このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
新じゃがをゲットしよう!ホクホク【ポテトサラダ】の作り方とは?

新じゃがをゲットしよう!ホクホク【ポテトサラダ】の作り方とは?

投稿者:ライター 管理栄養士 戸田綾子(とだあやこ)

監修者:管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

鉛筆アイコン 2021年5月11日

暖かくなりはじめて店頭に新じゃがが並んだら、ぜひ購入してみてもらいたい。もちろん通常のじゃがいもでも十分に美味しいけれど、新じゃがにはそれ以上の美味しさがあるだろう。通常のじゃがいもと大きく違うところは、新じゃがは皮ごと食べられるという点である。ここでは、新じゃがを使ったポテトサラダの作り方を紹介していく。

  

1. 新じゃがのポテトサラダの作り方のコツとは

新じゃがを使って、ポテトサラダを作っていく。新じゃがは通常のじゃがいもと比較して水分量が多いことを踏まえて、作り方のコツをいくつか挙げていこう。

新じゃがの加熱方法

茹でる

水っぽくなってしまうことを防ぐために、茹でる場合は新じゃがを皮付きのままでタワシなどを使いよく洗ってから、切らずにまるごと茹でるとよいだろう。茹でムラを避けるためにも、途中で何回か新じゃがの上下をひっくり返すようにすることをおすすめしたい。水から茹でていき、新じゃがに竹串を刺してすっと通るくらいになったら完了となる。茹で時間の目安は、弱火で20分前後となるだろう。

レンジ加熱

新じゃがをレンジで加熱する場合は、よく洗った新じゃがをラップなどで包み、600Wで3分程度加熱する。これは1個あたり150g程度の新じゃがを想定しているので、大きさによって加熱時間を調整してもらいたい。新じゃがの水分量から考えると、茹でよりもレンジ加熱のほうが向いているといえるだろう。

ポテトサラダを水っぽくしないためには

野菜の水きりをしっかりと行うことだ。ポテトサラダに入れる野菜としては、たまねぎ、きゅうり、にんじんなどが挙げられるだろう。中でもたまねぎは薄切りにしてから水にさらすことになるので、ほかの食材と和える前にしっかりと水きりをしておく必要がある。その方法としては、ザルにあげて水きりしたあとにペーパータオルなどでしっかりと水分を拭き取っておくようにする。

2. レンジで簡単!春を感じる新じゃがのポテトサラダ

レンジを活用して作る、簡単新じゃがのポテトサラダの作り方を紹介していくので、参考にしてもらいたい。

材料

新じゃがいも、砂糖、酢、たまねぎ、きゅうり、ハム、マヨネーズ、塩コショウ

作り方

新じゃがいもはよく洗い芽を取り除いてから、ラップで包みレンジで柔らかくなるまで加熱する。熱いうちに皮をむき、ボウルなどに入れて砂糖と酢をふりかけて、マッシャーなどでつぶしていく。たまねぎは薄切りにして水にさらし、きゅうりは輪切り、ハムは短冊切りにしておく。たまねぎの水分をしっかり取り除いてから、きゅうり、ハムとともにボウルに加える。マヨネーズを混ぜ合わせ、塩コショウで味を調えたら完成となる。

ポイント

新じゃがいもはレンジで加熱した直後の熱々の状態のほうがつぶしやすいので、やけどに気を付けながら皮をむき、素早くつぶすようにするとよいだろう。

アレンジ

今回はマヨネーズと塩コショウのみのスタンダードなポテトサラダとなっているが、好みでコンソメ顆粒や柚子胡椒などの調味料を加えても美味しくいただける。上記の食材以外には、にんじんやカニカマを加えてみたり、ハムをベーコンに変更してみたりといろいろ試してみてもらいたい。
とくに、子どもに人気のたらマヨポテトサラダはおすすめだ。スタンダードなレシピにほぐしたたらこを入れただけでできあがる。

3. 皮ごとまるごと味わう!新じゃがのポテトサラダ

新じゃがを皮ごと使ったポテトサラダを紹介していくので、試してみてもらいたい。

材料

新じゃがいも、塩、マヨネーズ、塩コショウ、ドライパセリ

作り方

新じゃがいもはよく洗って芽を取り除き、皮つきのまま一口大に切っておく。鍋に新じゃがいもを入れてひたひたになるくらいに水をはり、塩を加えて10分程度茹でる。新じゃがいもが柔らかくなったら湯をきり、弱火で鍋を揺らしながら水分をとばしていく。塩コショウとマヨネーズで味を調えて、皿に盛りドライパセリをふりかけたら完成となる。皮つきの新じゃがの味を十分に味わえる一品である。つぶさないので、ゴロっとした食感も楽しむことができるだろう。

具を増やしてボリューミーにしてもOK

たとえば、薄切りにした玉ねぎを最後に加えたり、別鍋で茹でた卵をフォークでつぶして加えたりすると栄養満点のポテトサラダになるだろう。ウィンナーやスイートコーンを加えると、彩りとしての効果や子どもウケも狙える効果があるだろう。ゴロっとしたじゃがいもと、一緒に食べごたえを楽しんでほしい。

結論

本記事では、新じゃがを使ったポテトサラダの作り方を紹介してきた。新じゃがの特徴である通常のじゃがいもよりも水分量が多いという特徴を理解して、加熱の方法やほかの食材の水きりを工夫しながら、美味しいポテトサラダを味わってもらいたい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月11日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング