このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
冷しゃぶサラダはドレッシングでアレンジ自在!献立に合う副菜も

冷しゃぶサラダはドレッシングでアレンジ自在!献立に合う副菜も

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 岩切千晃(いわきりちあき)

鉛筆アイコン 2021年9月14日

手軽に作ることができ、ワンプレートで肉も野菜も摂ることができる冷しゃぶサラダ。市販のドレッシングで作れる時短料理のひとつである。ドレッシングや添える野菜を変えるだけで、アレンジも自由自在だ。今回は、基本の作り方や手作りドレッシング、サラダに合う副菜を紹介しよう。

  

1. 基本の冷しゃぶサラダの作り方

基本の冷しゃぶサラダの作り方は実にシンプルである。たっぷりの湯を沸かした鍋でしゃぶしゃぶ用の豚肉を茹で、ザルにあげて冷ましておく。冷ましている間に野菜を用意しよう。レタスやきゅうり、トマトなどサラダ向きの野菜を食べやすい大きさに切る。夏野菜のオクラなど、サッと湯にくぐらせたほうがよい野菜はあらかじめ茹でておこう。最後に冷しゃぶと野菜を盛り付け、市販のドレッシングをかければ冷しゃぶサラダの完成だ。

2. 冷しゃぶサラダに合うドレッシング

市販のドレッシングでも十分に美味しい冷しゃぶサラダ。少し手間をかけてドレッシングを手作りするのもよいだろう。ドレッシングが変わるだけで、サラダの風味もガラッと変わる。ここでは、家庭にある調味料で作りやすい4種類を紹介しよう。

ポン酢ドレッシング

どの家庭でもなじみのあるポン酢。ここに、種を除いてたたいた梅干しを加えてさっぱり感をプラスしよう。おろししょうがを加え、オリーブオイルでまろやかさを出せば完成だ。食欲がないときでも、箸がすすむドレッシングである。

ごまポンドレッシング

少しコクのある味が食べたいときにはこのドレッシングがおすすめだ。すりごまにポン酢、砂糖、ごま油を合わせよう。好みでレモン汁もあると、コクのなかに酸味が加わる。とろみがあるので、うどんなどの麺類にもぴったりだ。冷しゃぶサラダにうどんを追加してドレッシングを回しかければ、あっという間に冷しゃぶうどんの完成である。

味噌ダレ

今日はこってり味で!という日には味噌ベースでいただこう。味噌に砂糖、しょうゆを加え、おろしにんにくで香りをプラスする。水を少し加えてまんべんなく混ぜれば、味噌とにんにくが香るタレに食欲がそそられる。

ピリ辛ダレ

豆板醤で旨みのある辛さを加えたタレはどうだろう。みじん切りにしたねぎに、しょうゆ、砂糖、酢を合わせる。最後にごま油を加えてよく混ぜれば完成だ。ピリッと刺激のあるタレの冷しゃぶサラダは、暑い日のビールのおともにもいいだろう。

3. 冷しゃぶサラダの献立に合う副菜

冷しゃぶサラダだけでも満足感があるが、箸休めにもう一品プラスしたい、少しボリュームを出したいというときもあるかもしれない。ここでは、冷しゃぶサラダを主菜とし、これに合う副菜を考えてみたい。主菜の冷しゃぶサラダが冷たいので、副菜には温かいものをピックアップしてみた。

煮物

さまざまな食材を取り入れられる煮物は、栄養バランスの調整やボリューム調節もできる。たとえば、なすは油揚げや厚揚げとも相性がよく短時間で味もしみるので、合わせて煮込むと旨味たっぷりの一品となる。箸休めにもちょうどよいだろう。かぼちゃなどのボリュームある食材はいんげんなどと煮込んで彩りある副菜としてもよいし、ひき肉と甘辛く煮込むのもよい。野菜も摂れて、お腹を満たしてくれる一品である。

焼き物

和のイメージがある冷しゃぶサラダ。サバやほっけなどの焼き魚をプラスするだけで、和食の献立が完成する。フライパン一つで作れるチヂミやオムレツなどもよいだろう。どちらも好みの食材を混ぜ合わせて焼くだけ。チヂミは定番のニラをはじめとした野菜を入れたり、納豆やキムチを入れたりして冷しゃぶサラダと雰囲気を変えてもよいだろう。オムレツは、ほうれん草や玉ねぎ、ベーコンなどを入れると色彩豊かな一品となる。子どもにも人気のメニューなので、好みの食材をチョイスしよう。

スープ

冷しゃぶサラダで冷えた身体を温めてくれるスープ。サラダの合間のひと口で、身体を温めながら栄養も摂ることができれば一石二鳥だ。手軽に取り入れたい場合は、耐熱ボウルに出汁、わかめやレタスなどを入れ、しょうゆをたらして電子レンジで加熱するだけ。数分で、和風スープのできあがりだ。同じく和風であれば、かきたま汁などもよいだろう。コンソメスープやトマトスープ、ポタージュスープなどの洋風スープでも冷しゃぶサラダと相性がよい。和洋中どれでも冷しゃぶサラダに合うので、好きなスープを選ぼう。

結論

ワンプレートで完結できるのが魅力の冷しゃぶサラダ。ドレッシングにひと手間かけるだけで、その味わいを変えることができるのも魅力である。栄養面やボリュームなどが気になる場合は、副菜で献立を調整しよう。今日は少し凝った冷しゃぶサラダにしよう、冷しゃぶサラダをメインとした献立を考えよう、といったときなどにぜひ試してほしい。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年6月26日

  • 更新日:

    2021年9月14日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング