このサイトは、画面を 
縦にしてご覧ください。
小籠包のたれはどうやってる来る?たれの黄金比と味わいアップのコツ

小籠包のたれはどうやってる来る?たれの黄金比と味わいアップのコツ

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部

監修者:管理栄養士 児玉智絢(こだまちひろ)

2020年12月18日

中華料理店で見かける小籠包。中からじゅわっと汁が溢れてくる、ジューシーな小籠包が好物であるという人も多いだろう。せっかく食べるのなら、小籠包の美味しい食べ方やおすすめのたれなども知っておきたいところ。そこでここでは、小籠包のたれの作り方や食べ方などを紹介していこう。

この記事をシェアする      
  • Facebook
  • Twitter
  • Hatebu
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Hatebu

1. 小籠包の美味しい食べ方!たれは何が合う?

小籠包の食べ方に困っている人も多いはずだ。そうなると、当然小籠包そのものを食べること自体に夢中になってしまい、ほかのことに目を向けにくい。そこで知りたいのが、いかに小籠包を美味しく食べるかということである。まずは小籠包の食べ方を解説し、たれのバリエーションについても調べていこう。

小籠包の美味しい食べ方

小籠包を食べる際のポイントは、中に入っているアツアツの汁である。その旨みたっぷりのスープを逃さないように食べたい。まず小籠包を好みのたれにつけたら、用意されているれんげにのせ、皮を破ってスープを出す。先にスープを味わってから、小籠包を口の中に入れよう。蒸したての小籠包は中までアツアツになっているので、火傷には十分気を付けたい。

小籠包のたれのバリエーション

小籠包のたれで王道なのが黒酢たれである。少し酸味のある黒酢たれは、しっかり味付けをしてある小籠包の中身との相性がよい。黒酢が苦手な人は醤油やポン酢もよいだろう。子どもでも食べやすい味となるので、試してみたい。また二つを混合したたれを楽しんだり、砂糖、わさびなどを混ぜるという人もいる。ピリ辛好きの人にはスイートチリソースや、個性を追求したい人はピーナッツバターなどもおすすめだ。オリジナルの小籠包のたれを探してみよう。

2. 小籠包のたれの黄金比率!黒酢と醤油の割合はどのくらい?

小籠包のたれは好みで選んでよいが、まずは定番を試したいという人は黄金比率と呼ばれているたれを作ってみてはいかがだろうか。小籠包は黒酢だけで食べる人もいるし、醤油だけでも美味しい。しかし2種類を合わせることで、より小籠包が味わい深くなるのだ。
小籠包のたれは簡単に手作りすることができる。まずは黒酢と醤油を用意しよう。おすすめの比率は黒酢が3に対し、醤油が1だ。この3:1が小籠包のたれの黄金比率といわれている。黒酢の酸味と醤油のコクが組み合わさり、美味しさをアップさせてくれるのだ。

少し冒険したい人には「小籠包無限やみつきたれ」

黒酢と醤油はクセがないので食べやすい。しかし、もう少しアレンジを楽しみたいという人向けのレシピもあるので紹介しよう。
ごま油に水、刻んだネギとレモン汁、塩、砂糖、白いりごまなどを合わせるだけでできるこのたれは、小籠包を何個でも食べられるほどの味でやみつきになるだろう。

3. 小籠包はたれ以外に千切り生姜も合わせると美味しいって本当?

小籠包を食べるときに忘れてはいけない付け合わせが生姜だ。生の生姜を千切りにし、一緒に食べるとさっぱりして美味しい。日本の中華料理店などで食べる際には、たれと一緒に生姜がついてくるパターンも多い。しかし海外だと生姜やたれは自分で取りに行かないといけないこともあるので、注意しよう。小籠包が来る前に準備をしておくと、すぐにできたての小籠包にありつけるだろう。
たれの中に事前に生姜を入れて食べてもよいし、小籠包自体に千切り生姜をのせて、たれにつけるのもよい。好みで食べ方を工夫してみるのはいかがだろうか。コツとしてはできるだけ生姜を細切りにすること。生姜が苦手な人は量を調節して食べてほしい。子どもが食べるときは別皿で用意をして、食べたい分だけを取るのが好ましい。

結論

ここでは小籠包の美味しい食べ方や、たれの黄金比率やバリエーションを紹介してきた。小籠包は中に熱いスープが入っているのが魅力だが、舌を火傷しやすいので注意が必要だ。ゆっくりと何口かに分けて食べるようにしよう。また生姜を一緒に合わせ、さっぱりとした口当たりを楽しんでほしい。
この記事もcheck!
  

おすすめ記事おすすめ記事

    ページトップへ ページトップへ