このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
簡単なのに絶品!まるでホテルのようなスクランブルエッグを作ろう

簡単なのに絶品!まるでホテルのようなスクランブルエッグを作ろう

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2021年7月14日

朝食の定番でもあるスクランブルエッグ。簡単だからこそ、美味しく作るにはコツが必要だ。今回は、ふわとろに仕上がるスクランブルエッグの簡単な作り方を紹介しよう。電子レンジで作る方法も紹介するので、忙しい朝でも手軽に作れることができるだろう。

  

1. これさえ気をつければ簡単!ふわとろスクランブルエッグ

ふわとろのスクランブルエッグを簡単に作るには、火加減や泡立てや調味料にコツがある。これさえおさえれば、簡単にふわとろのスクランブルエッグが作れるだろう。

使う調味料

スクランブルエッグに使う調味料は基本的に、牛乳と塩胡椒のみだ。牛乳は多めに入れるとふわふわに仕上がりやすくなる。好みでハーブを加えて、より香りをよくしてもいいだろう。

卵をしっかり泡立てよう

ふわとろのスクランブルエッグを簡単に作るには、卵をしっかり泡立てることが大切だ。大きめのボウルに卵を割り入れたら、手早く泡立て器を使って混ぜるのだ。できるだけ大きく混ぜるようにしよう。

火加減は弱めで

フライパンに火をかける際は、弱めの中火になるようにしよう。強すぎると卵はすぐに固まってしまうのだ。また、卵はヘラを使って、フライパンの外側から中心に向かって炒めるようにするのがポイントだ。かき混ぜすぎるとふわふわ感がなくなってしまう。また、仕上がってからも余熱で卵は固くなるので、あまり固まり過ぎないうちに火から下ろすようにする。

2. 実はレンジでも作れる!簡単スクランブルエッグ

スクランブルエッグは電子レンジでも簡単に作ることができる。電子レンジを使うことで、時短や火を使わず作れるというメリットがあるので、忙しい朝におすすめだ。

電子レンジで作る方法

電子レンジを使えば、たった1分で簡単にスクランブルエッグを作ることができるのだ。作り方は簡単で、耐熱容器に卵と牛乳、塩、マヨネーズを入れてよく混ぜておく。あとは、ラップをせずにレンジで40秒~1分ほど加熱する。取り出したら、箸を使ってぐるぐるかき回せば、ふわとろのスクランブルエッグの完成だ。卵の固まり具合によって、レンジを数秒ずつ増やしたり減らしたりすると上手に仕上がる。

3. 時間がない朝でも簡単!ハム入りスクランブルエッグ

スクランブルエッグだけでは、何だか物足りないときはハムをプラスしてみてはいかがだろうか?ハムを入れることで簡単にボリュームも加わり、スクランブルエッグだけでもしっかりとした朝食が完成するだろう。

ハム入りスクランブルエッグの作り方

スクランブルエッグにハムを入れる場合は、ハムを食べやすいように角切りにしておく。まずフライパンに油をひいて、ハムを軽く炒めてから溶き卵と塩胡椒を加えてスクランブルエッグにして完成だ。

ハムとほうれん草を入れたスクランブルエッグ

ハムだけではなく、ほうれん草をスクランブルエッグに加えるのも簡単でおすすめだ。ほうれん草を加えることで、野菜も摂取できるのでより栄養バランスがよくなる。作り方はフライパンにバターを入れて熱したら、食べやすくカットしたほうれん草とハムを炒める。火が通ったら、溶き卵と塩胡椒を加えてスクランブルエッグにするのだ。彩りもよくなるので、弁当のおかずにも重宝するだろう。

ほかにも合わせたい具材

ハム入りのスクランブルエッグには、ほかにも茹でたブロッコリーやじゃがいもを加えてみるのもおすすめだ。野菜を加えることで、簡単に彩りやボリュームもアップするので、スクランブルエッグだけでバランスの取れた朝食が完成するだろう。

結論

スクランブルエッグは基本的なコツをおさえれば、ふわとろに仕上げることができる。卵はよく混ぜ、弱火で焼くことでほどよい固さのスクランブルエッグが完成するだろう。また、電子レンジでも調理可能なので、忙しい朝は火を使わず電子レンジでスクランブルエッグを作るのもおすすめだ。さらにハムや野菜などを加えることで、手軽に栄養満点の朝ごはんが作れるだろう。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年6月16日

  • 更新日:

    2021年7月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ