このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チーズ入りスクランブルエッグを食べて気分の上がる朝食を食べよう

チーズ入りスクランブルエッグを食べて気分の上がる朝食を食べよう

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2021年7月14日

朝食の定番でもあるスクランブルエッグにチーズを入れて、気分の上がる朝食を楽しんでみてはいかがだろうか。卵の中からトロリと溢れ出るチーズは、パンとの相性もバツグンだ。今回は、チーズ入りスクランブルエッグの美味しい作り方やアレンジ方法を紹介する。自宅でちょっとオシャレな朝食を楽しんでみよう。

  

1. 気分の上がる朝食に!チーズ入りスクランブルエッグ

普通のスクランブルエッグも美味しいが、チーズが入ったとろとろスクランブルエッグも絶品だ。ホテルの朝食でもよく見かける、チーズ入りスクランブルエッグの作り方を紹介しよう。

作り方

ボウルに卵と牛乳と塩胡椒を入れてよく混ぜる。そこにとろけるチーズを加えてさらに混ぜよう。あとは、油をひいて熱したフライパンに卵液を入れて、手早く混ぜ合わせて完成だ。

美味しく作るコツ

美味しいスクランブルエッグを作るには、火加減や混ぜ方にポイントがある。ボウルで卵や牛乳などを混ぜる際は、大きくしっかり混ぜるのがいいだろう。また、手早く混ぜるのもポイントだ。さらに、火加減は強火ではなく弱火。中火よりも強くならないように注意しよう。あとは、外から内へ混ぜていくことで、ふわふわのスクランブルエッグが完成する。

2. パパっと簡単!ベーコンとチーズのスクランブルエッグ

スクランブルエッグの付け合わせとしてベーコンを選ぶ人も多いだろう。そんなスクランブルエッグにチーズとベーコンを合わせて、豪華な仕上がりにしてみるのもいいだろう。スクランブルエッグだけで満足感が得られるのも魅力だ。

作り方

ボウルに卵を割り入れて溶いたら、ベーコンは食べやすく切っておく。切ったベーコンと塩胡椒を卵に混ぜたら、油をひいたフライパンに入れて混ぜ合わせる。火が通ったら、火を止めてとろけるチーズを余熱で溶かしながら混ぜたら完成だ。

角切りチーズを入れるのもおすすめ

とろけるチーズだけではなく、プロセスチーズを角切りにしてベーコンとともにスクランブルエッグに混ぜるのもおすすめだ。角切りにしたプロセスチーズとベーコンを用意したら、フライパンに有塩バターを入れて溶かし、チーズとベーコンを炒める。ベーコンに火が通ったら溶き卵を入れて、大きくかき混ぜたら完成だ。事前にベーコンを炒めておくことで、香ばしさを感じられるうえに、ほどよくチーズの食感が残っているのがポイントだ。

ジューシーなトマトを加えるのもおすすめ

アレンジとして、トマトを加えてみるのもいいだろう。トマトを加えることで、ジューシーさと彩りが加わって食欲をそそってくれる。トマトを入れる際は、一口大に切って、溶き卵と同じタイミングで加えるようにしよう。

3. チーズたっぷり!レンジでとろとろスクランブルエッグ

忙しい朝にもピッタリなのが、電子レンジで作るチーズ入りスクランブルエッグだ。短時間で火を使わずに作れるので、時間がない朝でも簡単に作れるだろう。

作り方

耐熱容器に卵を入れて溶いたら、そこにとろけるチーズと牛乳、塩胡椒、砂糖を加えて混ぜる。電子レンジで40秒~1分ほど加熱するだけでスクランブルエッグが完成だ。加熱時間は卵の固まり具合に合わせて10秒ずつ追加していくと自分好みの固さに完成するだろう。チーズは粉チーズを代用することも可能だ。

サンドイッチにするのもおすすめ

電子レンジで作ったチーズ入りスクランブルエッグは、サンドイッチの具材としても最適だ。トーストにハムやレタスとともにサンドすれば、簡単にボリューム満点のホットサンドが完成する。味付けとして一緒にケチャップやマヨネーズをサンドするといいだろう。

結論

ふわふわの卵にチーズのとろとろ感とコクが加わる、チーズ入りのスクランブルエッグ。電子レンジでも調理可能なので、忙しい朝にもピッタリの一品だ。また、ベーコンを加えることで、ボリュームもアップするのでスクランブルエッグだけでも満足感が得られるだろう。自宅で本格的なスクランブルエッグを楽しんでみてもらいたい。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年6月15日

  • 更新日:

    2021年7月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ