このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
アラビアータ牛丼ってどんな料理?自宅でも試せる作り方を紹介

アラビアータ牛丼ってどんな料理?自宅でも試せる作り方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2021年1月 7日

アラビアータは、唐辛子の効いたトマトソースのパスタである。そのアラビアータソースを使って、なんと牛丼にアレンジした変わった料理があるという。その名も「アラビアータ牛丼」だ。一体どのような料理なのか解説するとともに、作り方も紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. アラビアータ牛丼ってどんなもの?

アラビアータと牛丼って合うの?というのが、多くの人の疑問ではないだろうか。しかし、アラビアータの辛みとトマトの風味と、甘辛い牛丼のコラボレーションは、意外にもクセになる美味しさだという。

アラビアータ牛丼は牛丼チェーン店のメニューにも

牛丼チェーン店すき家では、「なすアラビアータ牛丼」「クリームチーズアラビアータ牛丼」という商品が販売されていたことがある。いずれも過去の期間限定メニューだが、販売期間には人気を集めていた。

なすアラビアータ牛丼とは

牛丼に、玉ねぎやにんにくをたっぷり使ったアラビアータソースと、素揚げしたなすをトッピングしたもの。アラビアータソースの酸味や辛みに、牛肉の旨みとなすの甘みがマッチしている。シンプルな牛丼に夏野菜の美味しさが組み合わさった一品だ。
アラビアータは洋風の料理だが、牛丼はしっかりつゆの味がしみた和風の味である。見た目はトマトソースの主張が強い洋風な料理だが、味はあくまで和風の牛丼をベースにアレンジしたものといえるだろう。

クリームチーズアラビアータ牛丼とは

牛丼にアラビアータソースとクリームチーズ、モッツァレラチーズをトッピングしたもの。角切りのクリームチーズがたっぷりとかかっているのが特徴的だ。モッツァレラチーズはシュレッドタイプのものがとろけている。
濃厚で酸味のあるチーズは、トマトとの相性もバツグン。チーズとトマトという鉄板コンビを甘辛い牛丼と組み合わせることで、まろやかさと酸味、甘み、辛みなどを一度に楽しむことができる。

2. なすアラビアータ牛丼を作ってみよう

アラビアータ牛丼は、自宅でも手作りすることができる。まずは、なすアラビアータ牛丼の作り方を紹介しよう。

牛丼の具の作り方

牛薄切り肉を食べやすい大きさに切り、玉ねぎは薄切りにする。牛肉、玉ねぎをサラダ油で炒め、出汁、醤油、みりん、砂糖、酒を加えて煮る。アクを取り除き落としぶたをして、さらに煮込む。

なすを素揚げにする

なすは一口大の乱切りにして、180~200℃の油で揚げる。表面が色づくまで揚げよう。

アラビアータソースの作り方

市販のアラビアータソースを使えばより簡単だが、ソースの作り方もチェックしておこう。みじん切りにしたにんにくと赤唐辛子をオリーブオイルで煮るように炒め、トマト缶を加えて煮込む。すき家風にするには、刻んだ玉ねぎやセロリを加えて煮込むとよい。好みで塩を加えて調味しよう。

盛り付け

丼にごはんをよそい、牛丼の具をつゆごとかける。アラビアータソースと素揚げしたなすをトッピングしたら完成。

3. クリームチーズアラビアータ牛丼を作ってみよう

なすアラビアータ牛丼のアレンジバージョンとして、クリームチーズアラビアータ牛丼も簡単に作れる。クリームチーズとシュレッドタイプのモッツァレラチーズを用意して、作ってみよう。

牛丼の具、アラビアータソースを用意する

チーズはトッピングする直前まで冷やしておくため、まずは牛丼の具を作りアラビアータソースを用意しておこう。

クリームチーズをカット

アラビアータ牛丼の準備ができたら、クリームチーズを角切りにする。1~2cm角くらいの好みの大きさにカットしよう。温度が上がると柔らかくなり切りにくいため、切る直前まで冷蔵庫に入れておき、包丁も冷やしておくとよい。

アラビアータ牛丼にチーズをトッピング

牛丼にアラビアータソースをかけ、熱々のうちにモッツァレラチーズを散らそう。ソースの温度でチーズがとろける。さらに全体にクリームチーズをトッピングしたら完成。

結論

アラビアータと牛丼という変わった組み合わせだが、牛肉とトマトの相性がよいため、違和感なく食べられる。なすやクリームチーズだけでなく、好みの具材をトッピングしてアレンジしても楽しそうだ。自宅でもぜひ試してみてほしい。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年1月 7日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ