このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
柚子大根は茨城県の郷土料理!特徴や食習を詳しく紹介!

柚子大根は茨城県の郷土料理!特徴や食習を詳しく紹介!

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年6月25日

柚子大根は主に茨城県の北部地域で食べられている冬の郷土料理だ。酢でサッパリと味わえるため、箸休めのひと品として日常の献立に取り入れている家庭も多くある。簡単に作れるため、常備菜としても重宝する柚子大根の特徴や歴史・由来、食習の機会と時季、作り方について解説しよう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 柚子大根の特徴

まず柚子大根の特徴を紹介しよう。柚子大根とはごぼうやピーマン、れんこんといった食材の収穫量全国1位を誇る、国内屈指の農業県である茨城県の郷土料理だ。使用する食材のひとつである柚子は温暖な気候を好み、主に徳島県や高知県といった四国地方で栽培されており、関東では茨城県や埼玉県で栽培されている。8~10月くらいに出まわる柚子は緑色で、気温が下がってくるにつれ黄色の柚子が店頭に並ぶ。
柚子大根は先述した茨城県をはじめ関東の幅広いエリアで食べられていることも特徴のひとつだ。材料の大根は輪切りにしてから天日干しするが、昔は冬になるとそれぞれの家庭の軒先に大根を吊るしている風景がよく見られていた。

2. 柚子大根の主な使用食材・カロリー・栄養

次に柚子大根の主な使用食材・カロリー・栄養について紹介しよう。柚子大根のレシピは地域や各家庭により違いはあるが、主に使用する食材は大根と柚子だ。調味料は昆布・砂糖・酢・塩・水でよい。
柚子大根のみならず煮物や味噌汁、炒め物、サラダ、薬味など、幅広い食べ方のできる大根。首の部分に近いほど食物繊維とビタミンCが豊富に含まれている。選び方のポイントは皮に張りがありツヤがあるものがよい。青首大根の場合、緑色が鮮やかなものを選ぶこと。葉がついた大根の場合は葉がピンとしたもので、カット大根は切り口がみずみずしいものを選ぶこと。
柚子大根の材料のひとつである柚子には、ビタミンCやカリウムが多く含まれている。またクエン酸も多く含まれており、食欲増進や疲労回復に対する働きがある。選び方のポイントは果皮に張りとツヤがあり、手で持ち重く感じるものがよい。黄色くなった柚子の場合、果皮全体が黄色く色づいているものを選ぶこと。レシピにもよるが、柚子大根の1食分あたりのカロリーは50kcalほど。

3. 柚子大根の食習の機会や時季

次に紹介するのは、柚子大根の食習の機会や時季についてだ。柚子大根は茨城県の北部地域で、正月のおせち料理の定番の一品として食べられている。サッパリとした味わいのため、箸休めの料理として普段の献立に取り入れている家庭も多いようだ。
柚子大根をおせち料理として食べるときは、くり抜いた柚子を器にすると見栄えがよくなる。また、にんじんを加えると彩りも加わり、より美味しそうに見えるようだ。柚子大根とひと口にいっても、薄切りにした大根で柚子を巻くタイプや、なますのように大根を千切りにするタイプ、大根を角切りにして作る方法もある。ちなみに保存している間に大根の水気が出やすいため、食べるときは柚子の搾り汁や塩を追加すると美味しく味わえる。

4. 柚子大根の作り方

次に柚子大根の作り方を紹介しよう。今回は農林水産省の公式サイトに掲載されている柚子大根の作り方を解説する。用意するのは大根・柚子・昆布・砂糖・酢・塩・水だ。まず大根を厚さ2~3mmの輪切りにし、2日ほど天日干しする。柚子の皮をむいてワタを除き、2〜3mm幅の千切りにする。巻く直前に水洗いした大根と柚子を昆布巻きの方法で巻く。昆布は3mm幅くらいに切ったもので結び形を整えればOK。あとは酢・砂糖・塩・水を火にかけ、砂糖が溶けて熱いうちに巻いた柚子大根にかける。食べごろは2日後くらいからだ。
天日干しが面倒な場合の作り方も紹介しよう。まず大根を拍子切りにし、塩をまぶして10分ほどおく。次に酢と砂糖をあわせ甘酢を作る。続けて大根の塩気を水で洗い流し、水気をよく絞りボウルに入れ、甘酢と刻んだ柚子を加える。あとは半日ほど漬け込んだらOK。1週間くらいは日持ちするようだ。

5. 柚子大根の食べ方

次に柚子大根の食べ方を紹介しよう。先述したように大根と柚子を昆布巻きの方法で巻いて食べても美味しい柚子大根。大根や柚子を拍子切りにし、細かく刻んだ赤唐辛子や大根の葉をのせると見ためもよくなり、味のアクセントにもなる。
また昆布を大根に巻かずに、キッチンばさみで細かくカットして混ぜて食べても美味しい。さらにボリュームを増したいときはスモークサーモンを加えて食べる方法をおすすめしたい。

結論

茨城県の郷土料理である柚子大根の特徴をはじめ食習の機会や時季、作り方について紹介した。ちなみに大根を天日干しすると締まって小さくなるため、大きめのものを選んでおくとよい。酢につけると保存がきくので、作り置きのおかずとしてもピッタリの一品だ。
(写真出展)
農林水産省 うちの郷土料理 柚子大根
https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/k_ryouri/search_menu/menu/yuzudaikon_ibaraki.html
この記事もcheck!

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ