このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
かまぼこはどんな料理に向いてる?お弁当のおかずやメイン料理を紹介

かまぼこはどんな料理に向いてる?お弁当のおかずやメイン料理を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2021年3月23日

ワサビ醤油や柚子胡椒を付けて食べると美味しいかまぼこ。スライスしてそのまま食べても美味しいが、料理に活用するとなるとなかなか難しい。余ったかまぼこをお弁当のおかずにアレンジしたい人も多いだろう。そこで今回は、かまぼこを使って作るメイン料理やお弁当のおかずを紹介したい。ちょっと意外なアレンジ料理も紹介するので、ぜひ参考にしてみてほしい。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. お弁当のおかずにしても美味しい!かまぼこ料理

かまぼこを使った料理はあまりイメージがない人も多いが、チーズやマヨネーズなど相性のよい食材をプラスするだけでアレンジおかずが作れる。

かまぼこのチーズ焼き

厚く切ったかまぼこの中心に切り込みを入れ、中にチーズを入れる。フライパンやトースターで軽く焼けばお弁当にもピッタリなチーズ焼きの完成。大葉を一緒にはさんだり、味噌や七味唐辛子をプラスしたりするのもおすすめ。

かまぼこの卵焼き

小さめのサイコロ状、もしくは千切りにしたかまぼこと溶き卵を合わせる。醤油や出汁などで好みの味を付け、フライパンで焼けば完成。かまぼこ自体に味が付いているため、卵はやや薄味を意識するとよいだろう。ネギなどをプラスすれば、彩りもよくなる。

かまぼこの柚子胡椒炒め

かまぼこを食べやすい大きさに切り、フライパンで軽く炒める。柚子胡椒と醤油で味を付ければ、柚子胡椒炒めの完成。菜の花や小松菜など、葉物野菜をプラスすると彩りも栄養価もアップする。

かまぼこのワサビマヨ和え

カットしたかまぼこにワサビとマヨネーズを和えるだけで完成。きゅうりなど、ほかの食材を組み合わせても美味しい。

2. メイン料理にもなる!かまぼこは万能食材

かまぼこは副菜やおつまみのイメージがあるが、使い方次第ではメイン料理にもなる。ここでは、メイン料理として活躍してくれるアレンジ料理をいくつか紹介しよう。

かまぼこのチーズフライ

スライスしたかまぼこでチーズをはさみ、衣を付けて揚げればチーズフライの完成。かまぼこのふんわり食感と、衣のサクサクが相性バツグン。チーズとかまぼこの塩気でしっかり味があるので、ソースを付けなくても美味しく食べられる。

かまぼこの天ぷら

厚めにスライスしたかまぼこに天ぷらの衣を付け、油で揚げると美味しい天ぷらになる。かまぼこを天ぷらにするのは意外かもしれないが、おかずだけでなくおつまみとしても活躍してくれる。

かまぼこのかき揚げ

小さめにカットしたかまぼことコーン、むいた枝豆などを一緒にかき揚げにすると食感が楽しい天ぷらに仕上がる。かまぼこのふんわり感とコーンのシャキシャキ感、枝豆のホクホク感が相まって美味しい。醤油を付けたり、塩をかけたりと好みの食べ方で試してみよう。

3. かまぼこのアレンジ料理!丼やトーストにしても美味しい!

かまぼこはメイン料理としても活躍してくれる通り、ごはんやパンとも相性がよい。最後はかまぼこを使った意外な丼料理やアレンジトーストを見ていこう。

関西では定番の木の葉丼

関西には、木の葉丼と呼ばれる定番料理がある。木の葉丼はかまぼこを出汁で煮込んで卵でとじた料理で、親子丼に似た味付けの料理だ。作り方は簡単で、食べやすいサイズにカットしたかまぼこを出汁や醤油などで甘辛く煮付ける。最後に卵でとじれば、木の葉丼の完成。少ない材料で作れるので、ササッと夕飯を作りたいときにも便利だろう。アスパラやほうれん草などを加えても美味しい。

かまぼこ×マヨネーズでアレンジトースト

小さめにカットしたかまぼこを食パンにのせ、マヨネーズとチーズをかけて焼けば美味しいトーストの完成。好みで醤油マヨにしたり、ワサビマヨにしたりしてアレンジするのもおすすめ。意外な組み合わせだが、かまぼこ好きな人ならハマる美味しさだ。

結論

かまぼこはそのまま食べるのが定番だが、じつはいろいろな料理にアレンジできる。お弁当のおかずやおつまみはもちろん、メイン料理や丼ものにも活用できるとは驚きだ。余っているかまぼこがある人は、ぜひアレンジ料理を試してみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年3月23日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ