このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
揚げない揚げ出し豆腐の作り方を紹介!もっと簡単に作れる!

揚げない揚げ出し豆腐の作り方を紹介!もっと簡単に作れる!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 渡邉里英(わたなべりえ)

2021年5月 5日

揚げ出し豆腐は、和食や居酒屋の人気メニュー。ただ、家で頻繁に作るか?と問われるとなかなか難しいという人も多いことであろう。豆腐を揚げるという工程が、忙しい毎日には鬼門なのだ。今回はそんな揚げ出し豆腐を食べたいけれど、時間をかけたくない!という人のために、簡単に作るレシピを徹底リサーチ。いますぐ試したくなる裏ワザも満載だ。

  
この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. フライパンで作ろう!簡単揚げない揚げ出し豆腐

揚げ出し豆腐とは、水を切って衣を付けて揚げた豆腐に、出汁や餡をかけて食べる料理のこと。カリカリっとした食感を演出するよう、衣には小麦粉と片栗粉をミックスさせたものを使用するのが基本だ。片栗粉の量を増やすとカリッと感がアップする。

揚げない揚げ出し豆腐の作り方

揚げ出し豆腐は、豆腐を揚げるという工程が欠かせない。ただフライパンに浅く油をひいて、揚げ焼きにすれば、揚げないで済む。
豆腐は、茹でる、重石、電子レンジのどれかでしっかりと水切りをしておく。周りに衣をまとわせたら、油を入れたフライパンに投入し揚げ焼きにしていく。この時のポイントは、繰り返し動かさないこと。油に入れてからしばらくは、とくにじっと待つこと。ここで触れすぎると衣が剥がれてしまうのだ。6面を順に揚げ焼きにしていけばOK。焦げつくようなら、やや火を弱めよう。

揚げない揚げ出し豆腐の仕上げ

揚げ出し豆腐には、出汁や餡などの仕上げが欠かせない。揚げない揚げ出し豆腐をより簡単に仕上げるのなら、市販のめんつゆや白出汁を電子レンジで温めるのがおすすめ。少しとろみが付いていると食べやすいので、水溶き片栗粉で餡にしてもいいだろう。生姜や大根のすりおろし、ネギ、七味などをトッピングすれば完成だ。

2. ボリュームたっぷり!揚げない揚げ出し豆腐の野菜あんかけ

揚げない揚げ出し豆腐は、単体ではどうしても副菜感が否めない。主菜にランクアップさせるには、あんかけにするのがおすすめだ。とくに野菜のあんかけをかけると栄養バランスもバツグン。食べごたえがあるので、一気に主菜になってくれる。
おすすめの野菜は、玉ねぎ、人参、小松菜やインゲンなど。すべて千切りにして、硬い野菜から順にめんつゆや出汁の中に入れて煮立てる。火が通ったら、水溶き片栗粉でとろみをつけ、揚げない揚げ出し豆腐にかけてできあがり。春ならさやいんげんやアスパラ、夏ならインゲン、秋ならきのこ、冬なら青菜など、旬の野菜を使っても作ることができる。

人気の揚げない揚げ出し豆腐!きのこあんかけ

きのこのあんかけは、旨味がたっぷりと出るので、数種類組み合わせるのがおすすめ。作り方は野菜あんかけと同様だ。

3. レンジで作ろう!天かすとめんつゆの揚げない揚げ出し豆腐

じつは火を使うことなく、電子レンジだけで、揚げないなんちゃって揚げ出し豆腐を作ることもできる。

天かすと電子レンジで作る揚げ出し豆腐

小さめの豆腐を使えば、揚げないだけでなく、包丁を使うこともない、超時短料理。火を使わないので子どもに作ってもらうのにもぴったりだ。作り方は豆腐にめんつゆや好みの出汁をかけて電子レンジであたため、仕上げに天かすをかけるだけといたって簡単。口に入れるとまるで揚げ出し豆腐そのもの!

厚揚げと電子レンジで作る揚げ出し豆腐

豆腐を揚げた厚揚げを使うアイデアもおすすめ。こちらも、厚揚げにめんつゆや出汁などをかけて、電子レンジで温めるだけと超簡単なので、料理初心者にもぴったり。疲れて帰ってきた日の副菜にも活躍してくれそうだ。

結論

揚げない揚げ出し豆腐を作る秘策は、少ない油で揚げ焼きにする方法。たくさんの量を作らない場合は、卵焼き用のフライパンや小さめのフライパンを使うといい。さらにあんかけにするとボリュームがアップして、家族にも人気のおかずになるはず。天かすや厚揚げを使った揚げないなんちゃって揚げ出し豆腐は、忙しい毎日にぴったりの簡単さだ。さまざまな方法で揚げない揚げ出し豆腐を楽しんでみよう。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年5月 5日

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ