このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
三色丼に欠かせない卵そぼろ!卵がない時は何を代用する?

三色丼に欠かせない卵そぼろ!卵がない時は何を代用する?

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2021年2月17日

三色丼に欠かせないのが卵そぼろだ。そんな卵そぼろの美味しい作り方や、卵がないときに使いたい三色丼の黄色の代用アイデアを紹介しよう。卵そぼろはコツをおさえることで、より食感のよい美味しい仕上がりになるので、そのポイントも知っておこう。

  

1. 三色丼の卵そぼろの作り方

三色丼に使う卵そぼろは、砂糖を加えてほんのり甘めに仕上げるのがおすすめだ。基本的な三色丼の卵そぼろの作り方と美味しく作るコツを紹介しよう。

卵そぼろの作り方

鍋に卵と砂糖、塩、酒を加えて箸で混ぜ合わせる。その際に、卵白を切るようなイメージで混ぜると全体がよく混ざるだろう。あとは弱火でしっかりかき混ぜながら卵を炒めていく。この際に箸を4~5本使うとより細かく混ぜやすい。鍋の淵は卵が固まりやすいので、全体をまんべんなく混ぜよう。あとは、皿に取り上げて完成だ。

美味しく作るコツ

卵そぼろを作る際は、とにかく細かく混ぜながら火を通すことだ。鮮やかな黄色に仕上げるためにも、卵白がしっかり混ざるように仕上げよう。卵そぼろを作る際、片手鍋を使うとより細かい卵そぼろが作りやすく、大きいフライパンを使うと大きめの卵そぼろになる。三色丼の卵そぼろは人によって、好みの固さや大きさが異なる。自分の好みに合わせて作り方を調整してみてもらいたい。

2. レンジで簡単な三色丼の卵そぼろ

三色丼の卵そぼろは電子レンジでも簡単に作ることができる。上手にパラパラに作るにはポイントがあるので、紹介していこう。

電子レンジでの作り方

耐熱容器に溶いた卵と調味料を入れて混ぜたら、ラップをふんわりとかけて1分ほど加熱する。一度取り出してよくかき混ぜたら、さらに1分ほど加熱して、三色丼のそぼろのように混ぜ合わせたら完成だ。

加熱時間によって卵の固さを変える

電子レンジの加熱時間は卵の固まり具合を見て調整するといいだろう。半熟に仕上げたい場合は加熱を短くし、固めにしたい場合は長めに加熱することで、自分好みの卵そぼろが完成する。いきなり長時間加熱すると危険なので、少しずつ時間を追加していくと安全に電子レンジで三色丼の卵そぼろを作ることができるだろう。

3. 三色丼の卵の代わりになる食材

三色丼には、欠かせない存在である卵。しかし、自宅に卵がない場合やアレルギーで卵が食べられない場合は、ほかの食材で代用するのがおすすめだ。三色丼の卵の代わりになるおすすめ食材を紹介しよう。

コーン

同じ黄色で手軽に使えるのが、コーンだ。缶詰や冷凍品など自宅に常備されていることも多いので、卵がない場合の代用として使用しやすい。コーンはほんのり甘いので、卵の代わりにしても違和感もない。さらに子どもの場合はより楽しく三色丼を食べてくれる食材でもある。

かぼちゃ

同じ黄色の食材であるかぼちゃも卵の代用として活用できる。かぼちゃを卵そぼろの代わりに使う場合は、茹でたかぼちゃをボウルに入れ、豆腐を加えてよく混ぜ合わせる。フライパンで醤油や砂糖とともに炒めることで、より卵そぼろに近い見た目になる。

たくあん

卵の代わりにたくあんを使用するのもいいだろう。たくあんの場合は、食感は卵そぼろとまったく違うが、たくあんのパリパリ感と味わいが三色丼のアクセントになり、いつもとは違った三色丼が楽しめる。もともとたくあんはごはんのおともとして人気があり、食欲をそそってくれる漬物だ。ほかの食材やごはんとも相性がよく、新たな三色丼として楽しむことができるのだ。

結論

三色丼には欠かせない卵そぼろは作り方によって、卵の固さや大きさを調整することができる。また、卵がない場合もほかの食材を活用することで三色丼の黄色を補うことができる。卵以外の食材を使うことで、また違った味わいの三色丼が楽しめるので、いろいろとアレンジしてみるのもいいだろう。弁当で三色丼を作る際も食材を変えたりレンジを使ったりしてより時短で作るのもおすすめだ。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年2月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ