このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
牛乳なしでも美味しい!絶品【スクランブルエッグ】を作ろう

牛乳なしでも美味しい!絶品【スクランブルエッグ】を作ろう

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 佐々木倫美(ささきともみ)

鉛筆アイコン 2021年9月 8日

朝食の定番でもあるふわふわ卵のスクランブルエッグは、卵に牛乳を混ぜて作ることが多い。しかし、牛乳を使わなくても美味しいスクランブルエッグを作ることができる。今回は、牛乳なしで作る簡単なスクランブルエッグの作り方を紹介するので、ぜひチャレンジしてみてもらいたい。

  

1. 牛乳なし!レンジで簡単スクランブルエッグ

忙しい朝でも、しっかりと朝食を摂りたい。そんな人におすすめなのが牛乳なしで作るレンジで簡単スクランブルエッグだ。卵とバター、塩のみで作り、レンジにかけるだけなので、火を使わずに作れるのが嬉しい。作り方を覚えて、ぜひ朝食作りに活用してみてもらいたい。

作り方

耐熱ボウルに有塩バターを入れて、そのままレンジで数秒加熱してバターを溶かす。そこに卵と塩を加えてよくかき混ぜる。あとはふんわりとラップをかけて、レンジで1分ほど加熱し、取り出したら、かき混ぜて粗くほぐせば完成だ。

2. 牛乳なし!甘いスクランブルエッグ

スクランブルエッグは、ふわふわで甘さを出すために牛乳を加えることが多いが、牛乳なしでも甘いスクランブルエッグを作ることができる。甘いスクランブルエッグは子どもにも大人気なので、作り方をチェックしてみよう。

作り方

甘さを出すために砂糖を用意し、卵と砂糖を混ぜておく。フライパンにバターを入れて熱したら、そこに砂糖を混ぜた卵を入れてふわふわに焼き上げたら完成だ。砂糖を加えることで、牛乳なしでも甘いスクランブルエッグが完成する。砂糖の量は好みで調整してみよう。

隠し味を加えるのもおすすめ

卵に砂糖を加えるだけでも、甘くてふわふわのスクランブルエッグを作ることができるが、隠し味としてマヨネーズを加えてみるのもおすすめだ。卵にマヨネーズを加えることで、冷めても柔らかい仕上がりになる。砂糖のほかに白出汁を少量加えてみるのもおすすめだ。白出汁は甘めの出汁なので、コクのある甘いスクランブルエッグが完成する。

3. 牛乳なし!とろとろチーズのスクランブルエッグ

スクランブルエッグにチーズを加えることで、ふわふわ卵にとろとろのチーズが合わさってより食欲をそそってくれる味わいが楽しめる。朝食にそのまま食べてもいいが、パンに挟んで食べても絶品だ。

作り方

ボウルに卵を割り、とろけるチーズと塩胡椒を加えてよく混ぜる。あとは、フライパンにバターを熱して卵をふんわりと焼き上げるだけだ。

隠し味にコンソメを入れるのもおすすめ

ボウルに卵を割り入れて、とろけるチーズと水、顆粒コンソメを加えてよく混ぜる。フライパンに油を熱して、卵を入れてふんわり炒めたら完成だ。コンソメを加えることで、しっかりとした味わいのチーズスクランブルエッグに仕上がる。

チーズのスクランブルエッグをアレンジ

チーズのスクランブルエッグにベーコンを加えてみるのもおすすめだ。作り方は、プロセスチーズを角切りにしてベーコンは色紙切りにしておく。フライパンに有塩バターを入れて熱したら、チーズとベーコンを炒める。そこに溶き卵を加えて、ふわふわになったら完成だ。とろけるチーズではなく、角切りにしたプロセスチーズを使うことで、チーズがほどよく溶けるとともにチーズの食感を楽しむことができるだろう。

野菜を加えて彩りよくアレンジ

チーズスクランブルエッグにミニトマトやズッキーニ、玉ねぎなどの野菜を加えてみるのもいいだろう。野菜を加えることで、栄養バランスもよくなり彩りも鮮やかになる。ミニトマトを加える場合は、半分に切って入れるのがいいだろう。

結論

スクランブルエッグは牛乳なしでも美味しく作ることができる。同じ乳製品であるバターを使ったり、チーズを加えることでコクのある味わいに仕上がるのだ。また、スクランブルエッグは電子レンジでも調理可能なので、作り方を覚えておくと忙しい朝でも火を使わず卵料理を作ることができる。いろいろなアレンジをしながら、牛乳なしのスクランブルエッグを味わって、バランスのよい朝食を心がけてみよう。
この記事もCheck!
  • 公開日:

    2021年6月30日

  • 更新日:

    2021年9月 8日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング