このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
ゆずのさわやかな香りがたまらない!ゆずを使ったなますの作り方

ゆずのさわやかな香りがたまらない!ゆずを使ったなますの作り方

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 鈴木亜子(すずきあこ)

鉛筆アイコン 2021年7月17日

正月のおせち料理としてもおなじみのなますに、ゆずを加えてみるのはいかがだろうか。ゆずのさわやかな香りが加わって、よりさっぱりとした味わいが楽しめるのだ。今回は、人気のゆずを使ったなますの作り方を紹介していこう。

  

1. ゆず果汁でさわやか!人気のなますの作り方

通常のなますにゆず果汁を加えるだけで、人気のゆず風味のなますが完成する。作り方は、シンプルで千切りした大根とにんじんを用意し、塩水につけて水気を切っておく。水気を切った大根とにんじんを甘酢で和える際にゆず果汁を加えるのだ。

飾りとしても使えるゆず

ゆずの皮は、なますの飾りとしても重宝する。ゆずの皮を千切りにしてなますに加えるのだ。ゆずの風味が楽しめるうえに彩りにピッタリだ。さらにゆずの皮はなますを入れる器としても使うことができる。半分に切ったゆずの中身をくりぬき、その中になますを入れるのだ。見た目のオシャレな器になるので、おもてなし料理にもいいだろう。

2. ゆずジャムやゆず胡椒のなますの作り方

生のゆずだけではなく、ゆずジャムやゆず胡椒などゆずを使った加工品でも美味しいなますを作ることができる。生のゆずが手に入らない場合は、ぜひゆずジャムやゆず胡椒を代用してみよう。

ゆずジャムを使ったなます

ゆずジャムはパンに塗ったり、お茶に入れたりといろいろと重宝する。そんなゆずジャムがなますのアクセントとしても使えるのだ。使い方は、大根と人参を甘酢に漬ける際にゆずジャムを加えるだけで完成する。ゆずジャムは甘さもあるので、加える砂糖の量は好みで調整するとよいだろう。またゆずジャムと同じ要領で、ゆず茶でもなますを作ることができる。

ゆず胡椒を使ったなます

ゆず胡椒もゆずジャム同様、甘酢に加えて使う。ゆず胡椒を加えることで、ゆずの風味を簡単になますに加えることができる。ゆず胡椒は多すぎると辛くなってしまうので、味を見ながら加えるようにするとよいだろう。

ゆずポン酢を使ったなます

市販のゆずポン酢を使っても、ゆず風味のなますを作ることができる。作り方は酢や砂糖とともにゆずポン酢を加えるのだ。ゆずポン酢を使うことで、ほどよい酸味のなますが完成する。

3. なますのゆずの代わりに使える柑橘類

ゆずがなくても美味しいなますを作ることができる。ここでは、ゆず以外にもなますによく合う柑橘類を紹介しよう。

みかんを使ったなます

ゆずではなく、手軽に手に入るみかんもなますに使うことができる。みかんの場合もゆずと同様みかん果汁を甘酢に加え、皮の部分も千切りにして加えるのがおすすめだ。

レモンを使ったなます

レモンもなますによく合う柑橘類の一つだ。レモン果汁とレモンの皮を加えることで、フレッシュな酸味のなますを作ることができる。

グレープフルーツを使ったなます

グレープフルーツもゆずの代用としてなますに使うことができる。グレープフルーツの場合もゆずと同様果汁を使うだけではなく、皮を切り抜いてグレープフルーツの皮を器として活用することもできる。グレープフルーツをなますに加えると、フルーティーな味わいのなますに仕上がる。

なますはどんな柑橘類にも合わせやすい

なますは、どんな柑橘類にも合わせやすいのでその季節に応じた柑橘類を加えてみるのもおすすめだ。なますに柑橘類の果汁を入れることで、さわやかな風味がプラスされてよりさっぱりとした味わいが楽しめる。気になる柑橘類を加えてなますを楽しんでみよう。

結論

なますは、大根と人参の千切りを甘酢で漬けて食べるのが定番だが、ゆずの果汁を加えることで、よりさわやかな風味のなますが完成する。ゆずは果汁だけではなく、皮も千切りにして加えることで彩りをよくしてくれるだろう。また、ゆずを使った加工品を加えるだけでも、ゆずの風味をプラスすることが可能だ。ほかにも四季折々のさまざまな柑橘類を加えてさわやかな味わいのなますを作ってみてもらいたい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年7月17日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング