このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ドリップコーヒーの味が格段にアップ!美味しく淹れるコツとは?

ドリップコーヒーの味が格段にアップ!美味しく淹れるコツとは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

鉛筆アイコン 2021年4月11日

ドリップコーヒーは、とても奥の深い飲み物である。同じ豆を使っても、淹れ方によって味わいが大きく異なってくる。しかし、ポイントさえおさえれば、ドリップコーヒーをいつでも美味しく淹れることができる。そこで今回は、ドリップコーヒーを美味しく淹れるポイントについてお伝えしよう。

  

1. ドリップコーヒーとは

ドリップコーヒーとは、その名が示す通り、ドリップ式と呼ばれる方法で抽出したコーヒーのこと。ドリップとは、英語で「滴り落ちる」という意味で、ドリップ式は、コーヒーをセットしたフィルターにお湯を注ぎ、そのお湯の重みによって、コーヒーの成分を抽出する方法になる。抽出されたコーヒーの成分が滴り落ちる様子から、ドリップ式と命名されたようだ。
ドリップコーヒーは、ハンドドリップと呼ばれる手作業で抽出する場合と、コーヒーメーカーを使う場合に大別される。
コーヒーメーカーを使ってドリップコーヒーを作るメリットは、初心者でも手軽に安定した味わいのコーヒーを作ることができる点になるだろう。機種によって多少の違いはあるが、メーカーにコーヒーをセットし、スイッチを押せば、あとはメーカーにお任せするだけでOK。
これに対してハンドドリップは、コーヒーを抽出する際に、自分で好みの味わいに調整することが可能になる点がメリットといえる。ただ、抽出の仕方がよくなければ、いまいちなコーヒーに仕上がってしまうのはデメリットになるだろう。
今回の記事では、ハンドドリップでコーヒーを抽出する場合に美味しく淹れるポイントを紹介する。

2. ハンドドリップでコーヒーを美味しく淹れるポイント

ハンドドリップで使用するフィルターは、主にペーパーとネルに分かれるが、今回は最もポピュラーなペーパーフィルターを使った場合のポイントを紹介する。ただ、美味しく淹れるポイントは、ネルを使った場合もほぼ同じだ。

ドリッパーとサーバーを温める

ドリッパーは、フィルターをセットする道具。サーバーは、ドリップしたコーヒーを受け止める容器。ドリップしたコーヒーの温度を急激に下げないためにも、あらかじめこの2つを温めておこう。

ドリッパーにセットしたペーパーフィルターにコーヒー粉を入れる

ペーパーフィルターは、接着部分を互い違いに折り、ドリッパーとの間にすき間ができないよう密着させる。

コーヒー豆は正確に計量する

美味しく淹れるために外せないポイント。適量をスケールを使って正確に計量しよう。
ペーパードリップの場合は、中細挽きのコーヒーを使用し、1杯分10~12gが適量になる。2杯分は20g、3杯分は25~30g、4杯分は35〜40g。

コーヒーを蒸らす

美味しく淹れるための最重要ポイントになる。1杯分を淹れる場合、20ml程度のお湯を均一に注ぎ、そのまま20秒ほど蒸らす。蒸らしている間に、コーヒーの中に残ったガスが放出され、お湯とコーヒーがよくなじむようになる。

3回に分けてお湯を注ぐ

蒸らし終わったら、お湯を注ぐ。一度に注がずに、最初は80ml、次は40ml、最後は20mlを一応の目安として、3回に分けて注ぐ。お湯は沸騰して少し落ち着いた95℃がベスト。中心から小さな「の」の字を描くように注ぐ。
さらに、注いだお湯がすべて落ちきってしまう前に、次のお湯を注ぐことをポイントとしておさえておこう。最後のお湯を注いだあとは、すべてのコーヒーが落ちきる前にサーバーを外すことで、雑味を取り除くことができる。外せないポイントとしておさえておこう。
あとは、抽出したコーヒーを軽く混ぜ、濃度を均一にすればできあがり。

3. コーヒー豆にもこだわりたい

ドリップコーヒーを美味しく淹れるポイントをマスターできたら、使用するコーヒー豆にもこだわってほしい。
コーヒー豆は、ブレンドとストレートに大別できる。ストレートは、たとえば、ブルーマウンテン、キリマンジャロなど、単一の種類の豆。ブレンドは、いくつかの豆を合わせたもの。ストレートは、味わいに個性があり、好みが分かれる。ブレンドは、いくつかの豆が合わさっている分、味に深みを感じやすい。
さらに焙煎の度合いなどによっても味わいが異なってくる。
もし、お気に入りのコーヒーショップがある場合は、そこのコーヒーの焙煎の度合いや豆の種類、味を基準にすれば、自分の好みのコーヒー豆を選ぶのに役立つ。
コーヒー豆は、時間が経つと、風味が劣化しやすいので、ミルを用意して、豆の状態で購入し、その都度挽いてドリップするという方法もおすすめ。

結論

ドリップコーヒーを美味しく淹れるポイントについてお伝えした。今回お伝えしたポイントは、ドリップコーヒーを淹れる基本でもある。試しにポイントをおさえて、ドリップコーヒーを淹れてみてほしい。格段に美味しくなっていることを実感できるに違いない。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年4月11日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング