豚ひき肉・長ねぎ・にんにく・しょうが・水溶き片栗粉・サラダ油・豆板醤・味噌・酒・砂糖・ごま油だ。あとは大人用にオイスターソース・しょうゆ・酒を、子供用に砂糖・しょうゆを別途用意する。
豆腐を1cm角に切りキッチンペーパーで水気を切り、長ネギ・にんにく・しょうがをみじん切りにする。豆腐と豚ひき肉・長ねぎは子供用に少し取り分けておく。大人用の調味料のオイスターソース・しょうゆ・酒を、子供用の調味料の砂糖・しょうゆをそれぞれ混ぜ合わせる。
フライパンにサラダ油を入れて熱し長ねぎ・にんにく・しょうがの半量を入れて火にかけ、香りが立ったら大人用の豚ひき肉を加える。パラパラになるまで炒めたら、いったん火から下ろしてほぐす。ほぐしたら再び火にかけ豆板醤・味噌・酒・砂糖の順で加え、水分がなくなるまで炒め、大人用の調味料と豆腐を入れ、火を弱め豆腐に味がなじむまで3~4分ほど煮る。
あとは水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、残りの長ねぎを入れてひと混ぜし、ごま油を加えれば大人用の麻婆豆腐の完成だ。次に子供用の豚ひき肉と長ねぎに、調味料を入れてよく混ぜ、豆腐を加えて底面積が広めの耐熱容器に入れ、電子レンジで3~4分くらい加熱する。熱いうちに水溶き片栗粉を入れ、手早く混ぜてとろみをつければ子供用の麻婆豆腐の完成だ。大人用の麻婆豆腐は、ごま油の代わりに好みでラー油を入れてもよい。

結論

子供でも美味しく味わえる麻婆豆腐の作り方を紹介した。はじめから子供用を作る方法もあるが、取り分けて作るのもありだ。長ねぎやにんじん、玉ねぎのような野菜もたっぷり食べることができるので、ぜひ子供用の麻婆豆腐をレパートリーに取り入れてみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ