このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
焼売のタレは何がいい?いろいろなバリエーションを楽しもう

焼売のタレは何がいい?いろいろなバリエーションを楽しもう

投稿者:ライター 徳田藍子(とくだあいこ)

監修者:管理栄養士 小林里穂(こばやしりほ)

鉛筆アイコン 2021年7月28日

焼売のタレには普段どんな調味料を使っているだろうか?同じ焼売でも付けるタレによっていろいろなバリエーションが楽しめる。今回は、その日の気分に合わせて楽しめる焼売のタレをいくつか紹介しよう。気になるタレで焼売を楽しんでみてもらいたい。

  

1. 焼売にはどんなタレをつける?

普段焼売を食べる際には、醤油や酢醤油を付けて食べる人も多いのではないだろうか?さらにさっぱり食べたいときはポン酢をタレにするのもおすすめだ。おすすめの焼売に付けるタレを見てみよう。

からし醤油

焼売のタレとして酢醤油にからしを加えるのもいいだろう。さらに、ごま油を数滴加えることで、ごま油香る焼売のタレが完成する。

酢醤油にラー油

辛めのタレで焼売を食べたいのなら、酢醤油にラー油を加えるのがおすすめだ。ラー油の量によって辛さを調整できるのも魅力。酢醤油ラー油のタレを付けた焼売は、酒との相性もいいだろう。

ウスターソース

焼売のタレとしてウスターソースを使う人もいる。ウスターソースは、肉まんの定番のタレとしても人気だが、同じく焼売との相性もいい。

マヨネーズ醤油

焼売をしっかり味で食べたい人は、マヨネーズ醤油をタレとして使うのもいいだろう。子どもにも人気のタレで、たっぷり付けて口に入れれば、濃厚で食欲をそそる味わいが楽しめる。ほかにもマヨネーズをベースに七味唐辛子を加えて、ピリッと大人味のタレを作ってみるのもおすすめだ。

ワインビネガーに粉末こしょう

いつもの焼売をオシャレに食べるのなら、ワインビネガーに粉末こしょうを加えたタレもおすすめだ。通常使う酢をワインビネガーにするだけで、オシャレな一品に変身する。

2. ポン酢ベースでさっぱり美味しい!焼売のタレ

焼売をさっぱり食べたいときにおすすめのタレであるポン酢。ほかの調味料を加えることで、いろいろなバリエーションが楽しめる。おすすめのポン酢ベースの焼売のタレを見てみよう。

ポン酢に柚子胡椒

ポン酢に柚子胡椒を加えるだけで、柚子香るピリ辛タレが楽しめる。ほどよい辛味が食欲をそそり、ついつい箸がすすんでしまう焼売のタレになるのだ。

ポン酢に砂糖とラー油

甘いのか辛いのかがよくわからなくなりそうなイメージがあるが、実は美味しいタレの組み合わせが、ポン酢に砂糖とラー油を加えることだ。甘酢っぱさの中にラー油の辛味が加わり、本格的な中華のタレのような味わいが楽しめる。

ポン酢に大根おろし

ポン酢に大根おろしを加えれば、豪華であっさりとした焼売のタレが完成する。皿に焼売を盛り付けて、上から大根おろしと小口ねぎをのせ、ポン酢をかければ見た目も華やかな一品になるだろう。

ポン酢マヨネーズ

ポン酢マヨネーズも焼売のタレとしておすすめだ。マヨネーズだけでは濃厚になりすぎてしまうが、ポン酢を加えることで、あっさりと食べやすいタレになる。

3. にんにくが決め手!手作り焼売のタレ

焼売のタレににんにくを加えることで、食欲をそそる味わいが楽しめる。にんにくが入ることで、食欲をそそるので、いろいろな組み合わせににんにくをプラスしてみよう。

酢醤油ににんにく

焼売のタレとして定番の酢醤油に、すりおろしたにんにくを加えるのもおすすめだ。さらにごま油を加えて風味をアップさせるといいだろう。材料をペットボトルに入れて、たくさん作って、いろいろな料理に活用することもできる。

薬味たっぷり中華ダレ

さまざまな料理に活用できる中華ダレとしておすすめなのが、長ねぎや生姜、にんにくに酢醤油や砂糖、ラー油、ごま油を合わせたタレだ。もちろん焼売との相性もよく、薬味をたっぷり楽しめる。

結論

焼売はいろいろなタレのバリエーションが楽しめる。同じ焼売でも付けるタレによって、いろいろな味わいが楽しめるのも魅力だ。自宅にある調味料を組み合わせて、オリジナルの焼売のタレを作ってみるのもいいだろう。また、焼売と一緒に味わう料理の種類に合わせてタレを変えてみるのもおすすめだ。いろいろな焼売のタレを試して自分好みの味を見つけてみてもらいたい。
この記事もCheck!
  • 更新日:

    2021年7月28日

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

ランキングランキング