このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
揚げ餃子に合う【タレの作り方】を紹介!マンネリ脱出できるタレとは

揚げ餃子に合う【タレの作り方】を紹介!マンネリ脱出できるタレとは

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2021年4月25日

今回紹介するのは揚げ餃子に合うおすすめのタレの作り方だ。酢じょうゆとラー油で味わうことの多い餃子。ほかにもケチャップで作る甘酢系のタレや、子どもに人気のマヨネーズでまろやかな味に仕上げるマヨしょうゆダレ、風味豊かな柚子胡椒ダレなど、いろいろな味で楽しんでみよう。

  

1. 揚げ餃子の定番人気のタレの作り方

カリッと焼いたり茹でたり揚げたり、いろいろな調理法で楽しめる餃子。一般的に焼いて食べることが多いようだが、揚げ餃子で味わっても美味しい。何も付けずにそのまま揚げたてを食べても美味しいが、タレに付けて食べると、ごはんやアルコールがよりすすむだろう。美味しく仕上げるには、食欲をそそる香りのよいごま油を使うのがおすすめ。
まず、ごま油の香りがクセになる揚げ餃子におすすめの人気のタレを紹介する。作り方はボウルに酢・ねりごま・しょうゆ・砂糖・ごま油を入れて混ぜるだけだ。ねりごまの香りが効いており、がっつり食べたいときにおすすめ。次に風味豊かな柚子胡椒ダレを紹介しよう。作り方は簡単で、ボウルにポン酢しょうゆ・柚子胡椒を入れて混ぜ合わせるだけ。とくにビールのおともにぴったりの味付けだ。
次に和えたり、かけたり、焼き餃子以外の料理にも重宝する薬味ソースを紹介しよう。作り方は長ネギとしょうが、にんにくをみじん切りにする。ボウルにみじん切りにした薬味と酢・しょうゆ・砂糖・ごま油・ラー油を入れて混ぜ合わせれば完成だ。ピリッとした大人向けのタレで、好みで白ごまを入れて食感を楽しむのもあり。

2. 揚げ餃子には甘酢系のタレも旨い

次に揚げ餃子と相性のいい甘酢系のタレの作り方を紹介しよう。作り方は鍋に酢・しょうゆ・砂糖・水・片栗粉を入れて、片栗粉がダマにならないようかき混ぜながら、とろみがつくまで加熱する。あとは器に盛り付けた揚げ餃子にかければ完成だ。彩りをよくしたいときは、刻みネギをトッピングするとよい。
次に韓国風の味付けの揚げ餃子のタレを紹介しよう。作り方はボウルにコチュジャン・はちみつ・酢・しょうゆ・ごま油を入れて混ぜ合わせるだけだ。甘辛風味がクセになる美味しさで、ごはんがすすむこと間違いなし。

3. ほかにもいろいろ!揚げ餃子におすすめのタレ

最後にバリエーション豊かな揚げ餃子におすすめのタレを紹介しよう。作り方はボウルにポン酢しょうゆとマヨネーズを入れて混ぜ合わせればよい。あとは器に盛り付けた揚げ餃子にかけ、刻んだネギをトッピングするだけだ。揚げ餃子はもちろん、水餃子にかけて食べても美味しい。
次にザクザクとした食感を楽しめる、旨辛なラー油ダレを紹介しよう。作り方は玉ねぎに塩をまぶしてよくもみ、キッチンペーパーで水気をしぼる。にんにくはみじん切りにする。耐熱容器に玉ねぎとにんにく、砂糖、サラダ油を入れて混ぜる。ラップをかけずに600Wのレンジで4分ほど加熱し、いったん取り出して混ぜ、再び2~3分ほど加熱する。
泡が少なくなり薄く色付き始めたら、レンジから取り出す。余熱を利用してにんにくがきつね色になるまで混ぜたら、豆板醤と塩・ごま油を加えて再び混ぜる。柿の種を袋の上から瓶底などで砕く。食べるときにタレに柿の種を和えれば完成だ。揚げ餃子のみならず唐揚げや豆腐にのせて食べても美味しい。

結論

揚げ餃子のタレの作り方を紹介した。酢じょうゆのみでサッパリ味わっても美味しいが、甘酢系のタレやラー油ダレなど、バリエーション豊かに楽しめる。いつものタレとは違う味を楽しみたいときに作ってみてはいかがだろうか。
この記事もcheck!
  • 更新日:

    2021年4月25日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング