このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
バナナウユって何?ブームの理由や美味しい作り方を紹介

バナナウユって何?ブームの理由や美味しい作り方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2021年2月27日

バナナウユをご存知だろうか?韓国通やこれまで韓国旅行の経験のある人にとっては、なじみのある商品かもしれないが、それ以外の人にとっては、日本では、まだまだなじみの薄い商品になるだろう。しかし、韓国では、45年以上前に爆発的なブームを巻き起こした商品でもあり、そのブームはいまだ衰えを知らない。バナナウユについてこれから詳しくお伝えしよう。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. バナナウユとは

バナナウユは、バナナ牛乳のことで、韓国の人々に愛されている国民的ドリンクだ。ウユは、韓国語で牛乳を意味する言葉。バナナウユは、1974年に発売され、発売されるや否や瞬く間に大ブームとなった。それ以来、ブームは衰えることもなく、現在にいたるまで、子どもから大人まで幅広い世代に愛されている大ロングセラー商品でもある。
韓国のコンビニやスーパーでは、当たり前のようにバナナウユが置かれている。バナナウユは、韓国旅行のお土産の定番として、日本から旅行に来る人々の間でも人気だ。
日本にも、バナナオーレやバナナ牛乳など、牛乳にバナナのフレーバーを加えた乳飲料があるが、韓国の人々にとって、バナナウユはそれとほぼ同じ位置づけになる。

2. バナナウユはなぜブームになったのか?

そもそもバナナウユは、韓国の人々の牛乳嫌いを解消する秘策として考案された飲み物だったようだ。バナナウユが発売された当時、韓国の人々にとって、牛乳はなじみが薄く敬遠され、牛乳の消費が伸び悩んでいたようだ。
準完全栄養食品といわれるほど栄養豊富な牛乳を、国民の健康のために飲んでもらおうと考え、当時高級果物だったバナナと牛乳を組み合わせたバナナウユを登場させた。そうすることで、多くの国民の心を捉えることに大成功したようだ。
それまで毛嫌いしていた牛乳が甘くて飲みやすくなったこと、庶民にとって手の届きにくい高級果物であるバナナを手頃な価格で味わえること、パッケージの見た目が愛らしいこと。これらはすべてバナナウユが爆発的ブームになった大きな要因だと考えられている。
さらに、バナナウユが、韓国ドラマにしばしば登場することや、バナナウユのコマーシャルには、つねに旬といえる韓国の人気スターが起用されることも、衰えを知らないブームの後押しになっているようだ。
1980年代には、バナナウユは、韓国の銭湯にも置かれていて、風呂上がりの特別な飲み物として、多くの子どもたちにとっての楽しみでもあったようだ。

3. バナナウユを再現する方法は?

現在、韓国では、バナナウユは、多数のメーカーにより販売されているようだ。作り方も各メーカーによって異なっているが、元祖といえるメーカーのバナナウユは、牛乳にバナナの果汁や香料を加えて作られているようだ。
日本では、本家本元のバナナウユは、入手困難なので、本家の味を再現する作り方を紹介しよう。ネット上では、数多くの作り方が紹介されているが、その中から、最も簡単かつ最も本家のバナナウユに近づける作り方を紹介する。
バナナやバナナ果汁を使用しない作り方だが、味はそっくりと評判なようだ。
材料は、卵黄1個、牛乳200ml、砂糖適宜。
作り方は、卵黄をよく溶きほぐし、それを牛乳に加えてよく混ぜる。あとは、好みの量の砂糖を加えるだけ、と、とても簡単だ。砂糖は、なるべく多目に入れたほうが再現度が高くなるようだ。ぜひ一度試してみてほしい。

結論

バナナウユがいったいどんなものか?なぜこれほどまでにブームになったのか?バナナウユの作り方などについてお伝えした。興味を持った人は、とても簡単に作ることができるので、自宅でバナナウユ作りにぜひチャレンジしてほしい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年2月27日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ