このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
麻婆豆腐を納豆で作ると美味しいってホント?納豆麻婆豆腐を紹介!

麻婆豆腐を納豆で作ると美味しいってホント?納豆麻婆豆腐を紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 藤江美輪子(ふじえみわこ)

2020年11月26日

そのまま食べても美味しい麻婆豆腐だが、納豆を加えて作るとまろやかな味に仕上がる。今回は、意外な組み合わせかもしれないが麻婆豆腐に納豆を入れると美味しくなるのか、入れたら匂いはどうなるのか、納豆入り麻婆豆腐の作り方を紹介する。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 麻婆豆腐に納豆を入れると美味しくなるって本当?

麻婆豆腐に納豆を入れると美味しくなるというが、実際はどうなのだろうか。本場の麻婆豆腐には豆鼓という黒豆を発酵させた調味料が使われている。豆鼓の代わりに同じ豆の発酵食品である納豆を使うことで豆鼓を使ったときのようなコクが出る。また納豆のねばりでとろみもつくので片栗粉の代わりにもなるようだ。
日本テレビの情報番組のひとつである「スッキリ」では、納豆を使用した麻婆豆腐の作り方が紹介されたこともあるようだ。

2. 麻婆豆腐に納豆を入れたら納豆の匂いはどうなる?

納豆には独特の匂いがあるが、麻婆豆腐と合わせると納豆の匂いは気にならず味わえるのだろうか。結論としては、麻婆豆腐の油で納豆の匂いは抑えられるので、苦手な人でも気にならずに食べられる。また先述したレシピのように、納豆を入れる前に軽く水洗いすると、より匂いは抑えられるようだ。
ではなぜ納豆は匂いがするのだろうか。納豆を作るのに欠かせないものは大豆と納豆菌。納豆の匂いのもとは、発酵過程で納豆菌が大豆のたんぱく質を分解した際に作られるアンモニアと有機酸などだ。製造後も少しずつ発酵が進むため、日が経つにつれて匂いは少しずつ強くなる。復習になるが、匂いを気にせず納豆麻婆豆腐を食べたい人は、軽く水洗いし、ぬめりを取ってから使えばよい。

3. 納豆入り麻婆豆腐の作り方を紹介

最後に納豆入り麻婆豆腐の作り方を紹介しよう。用意するのは、小粒納豆・豚ひき肉・絹ごし豆腐・長ねぎ・しょうが・にんにく・豆板醤・オイスターソース・酒・しょうゆ・鶏がらスープの素・湯・水溶き片栗粉・ごま油だ。まず納豆をざるに入れ、さっと水洗いして水気を切る。
長ねぎ・しょうが・にんにくはみじん切りにするが、長ねぎの青い部分は少しだけ別に取り分けておく。豆腐は2~3cmくらいの角切りにする。フライパンにごま油を入れて熱し、しょうが・にんにく・ねぎを加えて炒める。香りが立ったら豆板醤を加え、さらに炒める。次に豚ひき肉と納豆を入れ、肉をほぐしながら炒めて色が変わったら、オイスターソース・酒・しょうゆ・鶏がらスープの素を加えて煮立てる。
豆腐を加えてひと煮立ちさせたら、水溶き片栗粉をまわし入れてとろみをつける。最後に火を止め器に盛り付けて、取り分けておいた青ねぎを散らせば、納豆入り麻婆豆腐の完成だ。豚ひき肉のコクと納豆の旨みが豆腐によく絡み、ついつい箸が止まらなくなる美味しさだ。また好みでキムチを加えて作るのもありだ。いつもとひと味違う麻婆豆腐を食べたくなったときにおすすめ。

結論

ごはんと相性バッチリな納豆麻婆豆腐の作り方を紹介したが、豚ひき肉の代わりにひきわり納豆を使用して麻婆豆腐を作り、ごはんの上にのせて丼として味わっても美味しい。また納豆に付いているタレと辛子を付けて味わうのもありだ。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2020年11月26日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ