このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ベビーリーフは効率よく栄養素を摂れる!?栄養を逃さない方法とは?

ベビーリーフは効率よく栄養素を摂れる!?栄養を逃さない方法とは?

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

鉛筆アイコン 2021年6月29日

洗うだけで使える手軽さが人気のベビーリーフ。野菜を補いたいときに使う人も多いだろう。しかし、ここで疑問に思うのがベビーリーフにどのくらい栄養素が含まれているのか。栄養豊富なイメージの強いベビーリーフだが、ここでは実際にどのくらいの栄養素が含まれているのかを深掘りする。

  

1. 栄養素が豊富なベビーリーフとは

含まれている栄養素を知る以前に、そもそもベビーリーフとはどんな野菜なのかを知らないという人も多いだろう。ここでは、ベビーリーフの基本を確認する。

ベビーリーフは総称!?

ベビーリーフという野菜があると思いがちだが、実はそのような名前の野菜はない。ベビーリーフは野菜の幼葉の総称で、それらをミックスしたものがスーパーなどでベビーリーフとして売られている。ベビーリーフとして食べられている野菜の幼葉の種類はいくつかに絞られるが、時期やメーカーによって中身は少しずつ変わる。

身近な野菜の幼葉も使われている!

ベビーリーフ専用の幼葉が栽培されていると思いがちだが、意外にも身近な野菜の幼葉がベビーリーフでは使われている。有名なものでいえばルッコラや水菜だ。単体で売られているものと比べると小さいが、しっかりとそれぞれの風味を楽しめる。また、名前は異なるが、実はよく食べている野菜の幼葉というパターンもある。たとえばスピナッチはほうれん草、ピノグリーンは小松菜、グリーンハリヤーはリーフレタス、グリーンロメインはロメインレタスの幼葉を指す。

そのほかにはどんな幼葉が使われている?

身近な野菜の幼葉以外にもビートやオーク、スイスチャードなど日本ではマイナーな幼葉も使われている。ここで紹介した幼葉以外にもベビーリーフに使われる幼葉はいろいろある。購入の際にはどんな幼葉が入っているのかチェックしてみよう。

2. ベビーリーフの栄養素とカロリー

いろいろな幼葉が入っているためベビーリーフにはさまざまな栄養素が含まれていると期待できる。しかし、幼葉によって含まれる栄養素が異なること、ベビーリーフにどんな幼葉が含まれているかが明確でないことから、ベビーリーフに含まれる栄養素を正確に計算することはできない。ここでは、参考としてベビーリーフの栄養素を紹介する。

レタスと比べて栄養素は豊富?

ベビーリーフに含まれている栄養素を分かりやすくするためにレタス(※1)とそれぞれ100g当たりで比較してみよう。ベビーリーフはヱスビー食品株式会社のフレッシュハーブ(※2)の値を参考にする。
ベビーリーフに含まれる栄養素
エネルギー:30kcal
たんぱく質:3.8g
脂質:0.7g
炭水化物:3.5g
カルシウム:148mg
鉄:1.1mg
ビタミンC:66mg
ビタミンE:2.3mg
葉酸:260μg
レタスの栄養素
エネルギー:11kcal
たんぱく質:0.6g
脂質:0.1g
炭水化物:2.8g
カルシウム:19mg
鉄:0.3mg
ビタミンC:5mg
ビタミンE:0.3mg
葉酸:73μg
ベビーリーフとレタスを比較すると、全体的にベビーリーフの値が高いことが分かる。カロリーも約20kcal高いが、それよりもカルシウムや鉄、ビタミンなどは非常に高く、ベビーリーフに栄養素が多く含まれていることが分かる。

3. ベビーリーフの栄養素を逃さず食べる方法

栄養素が豊富に含まれるベビーリーフだが、食べ方次第ではせっかくの栄養素が損なわれてしまう。ここでは、栄養素をできるだけ逃さずに食べる方法を紹介する。

栄養素重視なら生で!

ベビーリーフは加熱して食べることもできるが、栄養素を逃さずに食べたいなら生で食べるべきだ。ベビーリーフは野菜の幼葉なので、葉が柔らかくそのままでも食べられる。生だとシャキシャキとした食感も楽しめるため、定番のサラダはまさに最適の食べ方だといえる。また、彩りとして付け合わせにするのもおすすめだ。

どんなサラダがおすすめ?

ベビーリーフはさまざまな野菜の幼葉がミックスされているため、シンプルにベビーリーフにオリーブオイルとレモン汁、塩、こしょうを混ぜ合わせて作ったオリジナルドレッシングをかけただけのサラダでも味や食感を楽しめる。さらに、ベビーリーフのクセのなさを活かして、ほかの食材と組み合わせたり、いろいろなドレッシングで味付けしたりするのもおすすめだ。サラダに定番のトマトやチーズ、アボカドなどをトッピングすれば一気に華やかなサラダに変身する。また、生ハムやツナを加えればより食べごたえのあるサラダを楽しめる。

ベビーリーフを長持ちさせるには?

ベビーリーフはほかの葉物野菜と同じく、あまり日持ちしない。生で食べられる状態を維持したいなら、冷蔵庫に入れる前にひと工夫しよう。ベビーリーフを水で洗い、水気をきったら、濡らしたキッチンペーパーを敷いた保存容器に入れる。さらにその上から、濡らしたキッチンペーパーをかぶせて覆うようにすれば、ベビーリーフがしんなりするのを防ぐことができる。

結論

さまざまな野菜の幼葉がミックスされているベビーリーフにはさまざまな栄養素が含まれている。どの野菜の幼葉が入っているかで含まれる栄養素は変わるため、一概にはいえないが複数種の幼葉が入ることで、一度に多くの栄養素を摂ることができる。栄養素の中には調理過程で失われるものもあるため、効率よく摂りたいなら生で食べるのがおすすめだ。
(参考文献)
(※1)文部科学省「日本食品標準成分表2020年版(八訂)」
野菜類/レタス/土耕栽培/結球葉/生   
https://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=6_06312_7

(※2)エスビー食品株式会社
「フレッシュハーブ 緑黄色野菜のベビーリーフ 袋」
https://www.sbfoods.co.jp/products/detail/60396.html
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年6月29日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング