このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
話題の【酢胡椒】の魅力を徹底解説!酢醤油よりも大人気?

話題の【酢胡椒】の魅力を徹底解説!酢醤油よりも大人気?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 氏家晶子(うじいえあきこ)

2020年11月22日

新たな餃子のタレとして近年注目を集めている酢胡椒。餃子の鉄板の相棒である酢醤油とはどのような部分が異なるのか、気になる人も多いのではないだろうか。そこで本記事では酢胡椒の魅力や成分、おすすめの活用方法などを詳しく解説していく。餃子や肉料理、揚げ物料理などをより美味しく食べたいと思う人はぜひ参考にしてみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 酢醤油に飽きた人にもおすすめ!酢胡椒とは?

餃子をつけるタレといえば、酢醤油を思い浮かべる人は多いだろう。もちろん、酢醤油で食べる餃子も美味しいが、近年「酢胡椒で食べる餃子が美味しい」と多くの人の間で話題になっていることをご存じだろうか。
酢胡椒とはその名の通り、酢と胡椒を混ぜ合わせたものである。胡椒のピリっとした辛さと、酢のさわやかな酸味が絡み合った酢胡椒。餃子の旨みを見事に引き立ててくれる味となっているので、酢胡椒の虜になる人もたくさんいるのだ。酢醤油と餃子という鉄板の組み合わせに飽きてしまったという人は、ぜひ一度試してみてほしい。
ちなみに、酢醤油にラー油をプラスして餃子を食べる人も多いが、酢胡椒とラー油の組み合わせも相性バツグンである。胡椒の辛さだけでは物足りないという場合は、ラー油を加えてみるのもおすすめだ。

2. 酢胡椒は身体によい調味料!?

味が美味しいと話題の酢胡椒だが、メリットはそれだけではない。実は酢や胡椒には、身体によい影響を与えてくれるさまざまな成分が含まれているのだ。具体的にどのような成分が含まれているのか、以下の項目で詳しく解説していこう。

酢にはどんな成分が含まれている?

酢には酢酸という成分が含まれている。酢酸は腸内環境を整えるように促す作用や、内臓脂肪の燃焼を促す作用、人間の身体にとって害となる菌を殺菌する作用があるため、かなり魅力的な調味料といえるだろう。
酢胡椒はもちろん、酢醤油でも酢酸は摂取できるため、餃子を食べる時は酢胡椒や酢醤油をたっぷりとつけて食べるのがおすすめだ。

胡椒にはどんな成分が含まれている?

胡椒には、ピペリン、ペッパーオイルといった辛味や香りの成分が含まれている。この辛味成分を摂取することにより、発汗作用や利尿作用が体内で起こりやすくなるため、体内の毒素の排出に貢献してくれるといっても過言ではないだろう。
また、胡椒に含まれている辛味や香りの成分には、酢ほどの威力ではないが殺菌作用も含まれているため、体内のよくない菌に対して働きかけてくれる。

3. 酢胡椒の作り方や活用方法は?

酢胡椒の作り方は非常に簡単だ。まず、小皿に酢をたっぷりと入れ、そのなかに胡椒をふりかけるだけで完成する。使用する胡椒は、ブラックペッパーが好ましいが、ブラックペッパーがない場合は、ホワイトペッパーを使っても問題ない。また、胡椒をふりかける時は。全体的に色が黒くなるまで、胡椒をたっぷりとかけるのがポイントだ。

餃子以外の食べ物とも相性バツグン!

酢胡椒といえば餃子のタレとして食べる方法が一般的だが、実は餃子以外の食べ物と組み合わせ食べることもできるのだ。
たとえば、千切りにしたキャベツやニンジン、タマネギに酢胡椒をサッとかければ、さっぱりとした野菜サラダとして美味しく食べることができる。
ほかにも、鶏肉のソテーや天ぷらといった料理とも相性がよく、酢胡椒をかけることによって食材の旨みをグッと引き出してくれるため、肉料理や揚げ物料理の味つけに困った時はぜひ酢胡椒を試してみてはいかがだろうか。
ちなみに、これらの料理は酢醤油とも相性がよいため、酢醤油と酢胡椒の両方を用意して、食べ比べするのもおすすめである。

結論

餃子を食べる時の調味料としてだけでなく、さまざま料理の味つけに使うことができる酢胡椒。魅力的な成分も含まれているため、味の向上だけでなく、健康目的で酢胡椒を使う人も多いのではないだろうか。酢醤油にはない特徴や魅力を兼ね備えた注目の調味料なので、気になった人はぜひ酢醤油を試してみてほしい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ