このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
チョレギサラダとは?気になる意味とおすすめの作り方を紹介

チョレギサラダとは?気になる意味とおすすめの作り方を紹介

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 佐々木 倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2021年7月14日

韓国風のサラダとして、日本人にもなじみがあるチョレギサラダ。実際にチョレギサラダのチョレギとはどんな意味をもっているのだろうか?気になる名前の由来を知れば、チョレギサラダが日本独自の料理だということがわかるだろう。また、おすすめのチョレギサラダの作り方も紹介するので、自宅でチョレギサラダを味わってみてはいかがだろうか?

  

1. チョレギサラダの「チョレギ」とは?

韓国料理店や焼き肉店などでよく目にするチョレギサラダ。実際になぜチョレギサラダといわれているのかは知らない人が多いだろう。気になるチョレギサラダの名前の由来を紹介しよう。

チョレギとはどんな意味?

チョレギサラダのチョレギとは、韓国の浅漬けキムチを指す「コチョリ」という韓国語が、地方の方言でチョレギと呼ばれるようになったのが語源だ。韓国料理のコチョリとは、白菜などの葉物野菜を塩漬けにして、調味料で和えた食べ物で、日本でいう浅漬けのようなキムチのことだ。通常のキムチよりも味は薄く、サラダ感覚で食べることができるのが特徴だ。

2. チョレギサラダとは日本独自のアレンジ料理

チョレギサラダとは、実は韓国料理ではなく日本独自の名前なのだ。そのため、韓国に行った際に、チョレギサラダを注文しても現地の人には通じないだろう。韓国では、コチョリという先ほども紹介したようなキムチの浅漬けはあるが、チョレギサラダはないのだ。

日本のチョレギサラダとは?

日本独自のアレンジ料理でもあるチョレギサラダは、一般的にはレタスやサンチュなどの生野菜にゴマ油をベースにしたドレッシングをかけて食べるサラダだ。ゴマ油をベースにすることで、香りと風味がよく、野菜との相性もいいのでサラダドレッシングとして重宝されている。野菜のほかにもわかめやねぎをトッピングすることも多い。さらに韓国のりなどを散らすことで、韓国風のサラダに仕上げているのだ。

なぜチョレギサラダといわれるようになったのか?

日本でチョレギサラダが浸透するようになったきっかけが、焼肉のタレでおなじみのエバラがチョレギドレッシングとして販売したからだ。チョレギの意味をちぎった野菜のこととして、販売したのがきっかけで、コマーシャルにも焼き肉屋さんのサラダとして放映したことで、全国にチョレギサラダの名前が広がった。

3. チョレギサラダとは?おすすめの作り方を紹介

チョレギサラダの味の決め手は、何といっても食欲をそそるドレッシングが重要だ。おすすめのチョレギサラダの作り方をチェックしてみよう。

チョレギサラダのドレッシングの作り方

基本的なチョレギサラダのドレッシングは、ゴマ油をベースに作る。そこに醤油や白いりごま、すりおろしにんにく、塩を加えて味を調えるのだ。さらに味にコクを出したい場合は、市販の鶏がらスープの素を少量加えるのがいいだろう。

チョレギサラダにおすすめの具材

チョレギサラダを作る際は、レタスが基本になることが多い。ほかにも韓国料理でおなじみのサンチュ使うのもいいだろう。そこにきゅうりやトマトなどを加えることが多い。また食感を楽しむために、わかめを加えて海藻サラダ風にするのもおすすめだ。そこにチョレギサラダのドレッシングをかけて、白ごまとのりをふりかければできあがりになる。

辛めのドレッシングにアレンジ

チョレギドレッシングは、辛めの味付けにアレンジすることもできる。ピリ辛の味わいにしたい場合は、基本のチョレギドレッシングの材料にコチュジャンをプラスするのがおすすめだ。コチュジャンの量によって自分好みの辛さにアレンジできるだろう。

結論

チョレギサラダは、韓国の料理だと思っている人も多いかと思うが、実は日本独自のアレンジ料理なのだ。チョレギサラダはドレッシングによってゴマ油の食欲をそそる味わいが楽しめるのが魅力で、自分でも簡単にドレッシングを作ることができる。日本人の食卓の定番になりつつなるチョレギサラダは、いろいろな料理にも合わせやすいので自宅の献立にチョレギサラダを取り入れてみてはいかがだろうか?
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年6月22日

  • 更新日:

    2021年7月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング

    ページトップへ ページトップへ