このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
メロンパンのクッキー生地やメロンパン風クッキーの作り方を紹介

メロンパンのクッキー生地やメロンパン風クッキーの作り方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

2021年2月11日

今回紹介するのはカリカリ、サクサクとした食感が楽しめるメロンパンのクッキー生地の作り方だ。冷凍できる美味しいクッキー生地の作り方や、失敗しないクッキー生地の作り方のコツ、まるでメロンパンのようなクッキーの作り方の3つを紹介しよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 冷凍もできる!美味しいメロンパンのクッキー生地の作り方

カリカリ、サクサクとしたクッキー生地の香ばしさがくせになる美味しさのメロンパン。表面のクッキー生地とパン生地の2種類を合わせて作るのが特徴のひとつだ。ここでは冷凍保存できるメロンパンのクッキー生地の作り方について紹介しよう。まず下準備としてバターは常温に戻しておき、オーブンの天板にオーブンシートを敷いておく。ボウルにバターを入れ、ホイッパーでまんべんなく混ぜて均一な固さにし、グラニュー糖を2~3回に分けて加え、その都度混ぜる。
次に溶き卵を一気に加えて混ぜ、薄力粉を2回に分けてふるい入れ、ゴムべらで混ぜる。粉気がなくなるまで混ぜたら、手でこね、ひとつにまとめる。ボウルから取り出し、20~25cmくらいの棒状に伸ばして2cmほどの長さにカットする。クッキー生地をラップで包み冷蔵庫で1時間ほど寝かせる。すぐに焼かないときは冷凍保存しておくとよい。
寝かせたクッキー生地を麺棒などで円形に伸ばし、丸めたパン生地にかぶせて丸く形を整える。表面にグラニュー糖をまぶし、付けた面を上にしてオーブンシートを敷いた天板に並べ、包丁やナイフで格子模様を入れる。
パンにの乗せずにクッキー生地だけを焼いても美味しい。ガスオーブンの場合は180℃で8分、電気オーブンの場合は190℃で8分ほど焼けばクッキー生地だけで作るメロンパンの完成だ。

2. 失敗しない!メロンパンのクッキー生地の作り方のコツ

次に失敗しないメロンパンのクッキー生地の作り方のコツを紹介しよう。メロンパンのクッキー生地を作るときに割れることがあるようだ。割れてしまう原因はクッキー生地が冷たすぎるから。冷蔵庫から取り出したら少し常温に戻して、パン生地に包むとよい。また包む前に軽く生地を練ると、伸びやすくなるので割れにくくなり、模様も付けやすくなる。
メロンパンのクッキー生地を作るときにベタベタしたり、生地が温まりだれたりすることがあるようだ。ベタベタやだれるのを防ぐ方法は、前日に作っておいたクッキー生地を使用するとよい。また中には表面に格子模様を入れることができないケースもあるようだ。格子模様を入れるコツはクッキー生地に包丁やナイフで強めに跡を付けること。強めに跡を付けると、焼きあがり後もしっかりと模様を残せる。

3. まるでメロンパンのようなクッキーの作り方

最後にまるで小さいメロンパンのような見ためのクッキーの作り方を紹介しよう。今回はホットケーキミックスを使用して、簡単に作れるメロンパン風クッキーの作り方を紹介する。下準備として無塩バターは溶かしておき、オーブンの天板にオーブンシートを敷き、オーブンは180~190℃に予熱しておく。ボウルにホットケーキミックスとバター、溶き卵を入れ、ゴムべらで混ぜ合わせる。
材料がしっかりとなじんだら好みでチョコチップを加え、手でこねてひとまとめにする。食べやすい大きさに等分して丸め、1cmくらいに平たくつぶして天板にのせる。包丁やナイフで表面に格子模様を入れ、表面にグラニュー糖をかけて180℃のオーブンで10分ほど焼けばメロンパン風クッキーの完成だ。メロンパンのようにふわふわとした食感がクセになる美味しさで、ちょっとした手土産にもおすすめ。

結論

クッキー生地だけを焼いて食べても美味しいメロンパン。好きすぎて皮だけをはがして食べたことがある人もいるかもしれない。行儀がよいとはいえないが、その気持ちが痛いほどわかるという人もいるだろう。どこかなつかしいメロンパンのクッキー生地のみを、おやつに焼いて食べるのもおすすめだ。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年2月11日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ