このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
らっきょうが余ったときのアレンジ方法は?料理に活かして消費しよう

らっきょうが余ったときのアレンジ方法は?料理に活かして消費しよう

投稿者:ライター 玉木綾香(たまきあやか)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

2021年1月15日

甘酢漬けや塩漬けなどさまざまな漬け方ができる「らっきょう」。漬物のままでも美味しく食べられるらっきょうだが、なかなか消費しきれず余っている人も多いのではないだろうか。今回は、甘酢らっきょうを使った料理アレンジやらっきょうを使ったおつまみなどを紹介する。後半では、らっきょう漬け自体のアレンジも取り上げているのでぜひ参考にしてみてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. リメイクして消費!甘酢らっきょうのアレンジ

甘酢らっきょうを消費できるアレンジ方法を見てみよう。

らっきょう入りチャーハン

チャーハンにらっきょうを加えるだけの簡単アレンジ。らっきょうが加わることで、カリッとした食感がアクセントになる。大きめにカットにすると、よりらっきょうの食感が楽しめるのでおすすめだ。また、古いらっきょうの使い道としてもチャーハンはおすすめである。細かく刻んでチャーハンに加えれば、古くなったらっきょう漬けを消費できるだけでなく、味もなじみやすいので子どもも食べやすいだろう。

甘酢らっきょうと豚肉の炒め物

醤油と酒で軽く炒めた豚肉と甘酢らっきょうの酸味のバランスが絶妙なアレンジ。らっきょうの食感と酸味を活かすため、らっきょうは火を止めてから入れるのがポイントだ。薄切りのらっきょうがたくさん入ることで、さわやかな味わいの食べやすいメニューとなる。

2. らっきょうを人気おつまみにアレンジ

らっきょう漬けをそのまま食べるのもよいが、たまにはアレンジをして晩酌をランクアップさせるのはいかがだろうか。らっきょうを使った人気のアレンジおつまみを2つ紹介しよう。

アジのらっきょう酢味噌和え

アジの刺身と甘酢らっきょう、きゅうりを味噌で合わせたアレンジだ。らっきょうの漬け汁を加えることで、らっきょうの風味がしっかりついた酢味噌に仕上げることができる。らっきょうの味を存分に楽しめる一品だ。

らっきょうとトマトのマリネ

酒のおつまみとして、みんなが大好きなマリネ。魚や野菜などさまざまなマリネがあるが、らっきょうを使ったマリネも絶品だ。らっきょうとトマトを合わせるだけのシンプルなアレンジで、手軽に作れるのもうれしいポイント。甘酢らっきょうや塩漬けのらっきょうなど、さまざまならっきょうを使ってアレンジをすることができる。それぞれの味の変化を楽しんでみてはいかがだろうか。

3. らっきょうが苦手な人におすすめのアレンジ

ここでは、らっきょうが苦手な人でも食べやすくなるアレンジ方法を紹介する。

らっきょうのタルタルソース

基本的にたまねぎを使用するタルタルソースだが、こちらはたまねぎではなく、らっきょうを活用したアレンジ方法。通常のタルタルソースに比べて辛味がマイルドになるうえに、ソース自体の味がしっかりしているため、らっきょうが苦手な人でも食べやすくなる。フライや南蛮漬けなど多種多様に活用できるのでおすすめだ。

黒酢らっきょう入り酢豚

この酢豚は、らっきょうをみじん切りにすることによって酢豚の濃いめの味が絡みやすくなり、らっきょうが苦手な人でも食べやすくなるアレンジ料理だ。また、調味料にも黒酢を使用しているため、一般的な酢豚よりもまろやかな味わいになる。

4. らっきょう漬けの味を自分好みにアレンジ

らっきょうは、独特な香りや辛味を和らげるため甘酢漬けにすることが多いが、ほかにもさまざまなアレンジ方法がある。たとえば、らっきょうの黒酢漬けやバルサミコ酢漬け。黒酢は玄米やもち米、バルサミコ酢はぶどうの果実と、それぞれ原料が違うため風味を変えて味わうことが可能だ。
そのほか、塩らっきょうの赤ワイン漬けは、果実の風味がするフルーティーな仕上がりになり、少し大人な味わいになる。このように、漬ける原液によってらっきょうの味を自分好みにアレンジできるのだ。お気に入りのらっきょうを活用して、さらにアレンジの幅を広げてみよう。

結論

料理に使うことで味や食感のアクセントを加えられる「らっきょう」。らっきょうが好きな人はもちろん、香りや辛みが苦手な人でも、アレンジすることで食べやすくなるだろう。自宅で余っているらっきょうを使って、さまざまなアレンジ方法に挑戦してみてはいかがだろうか。
この記事もCheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ