このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
揚げ出し豆腐を白だしで簡単味付け!きのこあんかけもおすすめ!

揚げ出し豆腐を白だしで簡単味付け!きのこあんかけもおすすめ!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 大谷琴羽(おおたにことは)

2021年5月27日

揚げ出し豆腐は味付け次第でいろいろなアレンジができる。しかし、いきなり自分で調味料を混ぜ合わせて味付けするのは料理初心者にはハードルが高い。また、忙しいときは何種類もの調味料を混ぜ合わせて作るのは面倒だ。そこで役立つのが白だしだ。簡単かつ美味しい揚げ出し豆腐を作りたいときに活躍してくれること間違いなしだ。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 白だしで味付け簡単!揚げ出し豆腐の作り方

揚げ出し豆腐の作り方といえば、豆腐を揚げることが注目されがちだ。しかし、美味しい揚げ出し豆腐を作るなら、味付けにもこだわってほしい。カリッとした衣に優しい味わいの出汁がしみて、格別な美味しさを楽しめる。揚げ出し豆腐にかける出汁の作り方はさまざまだが、ここでは白だしで作る方法を紹介する。

そもそも白だしとは?

白だしはスーパーでも売られている。昆布やかつお節からとった出汁をベースに、薄口醤油やみりんなどの調味料を加えて作られる。めんつゆのように薄めて使うのが一般的で、うどんつゆとしてはもちろん、出汁巻き卵や煮物など味付けにも使われる。めんつゆとの大きな違いは色だ。薄口醤油を使っているため、白だしのほうがめんつゆよりも色が薄い。しかし、しっかりと味がついているため入れすぎると味が濃くなってしまうため注意が必要だ。

揚げ出し豆腐に白だしはぴったり!

白だしは色が薄く、上品な味わいなので揚げ出し豆腐と相性バツグンだ。揚げ出し豆腐にかけるときは、白だしを水で薄め、温めてから揚げたての揚げ出し豆腐にかける。白だしの濃さはメーカーによって異なるため、表記に従って薄めよう。白だしの塩味を強く感じる場合は、みりんや砂糖を加えて調整するとよい。ちなみに、白だしがない場合はめんつゆでも代用できる。

2. きのこ入りあんかけの揚げ出し豆腐も白だしで作れる

揚げ出し豆腐に白だしで作った出汁をかけるだけでも十分だが、ボリュームがもの足りないときは具だくさんあんかけに挑戦してみよう。揚げ出し豆腐は淡白な味わいなので、あんかけにどんな具材を入れてもよいが、ここでは旨味たっぷりのきのこあんかけを紹介する。

おすすめのきのこは?

きのこあんかけに入れるきのこに決まりはない。1種類だけ入れるのもよいが、いろいろな種類のきのこを入れるとより旨味が強くなり、美味しいあんかけを作れる。しめじや舞茸などは1年中出回っているため、積極的に使ってほしい。きのこばかりで色合いが寂しく感じる場合は、アクセントとして人参などの野菜を少し加えると彩りが一気に華やかになる。

きのこあんかけの作り方

まずは、きのこの下ごしらえを行う。石づきを取り除き、食べやすい大きさに切る。しめじなど手でほぐせるものでも、大きい場合は包丁で食べやすい大きさに切ると食べやすい。鍋に水ときのこを入れて火にかける。きのこに火が通ったら、白だしを加えて味を調え、水溶き片栗粉でトロミをつければ完成だ。あんかけにすると、より揚げ出し豆腐に絡みやすくなる。そのため、出汁を作るときと同じ感覚で作ると濃くなってしまうこともある。白だしを入れるときは味見をしよう。

3. レンジで作るヘルシーな揚げ出し豆腐風:味付けも白だしで簡単に

揚げ出し豆腐にかける出汁が白だしで簡単に作れても、やはり豆腐を揚げることに抵抗を感じる人も多いだろう。とくに、忙しいときは揚げ出し豆腐は挑戦しにくい。しかし、発想を変えればレンジで作ることもできる。油で揚げないため、ヘルシーに作れるというメリットもある。ここでは、簡単かつヘルシーな揚げ出し豆腐風の作り方を紹介する。

天かすで衣を演出!

レンジは食材を短時間で温められる調理器具だ。しかし、揚げ物調理はできないため揚げ出し豆腐風を作るためにはひと工夫必要だ。一般的な揚げ出し豆腐の作り方では、豆腐に片栗粉をまぶして揚げ、衣をつける。しかし、レンジで揚げ出し豆腐風を作る場合は、豆腐をそのままレンジで温めるため、衣をつけることができない。そこで衣代わりに使うのが天かすだ。温めた豆腐に天かすをかけて食べれば、揚げ出し豆腐のような食感と味わいを楽しめる。見た目はまったく揚げ出し豆腐らしくないが、食べると揚げ出し豆腐の味わいを楽しめるため、意外性のある料理として楽しめる。

味付けは白だしで!

天かすと豆腐を一緒に食べれば揚げ出し豆腐らしい食感を楽しめるが、やはり味付けは必須だ。ここでも白だしが活躍する。レンジで作る揚げ出し豆腐風の味付け方法は2種類ある。1つ目は、あんかけにして天かすと一緒に豆腐にかける方法だ。2つ目は、豆腐をレンジで温める際に一緒に白だしと水を加え、豆腐自体に味を付ける方法だ。後者のほうが、使う調理器具が減るうえに、天かすが水っぽくなるのを防げるためサクサク感を長く楽しめる。

結論

白だしはさまざまな料理の味付けに使うことができる万能調味料だ。色が薄く、上品な味わいのため揚げ出し豆腐とも相性がバツグンだ。白だしを水で薄めるだけで揚げ出し豆腐の出汁が作れるため、忙しいときこそ重宝する。基本の出汁だけでなく、きのこあんかけなどアレンジもしやすいため、揚げ出し豆腐のマンネリ化を防ぐこともできる。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月27日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ