このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
紅生姜の作り方を紹介!新生姜と普通の生姜の使い方の違いも説明

紅生姜の作り方を紹介!新生姜と普通の生姜の使い方の違いも説明

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2021年7月14日

紅生姜は手軽に使える美味しい漬け物だが、添加物などが気になる人もいるかもしれない。自作すれば、原料の心配なく食べられる。そこで本記事では、紅生姜の簡単な作り方やアレンジ例、梅酢を使わない作り方を紹介していく。自作の参考になれば幸いだ。

  

1. 紅生姜の作り方:新生姜編

まずは基本となる、新生姜を使った紅生姜の作り方を見ていこう。

材料

最低限必要な材料は、新生姜と赤梅酢、塩だ。 意外に少ないと感じるかもしれないが、これだけでも美味しく仕上げられる。赤梅酢はキレイな赤色に染めるために必要となる。

新生姜を切って洗う

まず、新生姜を切る。節と水平に、薄切りにするのがおすすめだ。
新生姜の皮には、泥などが付いていることが多い。皮をむき、さらに汚れを落としていこう。皮むきには包丁を使ってもよいが、部位によっては難しいこともある。割り箸などで削ぎ落とすと簡単だ。さらに、泥をふきんや歯ブラシで落としておこう。味に影響するので、キレイにしておきたい。シンプルな作り方の中で、ここがいちばん手間のかかる工程といえる。

漬ける

切った新生姜に塩をかけてしばらく置き、水分を出す。水気をしっかり切ったら、あとは煮沸消毒した瓶に入れ、赤梅酢を加えればよい。漬ける期間は好み次第だが、おおむね1ヶ月ほど経てば味がよくしみ、鮮やかな色に仕上がるだろう。シンプルな作り方で、美味しく食べられる。

2. 紅生姜の作り方:普通の生姜編

紅生姜の作り方には、新生姜ではなく、普通の生姜を使ったものもある。勝手が若干違うので、注意しよう。

新生姜との違い

普通の生姜は、新生姜と比べて辛みが強い。そのため、新生姜と同じ作り方では辛過ぎる場合がある。また、新生姜と比べて歯ごたえが強いのも特徴だ。

作り方は難しくない

普通の生姜を使う場合も、基本の作り方は同じだ。ただし、辛みに注意しよう。たとえば水にさらせば辛みが抜ける。ほどよい味に調整しよう。また、新生姜より薄めに切ると、歯ごたえを強くし過ぎずに済む。食べやすく仕上げたい。

茹でる方法もアリ

普通の生姜を下茹ですると、さらに辛みを抜ける。ひと手間かかるが、もし辛過ぎる場合は試してみるのもよいだろう。

3. 紅生姜の作り方:アレンジ編

紅生姜は、アレンジを加えて作ることも可能だ。簡単にできる作り方をいくつか見ていこう。

梅干しを一緒に漬ける

紅生姜作りに使う梅酢は、梅干しを漬ける際にできる液体だ。したがって、紅生姜を漬ける際に、梅干しを一緒に加えると相性がよい。一緒に食べてももちろん美味しく、ごはんによく合う。梅干しが好きな人にはとくにおすすめの作り方だ。

赤紫蘇を加える

赤紫蘇は、梅干しや梅酢に鮮やかな色を付けるために使われる。紅生姜を漬ける際に加えれば、よりキレイな見た目に仕上げられる。また、独特の風味もあり、普通に作るのとは違った味に仕上げられる。赤紫蘇のみを加えてもよいし、梅干しとあわせて使っても美味しい。とくに見た目にこだわりたい人には、ぜひ試していただきたい作り方だ。

4. 紅生姜の作り方:梅酢なしの海外編

とくに海外では、梅酢が手に入らないことも多いだろう。しかし、梅酢なしでほかの材料を使った紅生姜の作り方もある。例を見ていこう。

酢とビーツを使う

生姜を酢に漬ければ、紅生姜に近い味に仕上げられる。赤く染めるために、たとえばビーツを使える。ボルシチなどの鮮やかな色を出すために使われる食材で、生姜と一緒に漬ければある程度鮮やかな色に仕上げられる。ピクルスに近い作り方だが、ビーツが手に入る環境なら、試してみて損はない。

ワインビネガーを使う

ほかに、梅酢の代わりとして、ワインビネガーを使える。赤ワインが原料のものを使えば、赤系統の色に染められるので、近い見た目に仕上げられる。梅酢を使う場合とは風味が変わってしまうが、味まで揃えるのは難しいので妥協したい。ただし人によっては、この作り方のほうが好きになるかもしれない。

結論

紅生姜は、新生姜を使えば簡単に作れる。泥を落とすことさえ気をつければよく、意外と手軽だ。普通の生姜でも味に注意すれば作れるほか、アレンジも難しくない。塩分に気をつけつつ、さまざまな料理と組み合わせて味わっていただきたい。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年6月21日

  • 更新日:

    2021年7月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング