このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
麻婆豆腐を麺料理にアレンジして楽しむ!人気レシピを紹介!

麻婆豆腐を麺料理にアレンジして楽しむ!人気レシピを紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年11月25日

今回は、麻婆豆腐を麺料理にアレンジして楽しむ人気レシピを紹介しよう。麺と一言でいっても中華麺やそうめんなど、種類はさまざまだ。どんな麺に合わせるかで、見た目や味わいが全く違ってくる。アレンジ麺それぞれの特徴をおさえよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 中華麺と合う!麻婆豆腐のパリパリあんかけ焼きそば

最初にパリパリに焼いた中華麺の上に、とろみをしっかりつけた麻婆豆腐をのせるあんかけ焼きそばの作り方を紹介しよう。とろみのある麻婆豆腐が麺としっかり絡み、箸が止まらなくなる美味しさだ。たっぷりと使われた香辛料の香りのおかげで刺激されるだろう。B級グルメとして人気の焼きそばを家にある豆板醤やコチュジャンのような調味料でアレンジする方法を紹介しよう。
用意するのは、蒸し中華麺・酒・ごま油・豚ひき肉・木綿豆腐・長ねぎ・しょうが・にんにく・豆板醤・コチュジャン・一味唐辛子・鷹の爪・水・しょうゆ・水溶き片栗粉・小ねぎだ。しょうがは皮をむき、ねぎは小口切りに、鷹の爪は輪切りしておく。豆腐はキッチンペーパーに包み耐熱容器に入れ、600Wの電子レンジで2分ほど加熱し、粗熱をとり一口大に切る。
次に長ねぎ・しょうが・にんにくをみじん切りにする。続けてフライパンにごま油をひき、中華麺と酒を入れ、中火でほぐしながら焼き目をつけ、火からおろして皿に盛り付ける。フライパンにごま油・長ねぎ・しょうが・にんにく・豆板醤・コチュジャン・一味唐辛子・鷹の爪を入れ、香りが立つまで中火で炒める。
次に豚ひき肉を加えて色が変わるまで炒める。さらに豆腐を入れてさっと炒め、水としょうゆを加えてひと煮立ちさせる。あとは水溶き片栗粉を入れ、中火で熱してとろみが付くまで加熱し火から下ろす。最後に中華麺を盛り付けておいた皿に、とろみを付けた麻婆豆腐をのせ、小ねぎを散らせばパリパリあんかけ焼きそばの完成だ。ボリューム満点で、がっつり食べたい日のランチにおすすめ。

2. 暑い日に食べたくなる麺といえば!麻婆豆腐そうめん

そうめんは、麺料理の中でも夏に食べることが多いが、麻婆豆腐そうめんは暑い日や寒い冬でも暖かな部屋で食べたくなる。麻婆豆腐そうめんはここ最近、注目を集めている。ここでは市販されているレトルトの麻婆豆腐の素を使用して作るレシピを紹介しよう。
用意するのは、 麻婆豆腐の素・そうめん・木綿豆腐・小松菜・長ねぎ・すりごまだ。豆腐は食べやすい大きさの角切りにする。小松菜はさっと茹でて3cmくらいに切り、長ねぎは白い部分を千切りにし、水にさらして辛みをとる。そうめんは袋の表示時間通りに茹で、冷水で冷やして水気をよく切る。
そうめんと豆腐・麻婆豆腐の素の順番で器に盛り付け、小松菜・すりごま・長ねぎを添えれば麻婆豆腐そうめんの完成だ。麻婆豆腐の素は加熱せずに冷たいままでも美味しく味わえる。麻婆豆腐のかける量は好みで構わない。つゆで食べるそうめんも美味しいが、たまには違った麺料理で食べる方法もありだ。

3. 太麺で作ってみて!スープが旨い麻婆豆腐ラーメン

麺料理の中でも身近な存在のラーメン。最後に麻婆豆腐の素を使用した麻婆豆腐ラーメンの作り方を紹介しよう。用意するのは、麻婆豆腐の素・水溶き片栗粉・木綿豆腐・にら・好みのラーメンだ。豆腐は1.5cm角のさいの目に切る。次にフライパンに麻婆豆腐の素と水を入れ、中火で煮立たせたら豆腐を加え、ひと煮立ちさせる。
続けてにらを入れてサッと煮込み、いったん火を止める。水溶き片栗粉をかき混ぜ、全体に少しずつまわしかけ、まんべんなく混ぜる。再び火をつけて全体を軽く混ぜながら、煮込んでとろみをつける。あとは好みのラーメンを作り、器に盛り付けてから、その上に麻婆豆腐をのせれば麻婆豆腐ラーメンの完成だ。ラーメンは中華麺のような麺を使用してもいいが、インスタントラーメンを使うと、スープ付きなのでより簡単に作れるだろう。
また太麺を使うと食べごたえが増す。さらに、にらのほかに青ねぎやもやしを加えて食べても美味しい。コクのある麻婆豆腐が、ラーメンの麺としっかり絡み、箸がすすむこと間違いなし。とくに複雑な工程はなく、材料さえ揃っていればパパッと思い立って作れるので、気軽に食べたいおひとりさまランチにおすすめ。いつもとは違う麺料理を食べたいときにいかがだろうか。

結論

麻婆豆腐をアレンジした麺料理の作り方を紹介した。いずれの麺料理もサクッと作れるうえボリューム満点で、がっつり食べたい日の食事におすすめだ。これまで麻婆豆腐をごはんとしか合わしたことのなかった人も、ぜひいろいろな麺と組み合わせて食べてみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ