このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
三色丼には何を合わせる?気になる献立アイデアを見てみよう

三色丼には何を合わせる?気になる献立アイデアを見てみよう

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2021年2月19日

三色丼は、鶏そぼろに炒り卵、ほうれん草と彩りが鮮やか。簡単に作れる丼料理として人気があり、夕飯の献立や弁当とさまざまな場面で活躍してくれるレシピでもある。そんな三色丼を作った際のシチュエーション別の献立アイデアを見てみよう。

  

1. 夕飯におすすめの三色丼の献立例

彩りもよくボリューム満点な三色丼は夕飯の献立としても人気がある。そんな三色丼をメインとした夕飯の献立のアイデアを紹介しよう。

三色丼に合わせたい副菜

三色丼を作った際の副菜は、さっぱりとした和え物やおひたしを合わせるのもいいだろう。ほかにもサラダのように野菜を使った副菜を合わせることで、栄養バランスのいい三色丼の献立にすることができるのだ。

三色丼に合わせたいスープ

三色丼を作ったらやはり汁物はぜひ作りたい献立メニューだ。そんな汁物も定番の味噌汁以外にもさまざまなタイプのスープを合わせることができる。コンソメスープや春雨スープなど、野菜をしっかり摂取できるシンプルな味付けのスープもおすすめだ。さらにボリュームがほしい場合は、肉団子スープを合わせてみるのもいいだろう。具材にボリュームのある汁物を合わせることで、三色丼の献立をより豪華にしてくれる。

2. 弁当におすすめの三色丼の献立例

三色丼は、弁当にも人気のメニューだ。簡単に作れて彩りもよく、まさに弁当にピッタリなメニューといえるのだ。そんな三色丼を弁当に入れた際に、ほかのおかずはどうしようか悩みがちだ。そんなときに参考にしてもらいたい、弁当献立のアイデアをいくつか紹介しよう。

かぼちゃの煮物

彩りのよい弁当の献立を考えたときに黄色を使うことが多い。卵焼きを入れることが多いが、三色丼に卵を使っているので、ほかの食材で黄色を補いたい。そんなときはかぼちゃの煮物がおすすめだ。かぼちゃの煮物は作り置きおかずとしても人気。前日から作っておけば弁当箱に詰めるだけなので、時短で弁当を作ることができる。

じゃがいものガーリックソテー

子どもも大好きでボリュームのある献立にするのなら、じゃがいものガーリックソテーがおすすめだ。揚げたじゃがいもをベーコンとにんにくで炒めて作るメニューである。ボリュームもあり冷めても美味しいので、弁当にピッタリの一品になるだろう。

ベーコンのアスパラ巻き

簡単でボリュームのあるおかずとして人気なのが、ベーコンのアスパラ巻きだ。作り方もシンプルで、アスパラをベーコンに巻いてフライパンで焼くだけだ。アスパラに火が通りにくい場合は、アスパラを下茹でしてからベーコンに巻くと短時間で火が通る。

3. 離乳食におすすめの三色丼の献立例

三色丼は離乳食の完了期頃から食べられる。鶏そぼろに卵、ほうれん草など栄養のバランスもよく、食材もそれぞれ細かいので小さい赤ちゃんでも食べやすいのだ。そんな三色丼を離乳食に取り入れたときのおすすめ献立を見てみよう。

味噌汁

簡単に作れる味噌汁も三色丼に合わせたい離乳食献立の1つだ。味噌汁の具材は自宅の冷蔵庫にあるもので大丈夫なので、それぞれの月齢に合わせて具材の大きさを細かく切ってあげよう。味噌汁は野菜も摂取しやすく、水分も取れるので三色丼に合わせたい献立なのだ。

煮物

煮物も離乳食に欠かせないメニューの1つだ。しっかりと煮込むことでや食材も柔らかくなるので、離乳食として赤ちゃんでも食べやすい。そんな煮物を三色丼に合わせることで、さまざまな野菜を摂取できるので、おすすめだ。

結論

三色丼は家族の夕食から弁当、さらには離乳食まで大活躍するメニューだ。そんな三色丼を作ったときは、野菜を多く使った献立を組み合わせることで、ヘルシーでバランスのよい食事にすることができるだろう。基本的には、副菜とスープなどの汁物を組み合わせることで、バランスのよい献立になる。副菜は作り置きできるメニューにしておくと、より手軽に三色丼の献立を作ることができるだろう。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年2月19日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ