このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
アフォガードとはどんなスイーツ?イタリア語の意味は【溺れる】?

アフォガードとはどんなスイーツ?イタリア語の意味は【溺れる】?

投稿者:管理栄養士 戸田綾子(とだあやこ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

2021年3月18日

アフォガードとはいったいどのような意味だろうか?言葉は聞いたことがあるけれど、詳しくは分からないという人が多いことだろう。ここでは、アフォガードの意味からはじまり、どのような食べ物かを伝えていき、さらにアフォガードの実際の作り方まで紹介していく。これを機に、アフォガードについて多くの人に知ってもらえたら幸いである。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. アフォガードとはイタリア語で「溺れた」の意味

まずは、アフォガードの基本的なことについて紹介していく。

アフォガード(英語)は何語?

アフォガードはイタリア語であり、英語表記にすると「affogato」と記すことになる。

正しいのはアフォガード?アフォガート?どっち?

上記に記した「affogato」のスペルを見るとわかるとおり、語尾の2文字が「do」ではなく「to」となっていることから、正式には「アフォガート」である。しかし日本では「アフォガード」と呼ばれることが定着していることから、ここでも「アフォガード」と記していくことにする。

アフォガードの言葉の意味とは

アフォガードとは、イタリア語で「溺れた」を意味する言葉である。

アフォガードとはどのような食べ物を示しているのか

アフォガードとは、冷たいバニラアイスに熱したエスプレッソコーヒーをかけて食べるイタリア伝統のデザートである。冷温や苦みと甘みといった、バニラアイスとエスプレッソコーヒーの対比するテクスチャーが楽しめるのも特徴である。

2. カフェのコーヒーアフォガードとは

カフェのメニューに載っている、コーヒーアフォガードについて紹介していく。

カフェのコーヒーアフォガードとはどんな食べ物?

基本的なコーヒーアフォガードとは、バニラアイスの上からエスプレッソコーヒーをかけたものになるが、店によってさまざまなアレンジがあるようだ。バニラアイスの上から熱々のエスプレッソコーヒーをかけることで、時間が進むごとにバニラアイスが溶けていくので食べ進めながら味の変化を楽しんでもらいたい。

コーヒーアフォガードのカロリーとは

バニラアイスの種類による脂肪分の量によって多少の違いはあるが、コーヒーアフォガード100gあたり約100kcalが平均値である。エスプレッソコーヒーにはほとんどカロリーがないので、カロリー控えめのデザートといえるだろう。

スターバックスのアフォガードについて紹介

スターバックスのクラシックアフォガート7は、エスプレッソコーヒーに合うように特別に作られているバニラアイスに熱々のエスプレッソコーヒーをかけた、濃厚でクリーミーな味わいが特徴的である。ほかにアレンジメニューとして、エスプレッソ アフォガート フラペチーノなどがある。

3. コーヒーアフォガードの作り方とは

ここでは、コーヒーアフォガードの基本的な作り方から、簡単アレンジ方法まで紹介していく。

コーヒーアフォガードの基本的な作り方

コーヒーアフォガードの作り方は、基本的にはバニラアイスにエスプレッソコーヒーをかけるだけで完成する。家にエスプレッソメーカーがある場合は、ぜひ試してみてもらいたい。バニラアイスが甘いのに対してエスプレッソコーヒーは苦いので、エスプレッソコーヒーの量を調整することで好みの甘みや苦みを作ることができるだろう。

コーヒーアフォガードのアレンジ方法

コーヒーアフォガードのアレンジ方法にはさまざまあるが、たとえばバニラアイスの下にシリアルを敷き詰めてみたり、エスプレッソコーヒーの上からさらにココアパウダーやメープルシロップやハチミツなどをかけてみるのもよいだろう。

アフォガードにかけるもののアレンジを紹介

・インスタントコーヒーアフォガード

インスタントコーヒーを用意して、バニラアイスにかけるだけというとても手軽に作れるアフォガードである。簡単に自分の好みの濃さに調整することもできるので、おすすめしたい。

・抹茶アフォガード

抹茶をたててから、バニラアイスにかけたら完成。スティック状の抹茶パウダーを湯や牛乳で溶かすだけで簡単に作ることができる抹茶も多く販売されているので、ぜひ活用してみてもらいたい。

・ほうじ茶アフォガード

ほうじ茶をバニラアイスにかけるだけで、美味しいほうじ茶アフォガードを作ることができる。ほうじ茶はティーパックのものも多く売られているので、活用してみるとよいだろう。

・甘酒アフォガード

熱々の甘酒をバニラアイスにかける、少し大人のアフォガードである。甘み+甘みの組み合わせは、甘党の人にはたまらない美味しさだろう。健康にもよいといわれている甘酒は、デザート業界でも活躍することだろう。

・チーズアフォガード

温めた牛乳に好みのチーズ(マスカルポーネチーズやクリームチーズなど)を溶かして、バニラアイスにかけて作る。チーズとアイスの組み合わせは、チーズ好きの人にはたまらない美味しさであろう。

結論

本記事では、アフォガードについて詳しく紹介してきた。店でいただくアフォガードはもちろんのこと、自宅での作り方やアレンジまでさまざま取り上げてきた。おそらく、アフォガードを思っていたよりも身近に感じることができたのではないだろうか。ぜひ、これを機にいろいろなアフォガードを試してもらい、自分好みのものを見つけ出してもらいたい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年3月18日

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ