このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
バナナカップケーキをくるみや米粉でアレンジ!素朴な味が美味しい!

バナナカップケーキをくるみや米粉でアレンジ!素朴な味が美味しい!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2021年2月11日

甘い果物はスイーツにもよく使われる。なかでも1年を通して流通しているバナナは使われることが多く、さまざまなスイーツで見かける。いろいろなバナナスイーツがあるが、ここではバナナカップケーキに焦点を絞っていく。少し材料をアレンジするだけでバナナカップケーキの印象は大きく変わるため、いつもと違うバナナカップケーキを作りたいときの参考にしてほしい。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. くるみ入り!ザクザク楽しいバナナカップケーキ

カップケーキにバナナを入れるだけでもバナナ特有の香りと甘さ、食感が楽しめるため十分だが、ここではくるみをプラスしたバナナカップケーキを紹介する。くるみはバナナとセットで使われることが多く、くるみの香ばしさとバナナの甘みの組み合わせは鉄板ともいえる。また、くるみが加わることで食感にも変化が出るため飽きずに食べることができる。

必要な材料は?

薄力粉とベーキングパウダー、砂糖、卵、溶かしバター、バナナ、くるみの7つが基本的な材料だ。砂糖の代わりにはちみつを使うと優しい甘みを味わえる。くるみは市販の殻がむいてあるもので構わない。

くるみ入りバナナカップケーキの作り方

くるみはそのまま刻んで使ってもよいのだが、香ばしさをさらに出したいならオーブンやフライパンでローストしておこう。バナナは皮をむいたら手やフォークで潰しておき、生地に混ぜやすい状態にしておく。バナナの存在感を出したい場合は一部を輪切りにしてカップケーキの表面にトッピングしよう。材料の準備ができたら、まずはボウルに卵と砂糖を入れ泡立て器でしっかりと混ぜ合わせる。溶かしバターと潰したバナナを加えたらさらに混ぜ合わせる。
薄力粉とベーキングパウダーをふるいながらボウルに加える。粉っぽさがなくなるまでゴムベラでサックリと混ぜ合わせたら最後にくるみを加えて軽く混ぜる。カップに生地を入れたら180℃に予熱しておいたオーブンで20~25分ほど焼く。ちなみに、輪切りのバナナをトッピングする場合は焼く前にトッピングしよう。竹串を刺して中まで焼けているのが確認できたら完成だ。

2. もちもち米粉のバナナカップケーキ

ケーキといえば小麦粉(薄力粉)を使うのが一般的だ。しかし、最近は米粉スイーツが注目を浴びている。ここでは米粉を使ったバナナカップケーキの作り方を紹介する。

米粉の選び方

米粉はスーパーでも売られているのだが、実は米粉は用途に応じて選ぶものが変わる。料理でも使える米粉もあれば製菓用、製パン用といったように用途が限られている米粉があるからだ。幅広く使えるものを選んだほうが使い勝手はよいのだが、カップケーキ作り用に購入するのであれば製菓用を選ぶようにしよう。

米粉以外の材料はどうする?

薄力粉を米粉に置き換えるだけでも美味しい米粉のバナナカップケーキを作れる。しかし、米粉以外の材料も和風テイストの材料に置き換えればまた違った味わいを楽しめるため、せっかくならそのほかの材料もアレンジしてみよう。
たとえば牛乳の代わりに豆乳を、砂糖の代わりにきび砂糖を、バターの代わりに菜種油を使えば素朴な味わいのバナナカップケーキになる。バナナの優しい甘みとも相性バツグンだ。

米粉のバナナカップケーキの作り方

まず米粉とベーキングパウダー、きび砂糖などの粉類を混ぜ合わせる。ボウルに入れて混ぜ合わせてもよいが、袋に入れて混ぜ合わせると簡単だ。次に豆乳と菜種油をボウルに入れ混ぜ合わせる。そこに混ぜておいた粉類を加えて泡立て器で混ぜ合わせる。米粉にグルテンが含まれていないため、泡立て器で混ぜても塊にならない。
しっかりと混ぜたほうがふっくらと仕上がるため、粉類を加えたあとはよく混ぜ合わせるようにしよう。最後に潰したバナナを加えて混ぜれば生地の完成だ。カップに入れ、180℃に予熱しておいたオーブンで20分ほど焼けば完成だ。

3. 子どものおやつに!ホットケーキミックスで作るバナナカップケーキ

おやつとしてパパッとバナナカップケーキを作りたいときはホットケーキミックスを使おう。ホットケーキミックスは薄力粉とベーキングパウダーの2つの役割を担うため、粉の計量の手間が省けるというメリットもある。時短にもなるため忙しいときこそホットケーキミックスでバナナカップケーキを作ろう。

ホットケーキミックス以外に必要な材料は4つ!

バナナとサラダ油、卵、砂糖、そしてホットケーキミックスがあればバナナカップケーキを作ることができる。サラダ油の代わりにバターを使うこともあるが、溶かしたり練ったりと手間がかかるため、簡単に作りたいときはサラダ油がおすすめだ。サラダ油の種類はとくに決まりはなく、普段の料理で使っているもので構わない。

ホットケーキミックスで作ってみよう

バナナはフォークなどで潰しておく。ボウルに卵を割り入れたらサラダ油と砂糖を加えてしっかりと混ぜる。そこにホットケーキミックスとバナナを加えてさらに混ぜ合わせる。ホットケーキミックスはダマになりにくいため、ふるいながら入れる必要はない。
また、混ぜるときも泡立て器のままで構わない。粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせたら生地をカップに入れる。バナナが残っていれば輪切りにしてトッピングしてもよい。170~180℃に予熱しておいたオーブンで20~25分ほど焼いたら完成だ。

結論

バナナの優しい甘みと香りはカップケーキと相性バツグンだ。アレンジもしやすく、くるみを加えればくるみの香ばしさとバナナの優しい甘みの両方を贅沢に味わえる。また、米粉で作るバナナカップケーキもおすすめだ。米粉のほかに豆乳やきび砂糖などを使えば素朴ながら優しい味わいのバナナカップケーキが楽しめる。ホットケーキミックスを使えばさらに簡単に作れるため、普段のおやつにバナナカップケーキを取り入れてみよう。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年2月11日

  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ