このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
パイナップルは冷凍で保存!おすすめの美味しい食べ方をチェック

パイナップルは冷凍で保存!おすすめの美味しい食べ方をチェック

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2021年6月12日

パイナップルをまるごと購入すると、食べ切れなくて困ってしまうことがある。そんなときにおすすめなのが、冷凍保存だ。パイナップルは冷凍にしても美味しく、いろいろな食べ方が楽しめる。今回は、冷凍パイナップルの作り方やおすすめの食べ方を紹介しよう。

  

1. パイナップルは冷凍すれば長期保存できる!

パイナップルは冷凍することで1ヶ月程度保存が可能だ。余ったり食べきれなかったりしたパイナップルは冷凍で保存して、食べたいときに解凍して食べるのがいいだろう。

パイナップルの切り方

パイナップルを冷凍する場合は、カットパインにしてから冷凍するのがいいだろう。まずは、パイナップルの上下をカットして、パイナップルを立ててから半分にカットする。さらに8等分になるようにカットしよう。あとは、硬い芯の部分を切りおろし、皮に沿って包丁を入れて皮と実を切り離す。最後に実の部分を2~3cm幅に切るといいだろう。

冷凍方法

カットパインは、まずクッキングシートを敷いた金属バットに並べてラップをして、冷凍庫に入れよう。パイナップルが凍ったら、保存袋に移して冷凍庫で保存しよう。金属バットに広げてから冷凍することで、カットパインがバラバラになるので、食べる分ずつ取り出しやすい。

解凍方法

冷凍パイナップルは、冷凍のままアイス感覚で食べることもできるが、冷蔵庫で30分ほどかけて半解凍にして食べるのがおすすめだ。全部解凍してしまうとパイナップルの汁が流れ出て、せっかくのパイナップルの風味が落ちてしまうので注意しよう。

2. 冷凍パイナップルの美味しい食べ方

冷凍パイナップルはそのままでも美味しいが、いろいろな食べ方が楽しめる。冷凍パイナップルの美味しい食べ方をチェックしてみよう。

トッピングに使う

凍ったままの冷凍パイナップルは、そのままアイスやヨーグルトのトッピングにするのもいいだろう。パイナップルの酸味と甘みが加わって、いつものアイスやヨーグルトがより美味しく味わえるだろう。

スムージーにする

冷凍フルーツの定番の味わい方が、スムージーだ。冷凍パイナップルもほかのフルーツ同様スムージーの材料として使うことができる。冷凍パインとヨーグルト、氷をミキサーにかけるだけで、簡単にさっぱりとしたスムージーが完成するのだ。

酒にプラス

冷凍パインは酒に入れても美味しい。凍ったまま酒に入れることで、氷のような役割を果たす。また、溶けた際にパイナップルのさわやかな酸味と甘みが加わって、カクテルのような気分が味わえるだろう。見た目も華やかになるので、パーティーや宅飲みの際にも喜ばれる。

3. 甘くて美味しい!おすすめの冷凍パイナップル

甘くて美味しい冷凍パイナップルは、自宅で作ることもできるが市販でも販売されており、コンビニやスーパーなどでも手軽に購入できる。おすすめの冷凍パイナップルを見てみよう。

セブンイレブン「冷凍パイナップル」

セブンイレブンでも冷凍パイナップルを購入することができる。フィリピン産のパイナップルを使用しており、さっぱりとした甘みと酸味が味わえるのだ。みずみずしい味わいなので、そのまま食べたり、トッピングとして使ったりと手軽に楽しめるだろう。

トップバリュ「冷凍パイン」

濃い黄色で糖度が高く、強い甘みを感じられるコスタリカ産のゴールデンパイン種を使用した冷凍パインだ。そのままデザートとして楽しむのもおすすめだ。自然解凍することで半解凍の冷凍パインも楽しめる。

ドール「冷凍パイナップル」

芳醇な甘みと香りが人気のドールスウィーティオパインを使用した冷凍パイナップルだ。そのまま食べても美味しいが、スムージーやトッピングにしても美味しい。ファミリーマートで購入することが可能だ。

結論

パイナップルは冷凍することで、長期保存が可能になり手軽に楽しむことができる。冷凍パイナップルはそのままでも美味しいが、半解凍にしたりいろいろなトッピングに使用したりすることもできる。冷凍庫に常備しておくのもいいだろう。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年6月12日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ