このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
キャベツの肉巻きはレンジでも作れる!?お弁当にもぴったりなおかず

キャベツの肉巻きはレンジでも作れる!?お弁当にもぴったりなおかず

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2021年7月14日

キャベツはいろいろな食材と合わせやすいため、使用頻度が高い野菜だ。しかし、使いやすい反面、キャベツを使った料理はマンネリ化しがちという問題点もある。ここでは、インパクトバツグンのキャベツの肉巻きを紹介する。普段のおかずにはもちろん、キレイな断面を活かしてお弁当に入れるのもおすすめだ。

  

1. レンジでもOK!キャベツの肉巻きの作り方

肉巻きといえばフライパンで焼くイメージが強いが、レンジで作ることもできる。ここではキャベツの肉巻きの基本の作り方と、レンジを使った作り方の2つを紹介する。

キャベツの肉巻きの基本の作り方

キャベツは千切りにする。ちなみに、春先から春キャベツが出回るが、葉の柔らかい春キャベツで作っても美味しい。千切りにしたキャベツを豚肉できっちりと巻く。緩いと途中でキャベツが抜けてしまうため、きつめに巻く。フライパンに油をひいて熱したら、巻き終わりが下になるように並べる。巻き終わりが焼けたのを確認したら、転がしながら全体を焼く。途中で調味料を加えて煮絡めればしっかりと味が付き、ジューシーなキャベツの肉巻きを堪能できる。

レンジで作るキャベツの肉巻き

コンロがふさがっていたり、余計な洗い物を増やしたくない場合はレンジを使ってキャベツの肉巻きを作ってみよう。千切りにしたキャベツを豚肉で巻いたら、耐熱皿に並べる。このときも、巻き終わりが下になるようにする。蒸し焼きにするため、ラップをして600Wで5分ほど加熱する。フライパンで作る場合はタレを煮絡めるが、レンジで作る場合は完成したキャベツの肉巻きにタレをかけて食べよう。

2. ポン酢派?甘辛派?キャベツの肉巻きの人気アレンジ

キャベツの肉巻きの魅力はさまざまな味付けを楽しめることだ。ここでは、キャベツの肉巻きでぜひ試してほしいおすすめの味付けや面白アレンジを紹介する。

定番は甘辛ダレ!

ごはんと相性バツグンの味付けといえば、甘辛味だ。キャベツの肉巻きが入ったフライパンに砂糖と醤油、みりんを混ぜ合わせて作った甘辛ダレを入れて煮絡めれば、たちまち食欲をそそる香りが台所中にあふれる。甘辛ダレを絡めたキャベツの肉巻きは冷めても美味しいため、お弁当にもおすすめだ。

食欲がないときにも!さっぱりポン酢ダレ

こってりした甘辛ダレだと重いと感じるときはポン酢で味付けしてみよう。キャベツの肉巻きが入ったフライパンにポン酢を入れ、煮絡めれば完成だ。柑橘系のさわやかな香りとほんのりとした酸味が豚肉の脂っこさを中和してくれる。

中華風やお好み焼き風も!

砂糖と醤油、オイスターソース、ごま油を混ぜ合わせて作った中華風のタレもこってりとしていて美味しい。また、キャベツの肉巻きにソースとマヨネーズ、青のり、かつお節をのせてお好み焼き風に食べるのも面白い。

ほかの具材を組み合わせてアレンジ!

キャベツだけでも十分に甘みを感じられるが、ほかの具材を一緒に巻くとまた違った味わいを楽しめる。キャベツの肉巻きと相性バツグンの食材といえばチーズだ。トローっと溶けたチーズがキャベツと肉に絡まり、濃厚な味わいを楽しめる。ちなみに、プロセスチーズをスティック状に切ってキャベツと一緒に巻く方法、またはスライスチーズを肉の上にのせ、肉と一緒にキャベツを巻く方法の2通りのやり方がある。

3. お弁当にも便利!キャベツの肉巻きの冷凍方法

お弁当を詰めるときに困ってしまうのが、ちょっとした隙間だ。何を入れるか迷ってしまう隙間だが、キャベツの肉巻きはそんな隙間にもぴったりと入るため重宝する。ここでは、キャベツの肉巻きの冷凍・解凍の仕方、さらにはお弁当に入れるときのポイントを紹介する。

焼く前の冷凍がおすすめ!

キャベツの肉巻きは加熱後に冷凍してもよいが、作り置きにするなら加熱前に冷凍するのがおすすめだ。千切りにしたキャベツを豚肉で巻いたら、ラップで小分けする。小分けにしたら、密閉できる袋にまとめて入れて冷凍庫に入れる。ちなみに、キャベツが水っぽい状態で冷凍すると解凍したときに食感が悪くなってしまう。キャベツの水気はしっかりと取っておこう。

凍った状態で焼ける!

キャベツの肉巻きは解凍せずに調理できる。凍った状態のキャベツの肉巻きを油をひいたフライパンで焼く、またはレンジで加熱すればすぐに食べられる。

お弁当に入れるときの注意点は?

キャベツの肉巻きをお弁当に入れるときは必ず冷ましてから詰めよう。また、大きなキャベツの肉巻きの場合は短めに切り、断面が上を向くように詰めるのがおすすめだ。断面が見えるだけで、いつものお弁当が豪華に見える。また、キャベツの肉巻きにはタレを絡めるが、ほかのおかずにしみたり、お弁当から漏れ出たりするのを防ぐために汁気は切っておこう。

4. キャベツの肉巻きにおすすめの献立アイデア

キャベツの肉巻きは味付けを変えられるため、どんなおかずとも組み合わせることができる。しかし、万能であるがゆえに献立を考えるときに困ってしまう。ここでは、キャベツの肉巻きをメインにした献立の一例を紹介する。

ほかのおかずはシンプルに!

キャベツの肉巻きがボリュームたっぷりであるため、ほかのおかずはシンプルでよい。たとえば、定番のひじきの煮物や里芋の煮っころがしなど素朴な和食と組み合わせると、キャベツの肉巻きが引き立つ。野菜メインのおかずを組み合わせると栄養バランスも整うため、具だくさんの炒め物や煮物を組み合わせてみよう。さらに、冷奴や浅漬けなどがついていると、ちょっとした定食のような形になり、食べごたえはバツグンだ。

具だくさんの味噌汁もおすすめ

おかずを何種類も用意できないときは、具だくさんの味噌汁を作ろう。野菜やきのこをたっぷりと使った味噌汁は旨みがたっぷりで、キャベツの肉巻きとの相性もよい。普段は味噌汁を作らないという人もぜひ作ってみよう。

結論

千切りキャベツを豚肉で巻いて作るキャベツの肉巻き。フライパンだけでなく、レンジでも作ることができるため忙しいときにはおすすめだ。味を変えたり、チーズなどの具材と組み合わせたりすることで何通りもの食べ方を楽しめる。お弁当のちょっとした隙間に詰めるのもおすすめで、ぜひ作り置きしておきたい。解凍せずに調理できる手軽さも嬉しい。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年6月13日

  • 更新日:

    2021年7月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング