このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
あおさと青のりの違いは栄養素にあり!おすすめレシピに挑戦しよう!

あおさと青のりの違いは栄養素にあり!おすすめレシピに挑戦しよう!

投稿者:ライター 上野圭代(うえのたまよ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2020年11月14日

たまにスーパーで見かけるあおさは、青のりと同じものだと思っている人もいるのではないだろうか。実はあおさと青のりには違いがある。ここではあおさと青のりの栄養や価格の違いを説明するとともに、おすすめのレシピなども含めて紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. あおさと青のりは同じもの?栄養や値段の違いは?

まず気になるのがあおさと青のりの栄養の違いだ。2つとも同じような見た目なので、あまり変わらないと思いがち。そこであおさと青のりの栄養素を比べていこう。

あおさと青のりは栄養素が違う!

海苔産業情報センターの栄養価と成分表によると、あおさと青のりでは、あおさのほうが栄養素は高い。これは素干しにしたものを可食部100gあたりで比べている。たとえばカロリーは青のりが150kcalなのに対し、あおさは130kcalと若干低め。しかし青のりはカリウムが770mgなのに対し、あおさは3,200mgもある。マグネシウムも青のりは1,300mgに対しあおさは3,200mgもある(※1)。
ただし、青のりはカロテンの含有量が17,000μgもあるのに、あおさは2,700μgしかない。厚生労働省によるとカロテンには抗酸化作用があるとされているので、気になる人は青のりを選ぶのもよいだろう。また、ビタミンB12やカルシウムも青のりのほうが高いことがわかっている(※1,2)。

あおさのほうが安値で手に入る

あおさと青のりを買い求める際に重要なのが価格だ。普段食べたいと思ってもあまりに価格が高いと手を出しにくい。実はあおさと青のりを比べると、あおさのほうが手ごろな価格である。これは香りの違いだといわれている。青のりは香りが高いために、高級だとされているのだ。

2. あおさ・青のりの使い方は?味噌汁に入れる

あおさや青のりは味噌汁の具としても重宝される。自宅で作る際には、水で戻したあおさを使うが、できるだけ味噌を入れた直後に入れるとよい。手軽で簡単なのでおすすめだ。しかしどれだけ手軽でも、やはり味噌を溶いて作るのには時間がないという場合もある。そんなときにはインスタント味噌汁を作ってみてはいかがだろうか。実はインスタント味噌汁には、あおさを使ったものも多いのだ。ここではあおさのインスタント味噌汁で人気商品を紹介しよう。

マルコメ「お徳用 料亭の味 あおさみそ汁」

味噌といえばのマルコメが、あおさ入りのインスタント味噌汁を発売している。信州の単色が特徴の味噌と、ふんだんに使ったあおさ、コクのある出汁が魅力である。豆腐も入っているので贅沢な気分に浸れるだろう。

サンジルシ「即席料亭合わせあおさ汁」

伊勢・志摩産のあおさを贅沢に使い、香りも楽しめる一品。すっきりした味わいがポイントで、生みその美味しさが楽しめる。

ハナマルキ「おすし屋さんのみそ汁贅沢仕立てあおさ海苔4食」

おすしと一緒に飲みたくなる味噌汁で、麩や豆腐なども入っているのが嬉しいところ。

3. あおさ・青のりの使い方は?卵焼きに入れる

あおさや青のりを使ったレシピの一つに卵焼きがある。卵焼きは朝食にも弁当にも使える万能レシピだ。子どもにも人気があるので、ぜひ作り方をマスターしておきたい。

シンプルな卵焼き

あおさ、青のり入りの卵焼きは、簡単で作りやすい。いつもの卵焼きに水で戻したあおさを混ぜるだけだ。出汁入りや醤油味にして和風を楽しむのもおすすめである。

チーズあおさの卵焼き

シンプルなあおさの卵焼きに飽きたら、次はチーズを入れてコクを出してみよう。卵にマヨネーズやめんつゆなどを入れ混ぜ、そこにあおさを入れる。フライパンに溶いた卵を流したらそこにチーズをのせ、巻いていく。

シラス入りの卵焼き

サッパリした卵焼きを楽しみたい人は、シラスを入れてみよう。出汁には昆布茶を使うとしっかり味がでる。あおさを入れたり青のりに変えたりして楽しみたい。

4. あおさ・青のりの使い方は?そのまま天ぷらや磯辺揚げにする

あおさと青のりはいろいろなレシピを作ることが可能だ。同じような料理に使うこともできるが、価格などを考えると使い方を変えるのもおすすめだ。あおさはデイリー用として、少し特別感を出したいときには青のりを使うのがおすすめである。そこでここでは弁当にも使える磯辺揚げの作り方を紹介したい。

生あおさを使おう

乾燥したあおさを見かけることはあるが、意外と生あおさを見ることは少ない。もし見かけたら磯辺揚げにしてみるのもよいだろう。ちくわの中に生のあおさを詰め、天ぷら粉を溶かしてつけたら油で揚げていく。酒のつまみにもちょうどよいので、一品何か作りたいと思ったら試してほしい。

青のりを使うなら衣にしよう

青のりを使った磯辺揚げも美味しい。薄力粉に水を入れて混ぜそこに青のりを入れる。しっかり斜め切りにしたちくわにつけたら同じく揚げていこう。

結論

ここではあおさと青のりの違いを栄養面などから解説してきた。あおさと青のりはいろいろな料理に使える海藻で、デイリー用なら手ごろな価格のあおさ、香りづけをしたいのなら青のりを使うのもよい。酒のつまみにもなるので試してみよう。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ