このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
マンネリ打破!揚げ出し豆腐は甘辛味のたれに絡めるのもおすすめ!

マンネリ打破!揚げ出し豆腐は甘辛味のたれに絡めるのもおすすめ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 大谷琴羽(おおたにことは)

鉛筆アイコン 2021年6月 6日

揚げ出し豆腐の作り方自体はシンプルだ。水を切った豆腐に片栗粉をつけて揚げるだけで簡単にできる。しかし、味付けの要となるたれの作り方はさまざまで、たれの味わいによって揚げ出し豆腐の魅力は変化するといっても過言ではない。ここでは、基本の揚げ出し豆腐のたれの作り方から、揚げ出し豆腐の新しい魅力を発見できるアレンジたれまで幅広く紹介する。

  

1. 簡単に作れる揚げ出し豆腐のたれ

揚げ出し豆腐のたれの作り方は一通りではない。同じ調味料で作ったとしても、割合を変えれば当然ながら味わいも変わってくる。ここでは、出汁ベースの優しい味わいの揚げ出し豆腐のたれの作り方を紹介していく。出汁ベースのたれだけでも作り方の種類は多いため、いろいろ試して好きなたれを見つけよう。

めんつゆや白だしを使えば簡単!

揚げ出し豆腐のたれは出汁に醤油やみりんなどの調味料を加えて作るが、割合を気にして作らなければならない。しかし、めんつゆや白だしはすでに醤油はみりんが入っており、味も定まっているため揚げ出し豆腐のたれに活用しやすい。めんつゆや白だしの味が好きな人はそのまま水や湯で薄めて、たれにするとよい。少し味気ない場合は醤油やみりんを少し足して自分好みの味にしよう。調味料を計量して混ぜ合わせる必要がないため、時短にも繋がる。

レンジで加熱時間を短縮!

せっかくの揚げたての揚げ出し豆腐に冷たいたれをかけては、熱々の状態が楽しめない。そのため、たれは一度加熱しなければならないが、そのためだけに鍋を出したり洗ったりするのは面倒だ。そんなときはレンジを活用しよう。耐熱容器に出汁と醤油、みりん、砂糖などの調味料を入れて混ぜたら、30秒ほど加熱する。たったこれだけで、熱々のたれを作ることができる。

2. 甘辛味もおすすめ:揚げ出し豆腐のたれ

揚げ出し豆腐のたれといえば、出汁ベースであることが多い。しかし、甘辛味にするのもおすすめだ。甘辛味の揚げ出し豆腐は売られていることが少ないため、手作りならではの味といえる。揚げ出し豆腐のアレンジに挑戦してみたい人にはおすすめだ。甘辛味にすれば、おかずとしてだけでなく、酒のつまみとしても揚げ出し豆腐を楽しめる。

甘辛味にするには?

甘辛味のたれも家にある調味料で作ることができる。使うメイン調味料は醤油と砂糖だ。そのほかに風味付けとして酒を使ったり、甘みをさらに出すためにみりんを使ったりしてもよい。また、甘辛味のたれは香辛料とも相性がよいため、おろしニンニクや黒コショウ、七味唐辛子を加えるのもおすすめだ。ごはんのおかずにするのか、酒のつまみにするかで香辛料を使い分けると同じ揚げ出し豆腐でもまったく印象が変わる。

甘辛味のたれの作り方

鍋に醤油や砂糖などの調味料を入れ、煮立たせる。おろしニンニクや黒コショウを入れる場合も最初から一緒に入れて加熱する。七味は最初から入れると風味が飛んでしまうため、最後にふりかける。煮立ったたれを揚げ出し豆腐に絡ませれば、甘辛味の揚げ出し豆腐の完成だ。ちなみに、揚げ出し豆腐にしっかりとたれを絡ませたい場合は、あらかじめ水溶き片栗粉でたれにトロミをつけておく。さらっとしたたれよりも味がしみ込みやすくなるため、しっかりと甘辛さを感じられる。

3. いろいろなアレンジが楽しめる:揚げ出し豆腐のたれ

シンプルな揚げ出し豆腐だからこそ、たれを変えるだけで大きく印象が変わる。ここでは、揚げ出し豆腐のアレンジたれを紹介する。基本の味付けを変えずに楽しめるアレンジもあるため、気軽に試してほしい。

たれを具入りあんかけに!

揚げ出し豆腐だけじゃもの足りないという人におすすめしたいのが、具入りあんかけにするというアレンジだ。旨味が出る食材を加えると出汁の味わいにも深みが出るため、より美味しくなるというメリットもある。出汁ベースのたれにしめじやえのきといった具材を加え、ひと煮立ちさせる。具材に火が通ったら、水溶き片栗粉を加えてトロミをつけ、揚げ出し豆腐にかける。

大根おろしでさっぱり!

揚げ出し豆腐に大根おろしを添えることは多い。大根おろしが加わるだけで、いつもの揚げ出し豆腐がさっぱりと味わえる。大根おろしは添えるだけでなく、たれに入れるのもおすすめだ。たれにたっぷりの大根おろしが入ることで、たれにも食べごたえが出てくる。ただし、大根おろしを加えるとたれが水っぽくなってしまうこともあるため、大根おろしは水気を切り、たれは濃いめの味付けにしよう。

大根おろしとあんかけの合わせ技もおすすめ!

たれに大根おろしを加えるだけでも十分に美味しいが、さらにトロミをつけてみぞれあんかけにすれば揚げ出し豆腐に絡みやすくなる。たれも含めて余すところなく食べられるようになる。

結論

揚げ出し豆腐はシンプルな料理だが、たれを工夫することでバリエーションを増やすことができる。めんつゆや白だしを使えば簡単にたれが作れる。また、趣向を変えて甘辛味のたれに挑戦するのもおすすめだ。醤油と砂糖をベースに作ったたれを絡めた揚げ出し豆腐はごはんとも酒とも相性バツグンだ。また、トロミをつけてあんかけ風にしたり、大根おろしを加えてさっぱりとさせたりとアレンジの幅は広いため、飽きずに楽しめる。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年6月 6日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング